研究者詳細情報
氏 名 宮崎 泰司 ふりがな みやざき やすし
英文名 MIYAZAKI Yasushi 生年月 1961-05
所 属 原爆後障害医療研究所 原爆・ヒバクシャ医療部門
TEL 095-819-7111 FAX 095-819-7113
職 名 教授 学位・資格 医学博士(2000年03月)
日本内科学会認定内科医(1990年04月)
日本血液学会専門医(1991年08月)
日本内科学会指導医(2002年04月)
日本血液学会指導医(2002年04月)
日本臨床腫瘍学会暫定指導医(2004年04月)
日本内科学会総合内科専門医(2006年04月)
E-mail
Homepage
学歴 1986年03月 長崎大学医学部医学卒業
職歴 2004年01月~2009年08月 長崎大学 病院 原研内科 講師
2009年09月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 放射線医療科学専攻 教授
専門分野 血液内科学
加入学会 日本内科学会(九州支部評議員)、日本血液学会(理事)、日本癌学会、アメリカ血液学会、日本造血細胞移植学会(評議員)、日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会、日本検査血液学会、日本輸血・細胞治療学会
受賞歴
各種審議会・委員会等 長崎原子爆弾被爆者対策協議会(理事)
長崎県保健医療対策協議会がん対策部会委員
長崎県緊急被ばく医療ネットワーク検討会委員
長崎原爆後障害研究会(理事)
長崎県特定疾患対策協議会
骨髄移植推進財団(ドナー安全委員)
骨髄移植推進財団(九州地区代表協力医師)
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
造血幹細胞移植を用いた血液疾患の治療
血液悪性腫瘍の生物学
造血器悪性腫瘍の治療学
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Kamijo R, Itonaga H, Kihara R, Nagata Y, Hata T, Asou N, Ohtake S, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Ogawa S, Naoe T, Kiyoi H, Miyazaki Y.:Distinct gene alterations with a high percentage of myeloperoxidase-positive leukemic blasts in de novo acute myeloid leukemia.(共著)¸Leukemia Research¸65巻34頁-41頁¸2018年02月
2 Kataoka K, Iwanaga M, Yasunaga JI, Nagata Y, Kitanaka A, Kameda T, Yoshimitsu M, Shiraishi Y, Sato-Otsubo A, Sanada M, Chiba K, Tanaka H, Ochi Y, Aoki K, Suzuki H, Shiozawa Y, Yoshizato T, Sato Y, Yoshida K, Nosaka K, Hishizawa M, Itonaga H, Imaizumi Y, Munakata W, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Nakamaki T, Ishiyama K, Miyawaki S, Ishii R, Nureki O, Tobinai K, Miyazaki Y, Takaori-Kondo A, Shibata T, Miyano S, Ishitsuka K, Utsunomiya A, Shimoda K, Matsuoka M, Watanabe T, Ogawa S.:Prognostic relevance of integrated genetic profiling in adult T-cell leukemia/lymphoma.(共著)¸Blood¸131巻2号215頁-225頁¸2018年01月
3 18. Itonaga H, Taguchi J, Taguchi M, Taniguchi H, Sato S, Sawayama Y, Imaizumi Y, Yoshida S, Hata T, Moriuchi Y, Miyazaki Y:Adult T-cell leukemia/lymphoma in donor cells responding to second allogeneic hematopoietic stem cell transplantation using unrelated cord blood: the Nagasaki Transplant Group experience.(共著)¸Leukemia and Lymphoma¸57巻12号2946頁-2948頁¸2016年12月
4 14. Matsuo M, Iwanaga M, Kondo H, Soda M, Jo T, Horio K, Takasaki Y, Kawaguchi Y, Tsushima H, Imaizumi Y, Imanishi D, Taguchi J, Sawayama Y, Hata T, Miyazaki Y:Clinical features and prognosis of patients with myelodysplastic syndromes who were exposed to atomic bomb radiation in Nagasaki.(共著)¸Cancer Science¸107巻10号1484頁-1491頁¸2016年10月
5 6. Kataoka K, Shiraishi Y, Takeda Y, Sakata S, Matsumoto M, Nagano S, Maeda T, Nagata Y, Kitanaka A, Mizuno S, Tanaka H, Chiba K, Ito S, Watatani Y, Kakiuchi N, Suzuki H, Yoshizato T, Yoshida K, Sanada M, Itonaga H, Imaizumi Y, Totoki Y, Munakata W, Nakamura H, Hama N, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Kameda T, Masuda K, Minato N, Kashiwase K, Izutsu K, Takaori-Kondo A, Miyazaki Y, Takahashi S, Shibata T, Kawamoto H, Akatsuka Y,Shimoda K, Takeuchi K, Seya T, Miyano S & Ogawa S:Aberrant PD-L1 expression through 3′-UTR disruption in multiple cancers.(共著)¸Nature¸534巻7607号402頁-406頁¸2016年05月
6 asuda T, Tsuzuki S, Kawazu M, Hayakawa F, Kojima S, Ueno T, Imoto N, Kohsaka S, Kunita A, Doi K, Sakura T, Yujiri T, Kondo E, Fujimaki K, Ueda Y, Aoyama Y, Ohtake S, Takita J, Sai E, Taniwaki M, Kurokawa M, Morishita S, Fukayama M, Kiyoi H, Miyazaki Y, Naoe T, Mano H:Recurrent DUX4 fusions in B cell acute lymphoblastic leukemia of adolescents and young adults.(共著)¸Nature Genetics¸48巻5号569頁-574頁¸2016年05月
7 2. Ando M, Kawazu M, Ueno T, Koinuma D, Ando K, Koya J, Kataoka K, Yasuda T, Yamaguchi H, Fukumura K, Yamato A, Soda M, Sai E, Yamashita Y, Asakage T, Miyazaki Y, Kurokawa M, Miyazono K, Nimer SD, Yamasoba T, Mano H:Mutational Landscape and Antiproliferative Functions of ELF Transcription Factors in Human Cancer.(共著)¸Cancer Researcn¸76巻7号1814頁-1824頁¸2016年04月
8 Kataoka K, Nagata Y, Kitanaka A, Shiraishi Y, Shimamura T, Yasunaga J, Totoki Y, Chiba K, Sato-Otsubo A, Nagae G, Ishii R, Muto S, Kotani S, Watatani Y, Takeda J, Sanada M, Tanaka H, Suzuki H, Sato Y, Shiozawa Y, Yoshizato T, Yoshida K, Makishima H, Iwanaga M, Ma G, Nosaka K, Hishizawa M, Itonaga H, Imaizumi Y, Munakata W, Ogasawara H, Sato T, Sasai K, Muramoto K, Penova M, Kawaguchi T, Nakamura H, Hama N, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Kameda T, Nakamaki T, Ishiyama K, Miyawaki S, Yoon SS, Tobinai K, Miyazaki Y, Takaori-Kondo A, Matsuda F, Takeuchi K, Nureki O, Aburatani H, Watanabe T, Shibata T, Matsuoka M, Miyano S, Shimoda K, Ogawa S.:Integrated molecular analysis of adult T cell leukemia/lymphoma.(共著)¸Nature Genetics¸47巻11号1304頁-1315頁¸2015年11月
9 10) Miura S, Akazawa Y, Kurashige T, Tukasaki K, Kondo H, Yokota K, Mine M, Miyazaki Y, Sekine I, Nakashima M:The Nagasaki Atomic Bomb Survivors' Tumor Tissue Bank.(共著)¸The Lancet¸386巻10005号1738頁¸2015年10月
10 16. Aoki K, Ishikawa T, Ishiyama K, Aoki J, Itonaga H, Fukuda T, Kakihana K, Uchida N, Ueda Y, Eto T, Mori T, Kondo T, Iwato K, Morishima Y, Tanaka J, Atsuta Y, Miyazaki Y:Allogeneic haematopoietic cell transplantation with reduced-intensity conditioning for elderly patients with advanced myelodysplastic syndromes: a nationwide study(共著)¸British Journal of Haematology¸¸2014年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 再発・治療抵抗性CD33陽性急性骨髄性白血病に対するgemtuzumab ozogamicinを含む併療法-JALSG-AML206プロトコール研究-(ポスター) 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会 2010年03月
2 骨髄線維化を伴った造血器悪性腫瘍3例に対する骨髄非破壊的臍帯血移植(ポスター) 第32回日本造血細胞移植学会総会 2010年02月
3 Trends in human T-cell leukemia virus type-1 (HTLV-1) prevalence and the incidence of adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL) in Nagasaki, Japan: A hospital-based and population-based study. (ポスター) American Society of Hematology (ASH), 51th Annual Meeting and Exposition 2009年12月
4 Frequent Expression of MUC1,a Membrane-Associated Mucin, in Adult T-Cell Leukemia Cells.(ポスター) American Society of Hematology (ASH), 51th Annual Meeting and Exposition 2009年12月
5 The Overexpression of Enhancer of Zeste Homologue 2 Is Associated with Tumor Proliferation and Aggressive Behavior in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma.(ポスター) American Society of Hematology (ASH), 51th Annual Meeting and Exposition. 2009年12月
6 Outcome by Treatment Including An Intensified Consolidation Program with Dose-Escalated Doxorubicin for Newly Diagnosed Acute Lymphoblastic Leukemia (ALL): A Study by the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG ALL97 study).(ポスター) American Society of Hematology (ASH), 51th Annual Meeting and Exposition. 2009年12月
7 ダサチニブの慢性骨髄性白血病及びPh+ALLに対する臨床第1/2相試験の2年追跡成績. 第71回日本血液学会学術集会 2009年10月
8 当施設で経験したEnteropathy-associated T-cell lymphoma(EATL)(ポスター) 第71回日本血液学会学術集会 2009年10月
9 急性リンパ性白血病に対する同種末梢血幹細胞移植後寛解後に発症した多発性骨髄壊死(ポスター) 第71回日本血液学会学術集会 2009年10月
10 長期イマチニブ投与後にマントル細胞リンパ腫を合併した慢性骨髄性白血病の一例(ポスター) 第71回日本血液学会学術集会 2009年10月
教育情報
2012年度~継続中 血液内科学演習IV (DC2年後期(DC4セメスター))
2012年度~継続中 血液内科学演習II (DC1年後期(DC2セメスター))
2012年度~継続中 血液内科学演習I (DC1年前期(DC1セメスター))
2012年度~継続中 血液内科学演習III (DC2年前期(DC3セメスター))
2012年度~継続中 血液・リンパ系 (3年後期(6セメスター))
2009年度 血液・リンパ系 (3年後期(6セメスター))
2009年度 分子治療学演習IV (DC2年後期(DC4セメスター))
2009年度 分子治療学演習II (DC1年後期(DC2セメスター))
2009年度 卒前集中講義 (6年前期(11セメスター))
2009年度 医学ゼミ (4年前期(7セメスター))
その他(自己PR)