研究者詳細情報
氏 名 安倍 邦子 ふりがな あべ くにこ
英文名 ABE Kuniko 生年月
所 属 病院 病理部
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 博士(医学)(1987年03月)
医師(1983年05月)
病理専門医研修指導医(2006年04月)
日本病理学会認定病理医(1988年08月)
細胞診指導医認定 (2001年12月)
死体解剖資格医(1988年04月)
E-mail
Homepage
学歴 1987年03月 長崎大学医学研究科病理学博士課程修了
職歴 1993年04月~1997年03月 長崎大学 医学部 助手
2008年04月~2014年05月 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 講師
2014年06月~継続中 長崎大学 病院 病理部 准教授
専門分野 人体病理学
加入学会 日本乳癌学会、日本臨床細胞学会、日本内分泌学会、日本癌学会、日本病理学会(評議員)
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yamanouchi K, Minami S, Kuba S, Kawakami F, Sakimura C, Kinoshita N, Abe K, Hayashi T, Kuroki T, Eguchi S: Is it practical to determine the therapeutic strategy for breast cancer by evaluating pathological findings in core needle biopsy specimens?(共著)¸Acta Medica Nagasakiensia ¸59巻2号41頁-45頁¸2015年02月
2 Otsubo R, Oikawa M, Hirakawa H, Shibata K, Abe K, Hayashi T,Kinoshita N,Shigematsu K, Hatachi T, Yano H, Matsumoto M, Takagi K, Tsuchiya T, Tomoshige K, Nakashima M, Taniguchi H, Omagari T, Itoyanagi N, Nagayasu T:Novel diagnostic procedure for determining metastasis to sentinel lymph nodes in breast cancer using a semi-dry dot-blot method. (共著)¸Int J Cancer¸134巻4号905頁-912頁¸2014年02月
3 Oikawa M, Yano H, Matsumoto M, Otsubo R, Shibata K, Hayashi T, Abe K,Kinoshita N, Yoshiura KI, Nagayasu T.:A novel diagnostic method targeting genomic instability in intracystic tumors of the breast. (共著)¸Breast Cancer.¸Epub巻¸2014年01月
4 Watanabe H, Yamasaki N, Miyazaki T, Matsumoto K, Tsuchiya T, Hashizume K, Abe K, Nagayasu T:Successful treatment of mycotic thoracic aortic aneurysm in collaboration with cardiovascular and general thoracic surgeons.(共著)¸Acta Medica Nagasakiensia 59:33-36, 2014¸59巻1号33頁-36頁¸2014年09月
5 井上啓爾,北島正親,原村智子,渡海大隆,伊藤信一郎,野田和雅,南 恵樹,原口正史,鬼塚伸也,入江準二,安倍邦子,江口 普:多発性限局性スリガラス影を呈した肺胞蛋白症の1例.(共著)¸長崎医学会雑誌¸89巻2号165頁-169頁¸2014年09月
6 森 真琴, 佐藤典子, 烏山道子, 谷口盛人, 平山三国, 里 翼, 布村さゆり, 安倍邦子, 穴見 正信, 矢野 洋:乳腺Adenomyoepitheliomaの細胞像. (共著)¸日本臨床細胞学会九州連合会雑誌 ¸45巻651号65頁-69頁¸2014年09月
7 Shimamoto A, Isomoto I, Segawa K, Matsumoto A, Abe K, Uetani, M:The MRI findings in a case of ovarian mucinous borderline tumor mimicking a serous surface borderline tumor.(共著)¸Japanese journal of radiology 32: 552-5, 2014¸32巻552頁-555頁¸2014年05月
8 Maruya Y, Kuroki T, Adachi T, Okamoto T, Abe K, Kanematsu T, Eguchi S:Heterochronous adrenal metastasis from intrahepatic cholangiocarcinoma: Report of a case. (共著)¸Acta Medica Nagasakiensia¸58巻4号131頁-134頁¸2014年05月
9 Tomita H, Koike Y, Asai M, Ogawa F, Abe K, Tanioka M, Utani A. :Angiosarcoma of the scalp successfully treated with pazopanib.(共著)¸J Am Acad Dermatol¸70巻1号19頁-21頁¸2014年01月
10 竹内 潤, 富田雅人, 宮田倫明, 安倍邦子, 尾崎誠:左前腕に発生した稀な血管芽腫の一例(共著)¸整形外科と災害外科¸63巻1号141頁-144頁¸2014年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 当院における乳腺原発の化生癌2例 日本臨床細胞学会 2014年11月
2 骨外性通常型軟骨肉腫の1例. 西日本整形・災害外科学会 2014年06月
3 当科で経験した乳腺原発性化生癌4例について 日本病理学会 2014年04月
4 急性心筋梗塞が疑われた甲状腺乳頭癌の心臓浸潤の一例. 日本内分泌学会 2014年04月
5 乳房温存療法における術中迅速組織診断の有用性の検討.(招待講演) 日本外科学会 2014年04月
6 肺門部に発生した脂肪肉腫の1切除例. 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会・第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会 2014年02月
7 胆嚢病変の免疫染色および胆汁細胞診の検討. 第53回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2012年06月
8 乳癌“トリプルネガティブ”について. 第26回長崎乳腺研究会 2012年03月
9 胸腺原発カルチノイド腫瘍切除例の検討. 第31回日本胸腺研究会 2012年02月
10 サルコイドーシスに合併した原発性肺癌切除術の検討. 第52回日本肺癌学会総会 2011年11月
教育情報
2009年度~継続中 総合病理学 (5年前期(9セメスター))
2009年度~継続中 病理学各論 (3年通年(5、6セメスター)¸週2コマ)
2007年度~継続中 歯学部 病理学「消化管病理」 (3年通年(5、6セメスター))
2007年度~2012年度 医学部 皮膚系 「総論2:皮膚病理組織学」 (4年後期(8セメスター))
2006年度~継続中 医学部 高次臨床実習 「診断病理学」 (6年前期(11セメスター))
2004年度~継続中 医学部 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター))
2002年度~継続中 医学部 総合病理学実習 病理部 (5年通年(9、10セメスター))
その他(自己PR)