研究者詳細情報
氏 名 弦本 敏行 ふりがな つるもと としゆき
英文名 TURUMOTO Toshiyuki 生年月 1957-11
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7021 FAX 095-819-7024
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(1990年03月)
医師(1984年05月)
E-mail
Homepage http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/anatomy2/index.html
学歴 1984年03月 長崎大学医学部卒業
1990年03月 長崎大学医学研究科博士課程修了
職歴 2002年04月~2007年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 講師
2007年04月~2010年02月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 准教授
2010年03月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 教授
専門分野 解剖学一般(含組織学・発生学)(骨学)、人類学
加入学会 日本解剖学会(学術評議委員)、日本人類学会、日本整形外科学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ 骨形態解析
現在実施している
研究テーマ
四肢骨・関節の加齢変化について
骨形成素因の遺伝子解析
骨格標本の形質人類学的研究
生体内における石灰化機構に関する研究
これまでの研究テーマ 骨髄炎、インプラント関連感染症におけるバイオフィルムの関与について
関節リウマチの病因.治療について
主な著書・論文・作品等
1 Toshiyuki Tsurumoto, Kazunobu Saiki, Keishi Okamoto, Takeshi Imamura, Junichiro Maeda, Yoshitaka Manabe, Tetsuaki Wakebe:Periarticular Osteophytes as an Appendicular Joint Stress Marker (JSM): Analysis in a Contemporary Japanese Skeletal Collection(共著)¸PLOS one¸8巻2号e57049頁-e57059頁¸2013年02月
2 Keita Nishi, Kazunobu Saiki, Takeshi Imamura, Keishi Okamoto, Tetsuaki Wakebe, Keiko Ogami, Takashi Hasegawa, Takefumi Moriuchi, Junya Sakamoto, Yoshitaka Manabe, :Degenerative changes of the sacroiliac auricular joint surface—validation of influential factors¸Anatomical Science International¸¸2017年04月
3 KEIKO OGAMI, HIROAKI MURATA, AKIKO SAKAI, SHUNTARO SATO, KAZUNOBU SAIKI, KEISHI OKAMOTO, YOSHITAKA MANABE, TETSUYA HARA, :Deep and Superficial Circumflex Iliac Arteries and Their Relationship to the Ultrasound-Guided Femoral Nerve Block Procedure: A Cadaver Study(共著)¸Clinical Anatomy¸¸2017年04月
4 Keiko Ogami, K. Saiki, K. Okamoto, T. Wakebe, Y. Manabe, T.Imamura, T.Tsurumoto:Marked lateral deviation of the phrenic nerve due to variant origin and course of the thyrocervical trunk: a cadaveric study(共著)¸Surg Radiol Anat¸¸2015年05月
5 Imamura T, Saiki K, Okamoto K, Maeda J, Matsuo H, Wakebe T, Ogami K, Manabe Y, Koseki H, Tomita M, Tagami A, Osaki M, Shindo H, Tsurumoto T:Characterization of individuals with sacroiliac joint bridging in a skeletal population: Analysis of degenerative changes spinal vertebrae. (共著)¸Biomed Res Int.¸2014巻¸2014年09月
6 Saiki, K., Tsurumoto, T., Okamoto, K., Wakebe, T.:Relation between bilateral differences in internal jugular vein caliber and flow patterns of dural venous sinuses(共著)¸Anatomical Science international¸¸2013年04月
7 Okamoto, K., Wakebe, T., Saiki, K., Tsurumoto, T.:The nerves to the plantaris muscle and a bipennate part of the soleus muscle(共著)¸Anatomical Science International¸88巻1号17頁-24頁¸2013年09月
8 Sommer, A.P., Tsurumoto, T.:Vascular cemeteries formed by biological nanoparticles(共著)¸Journal of Nanoparticle Research¸15巻4号¸2013年04月
9 Shiro Kajiyama, Toshiyuki Tsurumoto, Makoto Osaki, Katsunori Yanagihara, Hiroyuki Shindo :Quantitative analysis of Staphylococcus epidermidis biofilm on the surface of biomaterial(共著)¸journal of orthopaedic science¸14巻6号769頁-775頁¸2009年11月
10 Toshiyuki Tsurumoto, Dan Zhu, and Andrei P. Sommer:Identification of nanobacteria in human arthritic synovial fluid by method validated in human blood and urine using 200nm model nanoparticles(共著)¸Environ Sci Technol¸42巻9号3324頁-3328頁¸2008年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 現代人大腿骨骨幹部における皮質骨断面形状の検討(ポスター) 日本人類学会 2016年10月
2 医学科4年生における系統解剖学実習実施の試み―胸・腹部の内臓系を中心として 日本解剖学会九州地方会 2015年10月
3 ヒト大腿骨近位部における緻密骨の形態学的解析 第119回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2014年03月
4 CT画像を利用した解剖学実習の試み(シンポジスト) 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会 2012年03月
5 大腿骨近位部の骨梁構造の解析―Calcar femoraleについて 日本解剖学会第67回九州支部学術集会 2011年10月
6 変形性関節症患者の関節液におけるbiological nanoparticleの存在意義について 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会 2009年04月
7 Nanobacteria in human arthritic synovial fluid - detection and possible implication in joint inflammation(招待講演)  4th International Infection Control Conference of Theodor Bilharz Research Institute 2008年11月
8 骨関節感染症のコントロール 1.骨・関節感染症成立の背景(シンポジスト) 第115回西日本整形・災害外科学会 2008年09月
9 Image analysis for quantification of statically cultured S.aureus biofilms on biomaterial surface (ポスター) Biofilms 2004 2004年10月
教育情報
2010年度~継続中 人体構造系Ⅰ (1年後期(2セメスター)¸週2コマ¸担当割合85.00%)
2011年度~継続中 人体構造系Ⅱ (2年前期(3セメスター)¸週6コマ¸担当割合30.00%)
2015年度~継続中 人体構造系Ⅲ (4年前期(7セメスター)¸週2コマ¸担当割合50.00%)
2015年度~継続中 医学ゼミ (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)