研究者詳細情報
氏 名 ふりがな
英文名 生年月
所 属
TEL FAX
職 名 学位・資格 博士(医)(1999年08月)
E-mail
Homepage
学歴
職歴 2009年12月~継続中 長崎大学 病院 光学医療診療部 准教授
専門分野 内科学一般(含心身医学)、消化器内科学
加入学会 日本へリコバクター学会、日本癌学会、日本レーザー医学会、日本免疫学会、日本消化器免疫学会、日本消化器癌発生学会、日本消化管学会、日本大腸肛門病学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Minami H, Isomoto H, Nakayama T, Hayashi T, Yamaguchi N, Matsushima K, Akazawa Y, Ohnita K, Takeshima F, Inoue H, Nakao K.:Background coloration of squamous epithelium in esophago-pharyngeal squamous cell carcinoma: what causes the color change?(共著)¸PLos One¸28巻9号e85553頁-¸2014年01月
2 Minami H, Isomoto H, Inoue H, Akazawa Y, Yamaguchi N, Ohnita K, Takeshima F, Hayashi T, Nakayama T, Nakao K.:Significance of background coloration in endoscopic detection of early esophageal squamous cell carcinoma.(共著)¸Digestion¸89巻1号6頁-11頁¸2014年01月
3 Isomoto H, Matsushima K, Hayashi T, Imaizumi Y, Shiota J, Ishii H, Minami H, Ohnita K, Takeshima F, Shikuwa S, Miyazaki Y, Nakao K.:Endocytoscopic findings of lymphomas of the stomach.(共著)¸BMC Gastroenterol.¸13巻1号174頁-¸2013年12月
4 Isomoto H, Uehara R, Hayashi T, Shiota J, Matsushima K, Chen CC, Takeshima F, Nakayama T, Nakao K.:Magnifying Endoscopic Findings Can Predict Clinical Outcome during Long-Term Follow-Up of More Than 12 Months in Patients with Ulcerative Colitis.(共著)¸Gastroenterol Res Pract¸2013巻2013号¸2013年10月
5 Uehara R, Isomoto H, Minami H, Yamaguchi N, Ohnita K, Ichikawa T, Takeshima F, Shikuwa S, Nakao K.:Characteristics of gastrointestinal symptoms and function following endoscopic submucosal dissection and treatment of the gastrointestinal symptoms using rikkunshito.(共著)¸Exp Ther Med¸6巻5号1083頁-1088頁¸2013年09月
6 Yajima H, Isomoto H, Nishioka H, Yamaguchi N, Ohnita K, Ichikawa T, Takeshima F, Shikuwa S, Ito M, Nakao K, Tsukamoto K, Kohno S.:Novel serine/threonine kinase 11 gene mutations in Peutz-Jeghers syndrome patients and endoscopic management.(共著)¸World J Gastrointest Endosc¸16巻5号102頁-110頁¸2013年05月
7 Minami H, Yamaguchi N, Matsushima K, Akazawa Y, Ohnita K, Takeshima F, Nakayama T, Hayashi T, Inoue H, Nakao K, Isomoto H.:Improvement of endocytoscopic findings after per oral endoscopic myotomy (POEM) in esophageal achalasia; does POEM reduce the risk of developing esophageal carcinoma? Per oral endoscopic myotomy, endocytoscopy and carcinogenesis.(共著)¸BMC Gastroenterol¸13巻22号¸2013年01月
8 Isomoto H, Yamaguchi N, Minami H, Nakao K.:Management of complications associated with endoscopic submucosal dissection/ endoscopic mucosal resection for esophageal cancer.(共著)¸Dig Endosc¸25巻supple号29頁-38頁¸2013年01月
9 Akahoshi H, Taura N, Ichikawa T, Miyaaki H, Akiyama M, Miuma S, Ozawa E, Takeshita S, Muraoka T, Matsuzaki T, Ohtani M, Isomoto H, Matsumoto T, Takeshima F, Nakao K.:Differences in prognostic factors according to viral status in patients with hepatocellular carcinoma.(共著)¸Oncol Rep¸23巻5号1317頁-1323頁¸2010年05月
10 Yamaguchi N, Isomoto H, Nishiyama H, Fukuda E, Ishii H, Nakamura T, Ohnita K, Hayashi T, Kohno S, Nakao K, Shikuwa S.:Endoscopic submucosal dissection for rectal carcinoid tumors.(共著)¸Sur Endosc¸24巻3号504頁-508頁¸2010年05月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Prevention of Post-esd Stricture by Steroid Administration and Endoscopic Transplantation of Tissue-engineered Autologous Oral Mucosal Epithelial Cell Sheets (ポスター) IDEN2104 2014年05月
2 Novel Photodynamic Diagnosis with Blue Laser-based Endoscopy Using 5-aminolevulinic Acid for Early Gastric Cancer(ポスター) IDEN2014 2014年05月
3 食道ESD後狭窄に対する治療戦略(シンポジスト) 消化器内視鏡学会総会 2014年05月
4 炎症性腸疾患における血中デフェンシン値測定の臨床的意義 日本大腸肛門病学会 2009年11月
5 食道扁平上皮癌に特異的miRNA-205とmiRNA-10aの同定と治療応用(シンポジスト) 日本消化器病学会大会 2009年10月
6 Mechanisms of H.pylori infection(招待講演) CHRO2009 2009年09月
7 クローン病におけるパイエル板の拡大内視鏡観察の臨床的意義(ポスター) 日本消化器免疫学会 2009年07月
8 ヘリコバクターピロリ空砲化致死毒素(VacA)のアポトーシス誘発機構(シンポジスト) 日本ヘリコバクター学会 2009年06月
9 高齢者の早期胃がんに対する内視鏡治療戦略-ESDとPDTを中心に-(シンポジスト) 日本消化器内視鏡学会総会 2009年05月
10 食道癌に対する5FU-Nedaplatin/放射線照射による交替療法後の再発・新病変に対する内視鏡検査の役割-特にNBI併用拡大内視鏡検査の有用性について-(ポスター) 日本消化器内視鏡学会総会 2009年05月
教育情報
2010年度~継続中 疾患各論(消化器系) (4年前期(7セメスター))
2008年度~2009年度 疾患各論(消化器系) (4年前期(7セメスター))
2008年度 疾患各論(消化器系) (4年前期(7セメスター))
2007年度 診断学各論実習 (4年後期(8セメスター))
2007年度 疾患各論(消化器系) (4年前期(7セメスター))
2006年度 診断学各論実習 (4年後期(8セメスター))
その他(自己PR)