研究者詳細情報
氏 名 古賀 義之 ふりがな こが よしゆき
英文名 KOGA Yoshiyuki 生年月
所 属 病院 総合歯科
TEL FAX
職 名 講師 学位・資格 歯学博士(2001年03月)
歯科医師(1984年06月)
E-mail
Homepage
学歴 1959年03月 九州大学歯学部歯学科卒業
職歴 1984年10月~2001年06月 長崎大学 歯学部 助手
2001年07月~継続中 長崎大学 歯学部 講師
専門分野 矯正・小児系歯学(矯正歯科学)
加入学会 日本口蓋裂学会、西日本矯正歯科学会、日本矯正歯科学会(評議員)、日本顎機能学会、九州矯正歯科学会(評議員)
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
矯正治療における矯正力について
顎機能と形態の関係
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yoshiyuki Koga, Jae Hyun Park, Kiyoshi Tai:Maxillary canine substitution for the severely resorbed root of central incisor: 12-year follow-up(共著)¸Int J Orthod¸24巻4号9頁-14頁¸2013年12月
2 古賀義之,吉田教明 (他8名) :臼歯部咬合高径変化が下顎前歯部の位置に及ぼす影響(共著)¸九矯歯誌¸7巻1号11頁-18頁¸2011年12月
3 Utsumi D, Nakamura A, Matsuo K, Zeredo JL, Koga Y, Yoshida N:Motor coorination of masseter and temporalis muscle during mastication in mice(共著)¸J Stomat Occ Med ¸3巻4号187頁-194頁¸2011年12月
4 Tominaga J, Ozaki H, Tanaka M, Koga Y, Bourauel C, Yoshida N:Effect of play between bracket and archwire on anterior tooth movement in sliding mechanics(共著)¸J Dent Biomech¸3巻1号1頁-8頁¸2012年12月
5 Nakamura A, Zeredo JL, Utsumi D, Fujishita A, Koga Y, Yoshida N:Influence of malocclusion on the development of masticatory function and mandibular growth(共著)¸Angle Orthod¸83巻5号749頁-757頁¸2013年12月
6 内海大, 中村文, 富永淳也, 松尾恭子, 森田幸子, 原宏子, 田中基大, 古賀義之, 吉田教明:矯正臨床における簡便なデジタル画像資料管理システムの構築(共著)¸九州矯正歯科学会雑誌¸5巻1号45頁-48頁¸2009年12月
7 Jun-ya Tominaga, Motohiro Tanaka, Yoshiyuki Koga:Optimal Loading Conditions for Controlled Movement of Anterior Teeth in Sliding Mechanics(共著)¸Angle Orthodontist¸79巻6号1102頁-1107頁¸2009年12月
8 K. Sannefuji, J.L. Zeredo, M. Kurose, M. Tanaka, Y. Koga, Y. Yamada, N. Yoshida:Possible effects of periodontal inputs on the masticatory function(共著)¸顎口腔機能学会雑誌¸14巻89頁-95頁¸2009年02月
9 SheauSoon Sia, Tatsunori Shibazaki, Yoshiyuki Koga, Noriaki Yoshida:Experimental determination of optimal force system required for control of anterior tooth movement in sliding mechanics(共著)¸American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics¸135巻1号36頁-41頁¸2009年01月
10 下顎骨のハーバース管の走行と応力分布¸骨形態計測¸5巻¸1985年00月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 A Newly Developed Technique for Space Closure and Its Biomechanical Considerations(ポスター) 7th International Orthodontic Congress 2010年02月
2 Coordination of Masseter and Temporalis Muscles during Mastication in Mice(ポスター) 7th International Orthodontic Congress 2010年02月
3 効率的な抜歯空隙閉鎖方法とその力学的考察 九州矯正歯科学会大会 2010年01月
4 中切歯を抜歯して治療した2症例(ポスター) 九州矯正歯科学会大会 2010年01月
5 Introduction of new space closure mechanics and its force system(ポスター) 5th World Implant Orthodontic Conference 2013年11月
6 咀嚼機能の発達過程において臨界期は存在するか?(ポスター) 第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月
7 空隙閉鎖時の最適なM/F比を生じるクロージング・ループ形態についての力学的考察(ポスター) 第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月
8 空隙閉鎖時の最適なM/F比を生じるクロージング・ループ形態についての力学的考察(ポスター) 第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月
9 Does malocclusion affect masticatory function development and mandibular growth?(ポスター) 2nd Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region (IADR-APR) 2013年08月
10 Experimental investigation into development and catch-up of masticatory function(ポスター) 2nd Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region (IADR-APR) 2013年08月
教育情報
2014年度~継続中 歯科学のための物理科学 (2年前期(3セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2012年度~継続中 高齢者歯科学 (5年前期(9セメスター)¸週1コマ¸担当割合6.70%)
2009年度 口の健康・体の健康 (  ¸週1コマ¸担当割合6.70%)
2009年度 歯科と物理科学 (1年後期(2セメスター)¸週4コマ¸担当割合28.60%)
2009年度 口の健康・体の健康 (  ¸週1コマ¸担当割合6.70%)
2009年度~継続中 学内早期体験実習 (1年前期(1セメスター)¸週4コマ¸担当割合25.00%)
2009年度~継続中 歯科矯正学 (4年前期(7セメスター)¸週4コマ¸担当割合18.20%)
2009年度~継続中 歯科矯正学実習 (4年前期(7セメスター)¸週4コマ¸担当割合18.20%)
その他(自己PR)