研究者詳細情報
氏 名 丸山 陽市 ふりがな まるやま よういち
英文名 MARUYAMA Youichi 生年月
所 属 病院 総合歯科
TEL 095-849-7668 FAX 095-849-7670
職 名 講師 学位・資格 歯学博士(1984年03月)
歯科医師
日本矯正歯科学会指導医(2001年09月)
日本矯正歯科学会認定医(1997年09月)
歯科医師臨床研修指導医(1999年08月)
E-mail
Homepage
学歴 1980年03月 九州歯科大学歯学部歯学科卒業
1984年03月 九州歯科大学歯学研究科歯科矯正学博士課程修了
職歴 1984年04月~1986年03月 長崎大学 歯学部 助手
1986年04月~2003年09月 長崎大学 歯学部 講師
2003年10月~2010年03月 長崎大学 病院 専門歯科 講師
2003年10月~継続中 長崎大学 病院 医療情報部 歯科分室副室長(兼務)
2003年10月~継続中 長崎大学 病院 総合歯科 歯並び・咬み合わせ治療室副室長(兼務)
2005年10月~継続中 長崎医療技術専門学校 非常勤講師
専門分野 矯正・小児系歯学、医用システム、社会系歯学
加入学会 日本矯正歯科学会、日本歯科医学教育学会、日本ME学会、日本口蓋裂学会、日本顎変形症学会、日本小児歯科学会、九州矯正歯科学会、モアレ・三次元計測研究会、日本顔学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
個人識別に最適化する歯式メタデータと歯式データベースに関する基礎的研究
e-Learningとマルチメディア実習支援システムを併用した歯科矯正学基礎実習の授業評価
問題解決型学習を取り入れた歯科矯正学実習の開発
歯科処置に最適化した電子カルテの開発
6自由度カメラ校正法による歯の移動の3次元計測
時分割式磁気センサシステムによる下顎運動の計測
最大エントロピー法による咀嚼筋筋電図パワースペクトル分析
これまでの研究テーマ 学習管理システムを利用した自律的学習支援に向けた情報環境および意識に関するアンケート調査
自律的学習のためのLearning Management Systemを利用したオンラインテストの実践と評価
咬合圧測定システムを用いた咬合接触面積の評価法について
時分割式ステレオシステムによる顔面形態の立体認識
外科的矯正治療前後に対する咀嚼筋筋電図パワースペクトル分析
舌圧と口腔内気圧による嚥下時の舌運動の解析
主な著書・論文・作品等
1 吉松昌子,丸山陽市,本多正幸,梅田正博:医科と歯科の情報が一元化されたデータウェアハウスの二次利用(共著)¸医療情報学¸36(Suppl.)巻1140頁-1143頁¸2016年11月
2 丸山陽市,藤原 卓,本多正幸:歯科情報を蓄積したデータウェアハウスによる個人識別の評価(共著)¸医療情報学¸36(Suppl.)巻1144頁-1147頁¸2016年11月
3 吉松昌子,丸山陽市,池田久住,川下由美子,中尾紀子,平尾直美,梅田正博:長崎大学病院における周術期口腔機能管理の取り組み(共著)¸平成27年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議論文集¸443頁-444頁¸2016年01月
4 丸山陽市:医科・歯科の電子診療録システムの連携について¸平成27年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議論文集¸96頁-97頁¸2016年01月
5 里 美香,丸山陽市,和田典子,山口とき子,藤原 卓,本多正幸:多職種連携と歯科情報の2次利用に向けた歯科衛生士業務記録の院内標準化(共著)¸平成27年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議論文集¸449頁-451頁¸2016年01月
6 里 美香,丸山陽市,和田典子,西山由美,山口とき子,藤原 卓,本多正幸:多職種連携と歯科情報の2次利用に向けた歯科衛生士業務記録の標準化(共著)¸医療情報学¸35(Suppl.)巻1170頁-1173頁¸2015年09月
7 吉松昌子、丸山陽市、川下由美子、福田英輝、中尾紀子、安武宗徳、平尾直美、藤原 卓、梅田正博:周術期口腔管理センターにおける多職種連携の現状と課題(共著)¸医療情報学¸34(Suppl)巻92頁-95頁¸2014年11月
8 丸山 陽市,藤原 卓,本多 正幸:歯科診療情報の2次利用におけるテンプレートの特徴抽出(共著)¸医療情報学¸32巻1212頁-1215頁¸2012年11月
9 丸山陽市,飯島清子,吉田教明:歯科矯正学基礎実習における課題解決型実習の導入と評価(共著)¸九州矯正歯科学会雑誌¸7巻1号1頁-10頁¸2011年12月
10 丸山陽市, 藤原 卓, 本多正幸:歯科情報の2次利用における問題点とこれからの課題について(共著)¸医療情報学¸31巻159頁-162頁¸2011年11月
研究活動その他
主な特許など
1 歯列矯正実習用装置¸2016-124298
2 歯列矯正実習用装置¸15/475321
学会発表等の状況
1 下顎骨形成術後の顎関節頭運動の検討(ポスター) 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月
2 歯科情報を蓄積したデータウェアハウスによる個人識別の評価(ポスター) 第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会) 2016年11月
3 医科と歯科の情報が一元化されたデータウェアハウスの二次利用(ポスター) 第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会) 2016年11月
4 歯科矯正学基礎実習における樹脂製タイポドント模型の開発について(ポスター) 第75回日本矯正歯科学会大会 2016年11月
5 歯科矯正学基礎実習における低価格なタイポドント模型の開発(ポスター) 日本歯科医学教育学会学術大会 2016年07月
6 下顎骨形成術時に異常骨折をきたしphysiological positioning strategyを適応した2例 日本顎変形症学会総会・学術大会 2016年06月
7 医科・歯科の電子診療録システムの連携について(シンポジスト) 平成27年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 2016年01月
8 多職種連携と歯科情報の2次利用に向けた歯科衛生士業務記録の院内標準化(ポスター) 平成27年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 2016年01月
9 歯科矯正治療の保険診療に対する診療情報の電子保存について(ポスター) 第74回日本矯正歯科学会大会 2015年11月
10 多職種連携と歯科情報の2次利用に向けた歯科衛生士業務記録の標準化(ポスター) 第35回医療情報学連合大会 2015年11月
教育情報
2010年度~継続中 統合科目 (5年前期(9セメスター)¸週2コマ)
2009年度~継続中 臨床実習生に対する個人情報保護法と情報セキュリティー (その他)
2009年度~継続中 臨床研修医に対する総合病院情報システムの操作研修 (  )
2009年度~継続中 臨床研修医に対する個人情報保護法と情報セキュリティー (その他)
2009年度~継続中 臨床実習生に対する総合病院情報システムの操作演習 (5年後期(10セメスター))
2004年度~2008年度 生体の機能 (  ¸週1コマ¸担当割合33.30%)
2001年度~継続中 歯科矯正学 (4年前期(7セメスター)¸週1コマ¸担当割合10.00%)
2001年度~2009年度 情報処理入門 (  ¸週1コマ)
2000年度~継続中 臨床実習 (6年通年(11、12セメスター)¸担当割合15.00%)
1984年度~継続中 歯科矯正学実習 (4年前期(7セメスター)¸週2コマ¸担当割合70.00%)
その他(自己PR)