研究者詳細情報
氏 名 菅野 弘之 ふりがな かんの ひろゆき
英文名 KANNO Hiroyuki 生年月
所 属 教育学部 芸術表現
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 修士(教育学)(1992年03月)
E-mail
Homepage
学歴
職歴 2012年04月~継続中 長崎大学 教育学部 教授
専門分野 教科教育学(工芸(陶芸))
加入学会 基礎造形学会、公益財団法人 陶芸文化振興財団
受賞歴 第3回紙大賞展 アイディア賞受賞(1987年07月)
第1回 すりばち大賞公募展  グランプリ(大賞)  受賞(2000年09月)
The 2000 Mokpo International Ceramic Art Competition   Encouraging Prize(2000年09月)
第5回益子陶芸展 審査員特別賞(2004年10月)
第37回 陶芸美術館展覧会 抹茶碗コンテスト 奨励賞 (2015年11月)
第40回陶芸美術館展覧会 花の器コンテスト 優秀賞 (2017年02月)
第22回全国公募 陶芸財団展 審査員長賞 (2018年07月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 陶芸・陶芸教育について
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
陶の生理と造形
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 菅野弘之:第40回陶芸美術館展覧会 花の器コンテスト 優秀賞 「備前筒花H28」 ¸単独¸陶芸会館¸2017年01月
2 菅野弘之:第37回陶芸美術館展覧会 抹茶碗コンテスト 奨励賞  「備前皺寄手」¸単独¸第37回陶芸美術館展覧会抹茶碗コンテスト ¸2015年10月
3 菅野弘之:第5回益子陶芸展 審査員特別賞 「砂糖入れー英国での甘い風景ー」¸単独¸第5回益子陶芸展¸2004年10月
4 菅野弘之:英国 KENT  INSTITUTE  ART&DESIGN  GALLERY  「HIROYUKI  KANNO EXHIBITION」¸単独¸英国 KENT  INSTITUTE  ART&DESIGN  GALLERY¸2003年07月
5 菅野弘之:英国 BRAMAH TEA&COFFEE  MUSEUM           「HIROYUKI  KANNO EXHIBITION」¸単独¸2003年06月
6 菅野弘之:Mokpo International Ceramics Competition (韓国) Encouraging Prize    「日月記」¸単独¸韓国 Mokpo International Ceramics Competition  会場:木浦市文化芸術会館 主催:韓国 全羅南道木浦市¸2000年09月
7 菅野弘之:第1回すり鉢大賞展 大賞受賞  「薬研型擂り鉢」¸単独¸第1回すり鉢大賞展  Webでの作品展覧会  主催:㈱和田萬¸2000年09月
8 菅野弘之:「韓ー日教授交流招待展」 招待出品 「土船」・「たましずめ」¸単独¸「韓ー日教授交流招待展」 会場:韓国 昌原大学 芸術学部展示館 ¸1999年09月
9 菅野弘之:第50回記念走泥社展     「残存固有」¸単独¸「第50回記念走泥社展」  会場:京都市美術館 主催:走泥社¸1998年09月
10 菅野弘之:第3回紙大賞展 アイデア賞 「油流和紙低長椅子ー和紙の油影」¸単独¸第3回紙大賞展  主催 川之江市¸1987年07月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 ドラム缶を使った窯について(その他) 第36回大学美術教育学研究発表大会 上越大会 1997年09月
教育情報
2016年度 ゼミナールⅡ (3年後期(6セメスター))
2016年度 工芸b (その他)
2016年度 工芸表現 (その他)
2016年度 工芸基礎 (2年前期(3セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2016年度 卒論ゼミナール (4年通年(7、8セメスター))
2016年度 ゼミナールⅠ (3年前期(5セメスター)¸担当割合100.00%)
2015年度 ゼミナールⅡ (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2015年度 工芸a (  ¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2015年度 卒業論文 (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2015年度 ゼミナールⅠ (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR) 陶芸制作・ 陶芸教育・直火による教育の研究をしています