研究者詳細情報
氏 名 安倍 邦子 ふりがな あべ くにこ
英文名 ABE Kuniko 生年月
所 属 病院 病理診断科・病理部
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 博士(医学)(1987年03月)
医師(1983年05月)
病理専門医研修指導医(2006年04月)
日本病理学会認定病理医(1988年08月)
細胞診指導医認定 (2001年12月)
死体解剖資格医(1988年04月)
臨床研修指導医(2012年08月)
E-mail
Homepage
学歴 1987年03月 長崎大学医学研究科病理学博士課程修了
職歴 1993年04月~1997年03月 長崎大学 医学部 助手
2008年04月~2014年05月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 講師
2014年06月~継続中 長崎大学 病院 病理診断科・病理部 准教授
専門分野 人体病理学
加入学会 日本乳癌学会、日本臨床細胞学会、日本内分泌学会、日本癌学会、日本病理学会(評議員)
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Oikawa M, Yano H, Matsumoto M, Otsubo R, Shibata K, Hayashi T, Abe K,Kinoshita N, Yoshiura KI, Nagayasu T.:A novel diagnostic method targeting genomic instability in intracystic tumors of the breast. (共著)¸Breast Cancer.¸22巻5号529頁-535頁¸2015年09月
2 Yamanouchi K, Minami S, Kuba S, Kawakami F, Sakimura C, Kinoshita N, Abe K, Hayashi T, Kuroki T, Eguchi S: Is it practical to determine the therapeutic strategy for breast cancer by evaluating pathological findings in core needle biopsy specimens?(共著)¸Acta Medica Nagasakiensia ¸59巻2号41頁-45頁¸2015年02月
3 Otsubo R, Oikawa M, Hirakawa H, Shibata K, Abe K, Hayashi T,Kinoshita N,Shigematsu K, Hatachi T, Yano H, Matsumoto M, Takagi K, Tsuchiya T, Tomoshige K, Nakashima M, Taniguchi H, Omagari T, Itoyanagi N, Nagayasu T:Novel diagnostic procedure for determining metastasis to sentinel lymph nodes in breast cancer using a semi-dry dot-blot method. (共著)¸Int J Cancer¸134巻4号905頁-912頁¸2014年02月
4 Funakoshi Y, Okada M, Kawata S, Ito N, Abe K, Moriuchi H. :The Significant Effects of Pazopanib on Multiple Pulmonary Metastatic Lesions of Alveolar Soft Part Sarcoma: A Case Report.(共著)¸Journal of Pediatric Hematology/Oncology¸39巻3号238頁-239頁¸2017年04月
5 Miura M, Kawano H, Yoshida T, Yamagata Y, Nakata T, Koga S, Ikeda S, Kageyama K, Abe K, Maemura K. :Histological Features of a Myocardial Biopsy Specimen in a Patient in the Acute Phase of Reversible Catecholamine-induced Cardiomyopathy due to Pheochromocytoma. (共著)¸Internal medicine¸56巻6号665頁-671頁¸2017年03月
6 Kakoki K, Miyata Y, Mochizuki Y, Iwata T, Obatake M, Abe K, Nagayasu T, Sakai H.:Long-term Treatment With Sequential Molecular Targeted Therapy for Xp11.2 Translocation Renal Cell Carcinoma: A Case Report and Review of the Literature. (共著)¸ Clinical Genitourinary Cancer.¸¸2016年12月
7 田中 彩, 大坪竜太, 松本 恵, 矢野 洋, 安倍邦子, 新野大介, 永安 武:両側乳房のMALT lymphomaが疑われ、経過観察中の1例.(共著)¸乳癌の臨床 ¸31巻5号439頁-444頁¸2016年10月
8 舩越康智, 谷岡真司, 岡田雅彦, 大畠雅之, 田口 潤, 安倍邦子, 林 徳真吉, 森内浩幸:ィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対するイマチニブ併用寛解導入療法中に発症した肺ムコール症の1例(共著)¸日本小児血液・がん学会雑誌¸53巻2号129頁-134頁¸2016年07月
9 舩越康智, 岡田雅彦, 森山 薫, 谷岡真司, 石橋麻奈美, 楊井章紀, 山根裕介, 大畠雅之, 安倍邦子, 林 徳真吉, 森内浩幸:重篤なKasabach-Merritt現象を合併したKaposiform hemangioendotheliomaに対しインターフェロンαが有効であった乳児例. (共著)¸日本小児血液・がん学会雑誌¸53巻2号147頁-151頁¸2016年07月
10 Kawano H, Kawamura K, Ishijima M, Hayashi T, Abe K, Kawai K, Maemura K. :Myocardial fragmentation associated with disruption of the Z-band in hypertrophic cardiomyopathy in Noonan syndrome. (共著)¸CARDIOVASCULAR PATHOLOGY¸25巻4号329頁-332頁¸2016年05月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL)におけるPD-1の発現(The expression of Programmed death-1(PD-1) in Adult T-cell leukemia/lymphoma(ATLL).(シンポジスト) 第105回日本病理学会総会 2016年05月
2 日本における泌尿器疾患の診察のためのデジタルイメージングシステム 淡路医療センターでの経験(A digital imaging system for urologic disease consultation in Japan: Awaii Medical Center experience) 第105回日本病理学会総会 2016年05月
3 生検試料の病理学的診断のための全スライド画像の検証(Validation of Whole slide imaging for pathological diagnosis in biopsy specimen). 第105回日本病理学会総会 2016年05月
4 中枢神経原発リンパ腫におけるPD-1発現の検討(Programmed cell death-1(PD-1) expression in primary central nervous system lymphoma(PCNSL).(ポスター) 第105回日本病理学会総会 2016年05月
5 FDG-PET/CTでセンチネルリンパ節への転移を予測できるか. 第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
6 当院における両側同時性乳癌の放射線学的検討.  第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
7 リンパ節捺印標本を用いた菊池病(組織球性壊死性リンパ節炎)の細胞学的検討. (ポスター) 第56回日本臨床細胞学会総会(春季大会) 2015年06月
8 初回治療13年後に再発し、分子標的治療薬を含む集学的治療が奏効したXp11.2転座TFE3/ASPL遺伝子癒合腎細胞癌の1症例 第103回日本泌尿器科学会総会 2015年04月
9 当院における乳腺原発の化生癌2例 日本臨床細胞学会 2014年11月
10 骨外性通常型軟骨肉腫の1例. 西日本整形・災害外科学会 2014年06月
教育情報
2009年度~継続中 総合病理学 (5年前期(9セメスター))
2009年度~継続中 病理学各論 (3年通年(5、6セメスター)¸週2コマ)
2007年度~継続中 歯学部 病理学「消化管病理」 (3年通年(5、6セメスター))
2007年度~2012年度 医学部 皮膚系 「総論2:皮膚病理組織学」 (4年後期(8セメスター))
2006年度~継続中 医学部 高次臨床実習 「診断病理学」 (6年前期(11セメスター))
2004年度~継続中 医学部 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター))
2002年度~継続中 医学部 総合病理学実習 病理部 (5年通年(9、10セメスター))
その他(自己PR)