研究者詳細情報
氏 名 鮎瀬 卓郎 ふりがな あゆせ たかお
英文名 AYUSE Takao 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(歯学)(1988年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1984年00月 北海道大学歯学部歯学その他
1988年00月 東京医科歯科大学歯学研究科歯科麻酔学博士課程その他
職歴
専門分野 外科系歯学(歯科麻酔学)
加入学会 日本歯科麻酔学会、日本麻酔学会、日本障害者歯科学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
麻酔薬の臓器血流に及ぼす影響
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 心血管系、中枢神経系におけるNitic Oxide(NO)の生体防御反応¸日本歯科麻酔学会雑誌¸29(1), 1-11巻¸2001年00月
2 Peripheral control of venous return in critical illness : Pole of the splanchnic vascular compartment.¸Cardiopulmonary Critical Care, edited by D. R. Dartzker Scharf, S. M. Philadelplia, W. B. Saunders p350-360¸1998年00月
3 Alteration in liver hemodynamics and pressure-flow relationships inan intact porcine model of endotoxin shock. (jointly worked)¸American Journal of Physiology¸268/,H1106-H1114巻¸1995年00月
4 The role of nitric oxide in the porcine liver circulation under normal and endotoxemic conditions. (jointly worked)¸Journal of Applied Physiology¸78/(4),1319-1329巻¸1995年00月
5 Effect of endotoxin on the isolated porcine liver pressure-flow analysis.¸Journal of Applied Physiology¸78/(3),784-792巻¸1995年00月
6 小谷純一郎、鮎瀬卓郎 他:高齢者歯科医療(共著)¸永末書店¸2017年04月
7 Okayasu I, Komiyama O, Ayuse T, De Laat A.:Effect of topical lidocaine in the oral and facial regions on tactile sensory and pain thresholds.(共著)¸Arch Oral Biol¸72巻51頁-55頁¸2016年08月
8 Okayasu I, Komiyama O, Ayuse T, De Laat A:Tactile sensory and pain thresholds in the face and tongue of subjects asymptomatic for oro-facial pain and headache.(共著)¸J Oral Rehabil¸¸2015年04月
9 Ishizaka S, Moromugi S, Kobayashi M, Kajihara H, Koga K, Sugahara H, Ishimatsu T, Kurata S, Kirkness JP, Oi K, Ayuse T:A remote-controlled airbag device can improve upper airway collapsibility by producing head elevation with jaw closure in normal subjects under propofol anesthesia(共著)¸IEEE Journal of Translational Engeneering in Health and Medicine¸¸2015年04月
10 Sanuki T, Watanabe T, Ozaki Y, Kiriishi K, Mishima G, Kawai M, Okayasu I, Kurata S, Ayuse T:Upside down” mask ventilation technique for a patient with a long and narrow mandible.¸Anesth Prog¸¸2015年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Surface Tension of Upper Airway Mucosal Lining Liquid in Down Syndrome Patients.(ポスター) The 6th Congress of Asian Sleep Research Society, Osaka, Japan, 2009 2009年10月
2 Assessment of treatment apparatus employing air-bag actuation for sleep apnea syndrome. (ポスター) The 6th Congress of Asian Sleep Research Society, Osaka, Japan, 2009 2009年10月
3 睡眠学教育の発展に向けて「歯学領域における睡眠教育の現状と未来」(シンポジスト) 日本睡眠学会第34回定期学術集会,大阪 2009年10月
4 Influence of Head Elevation on Upper Airway Collapsibility during Propofol Anesthesia.(ポスター) The 2009 American Society of Anesthesiologists Annual Meeting 2009年10月
5 術中の頻脈を契機に甲状腺機能亢進症が明らかになった一症例(招待講演) 第37回日本歯科麻酔学会総会 2009年10月
6 歯性蜂窩織炎による著明な頸部腫脹患者に対し,気管切開を避けファイバー挿管・ICU管理を行った症例(招待講演) 第37回日本歯科麻酔学会総会 2009年10月
7 過換気発作消失後に呼吸停止が認められた症例(ポスター) 第37回日本歯科麻酔学会総会 2009年10月
教育情報
2017年度 歯科麻酔学 (3年後期、4年前期(6、7セメスター))
その他(自己PR)