研究者詳細情報
氏 名 ふりがな
英文名 生年月
所 属
TEL FAX
職 名 学位・資格 博士(医学)(2002年07月)
医師(1994年05月)
E-mail
Homepage
学歴 1994年03月 長崎大学医学部卒業
職歴 2007年06月~継続中 長崎大学 医学部 助教
専門分野 消化器内科学
加入学会 日本膵臓学会、日本胆道学会、日本胃癌学会、日本消化管学会(代議員)、日本ヘリコバクター学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器病学会(評議員)、日本消化器内視鏡学会(評議員)、日本内科学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
消化器内科学
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Ohnita K, Isomoto H, Shikuwa S, Yajima H, Minami H, Matsushima K, Akazawa Y, Yamaguchi N, Fukuda E, Nishiyama H, Takeshima F, Nakao K.:Early and long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in a large patient series.(共著)¸Experimental and Therapeutic Medicine¸7巻3号594頁-598頁¸2014年03月
2 Ohnita K, Isomoto H, Shikuwa S, Yamaguchi N, Nakayama T, Nishiyama H, Okamoto K, Fukuda E, Takeshima F, Hayashi T, Kohno S, Nakao K.:Magnifying chromoendoscopic findings of early gastric cancer and gastric adenoma. (共著)¸Digestive Diseases and Sciences¸56巻9号2715頁-2722頁¸2011年09月
3 Ohnita K, Isomoto H, Yamaguchi N, Fukuda E, Nakamura T, Nishiyama H, Mizuta Y, Akiyama M, Nakao K, Kohno S, Shikuwa S.:Factors related to the curability of early gastric cancer with endoscopic submucosal dissection.(共著)¸Surgical Endoscopy¸23巻12号2713頁-2719頁¸2009年12月
4 Ohnita K, Shikuwa S, Isomoto H, Yamaguchi N, Okamoto K, Nishiyama H, Fukuda E, Nakamura T, Mizuta Y, Kohno S.:A new thin endoscopic method of transanal drainage tube insertion for acute colonic obstruction due to colorectal cancer. (共著)¸Digestive Endoscopy¸21巻4号252頁-254頁¸2009年10月
5 Ohnita K, Isomoto H, Mizuta Y, Akazawa S, Akazawa Y, Ohba K, Yoshimura M, Shikuwa S, Omagari K, Fujita F, Abe K, Kohno S.:Meckel's diverticulum diagnosed by double-balloon enteroscopy. (共著)¸Endoscopy¸39巻1号146頁-147頁¸2007年02月
6 Ohnita K, Isomoto H, Honda S, Wada A, Wen CY, Nishi Y, Mizuta Y, Hirayama T, Kohno S.:Helicobacter pylori strain-specific modulation of gastric inflammation in Mongolian gerbils.(共著)¸World Journal of Gastroenterology¸11巻10号1549頁-1553頁¸2005年03月
7 Ohnita K, Isomoto H, Maeda T, Jubashi T, Nakamura H, Misuta Y, Murase K, Tomonaga M, Kohno S.:Two cases of adult T-cell leukemia/lymphoma involving the terminal ileum. (共著)¸Leukemia and Lymphoma¸44巻6号973頁-976頁¸2003年06月
8 Ohnita K, Isomoto H, Mizuta Y, Maeda T, Haraguchi M, Miyazaki M, Murase K, Murata I, Tomonaga M, Kohno S.:Helicobacter pylori infection in patients with gastric involvement by adult T-cell leukemia/lymphoma.(共著)¸Cancer¸94巻5号1507頁-1516頁¸2002年03月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Pathological Assessment of Early Gastric Cancer Treated by Endoscopic Submucosal Dissection; Including Histologically Mixed Type.(ポスター) DDW2013 2013年05月
2 Diagnosis and Endoscopic Submucosal Dissection for Early Colorectal Cancers(招待講演) 2012 Southern Digestive Disease Forum 8th National Academic Congress on International Diease 2012年06月
3 Outcomes and Long Term Prognosis of Endoscopic Submucosal Dissection for Early Gastric Cancer.(ポスター) DDW2012 2012年05月
4 当院におけるcolitic cancerの臨床的検討(ポスター) 第55回日本消化器病学会大会 2013年10月
5 術後腸管に対するダブルバルーン内視鏡を用いたERCP症例の検討 第49回日本胆道学会学術集会 2013年09月
6 ESDを施行した早期胃癌の病理学的検討-組織混在癌を含めて-(ポスター) 第27回日本消化器内視鏡学会総会 2013年05月
7 ESDを施行し脈管侵襲陽性であった胃粘膜内癌の検討 日本消化管学会総会学術集会 2013年01月
8 消化管リンパ腫のNBI 拡大内視鏡観察とその臨床的意義.(シンポジスト) 第100回日本消化器病学会九州支部例会 第94回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2012年11月
9 当院における診断的・治療的インターベンショナルEUSの治療成績.(シンポジスト) 第100回日本消化器病学会九州支部例会 第94回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2012年11月
10 早期胃癌に対するESDの長期成績の検討.(シンポジスト) 第54回日本消化器病学会大会 2012年10月
教育情報
2015年度~継続中 内視鏡診断学 (4年後期(8セメスター))
2012年度~2014年度 内科診断学各論実習 (4年後期(8セメスター))
2012年度~継続中 消化器系各論 (4年前期(7セメスター))
2011年度 診断学各論実習 (4年後期(8セメスター))
2011年度~2014年度 消化器系各論 (4年前期(7セメスター))
2010年度 内科診断学 (4年後期(8セメスター)¸週2コマ)
2010年度 消化器系各論 (4年前期(7セメスター)¸週4コマ)
その他(自己PR)