研究者詳細情報
氏 名 COLLINS WILLIAM SHERWOOD ふりがな こりんず うぃりあむ
英文名 COLLINS William Sherwood 生年月 1968-11
所 属 言語教育研究センター 
TEL 095-819-2083 FAX
職 名 准教授 学位・資格 修士課程(2003年07月)
E-mail
Homepage
学歴 1994年05月 ルイジアナ州立大学(アメリカ)文学部卒業
2003年00月 University of Birmingham(U.K.)Teaching English As A Foreign Language修士課程修了
2003年07月 イギリスバーミンガム大学言語教育研究科修士課程修了
職歴 2002年04月~2012年03月 長崎大学 大学教育機能開発センター 講師
2012年04月~2013年03月 長崎大学 言語教育研究センター 講師
2013年04月~継続中 長崎大学 言語教育研究センター 准教授
専門分野
加入学会 ATINER (Athens Institute for Education and Research)、大学英語教育学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 William Collins:"The Substance Of Loss: Paradoxical Negatives and Psychological Suspense in Henry James'"The Ambassadors"¸International Journal of Arts and Sciences Proceedings¸10巻01号149頁-158頁¸2017年04月
2 Shinji Ogasawara,Masazumi Maruyama, Yuzuru Utsunomiya, William Collins:"Developing a Prediction Equation for the G-TELP Scores from the TOEIC Scores Using Linear Regression Model"(共著)¸JACET Annual Review of English Learning and Teaching (Kyushu-Okinawaw)¸21巻13頁-30頁¸2016年11月
3 William Collins:"Songs as a Tool for Developing Student's Descriptive Writing Skills¸長崎大学言語教育研究センター紀要¸6号63頁-72頁¸2018年03月
4 小笠原真司, 廣江顕, 奥田阿子, William COLLINS:2種類のeーlearning教材による課外学習効果について -G-TELPのデータおよびアンケート結果からの考察ー(共著)¸『長崎大学言語教育研究センター論集』第4号¸¸2016年03月
5 William Collins:"Story Recording and Peer Feedback In an Online Forum: Improving Motivation"¸XVIIth International CALL Research Conference Proceedings¸¸2015年12月
6 Willian Collins:"Grammar Listening Activities in an Online Listening Course"¸長崎大学言語教育研究センター紀要第3号¸¸2015年03月
7 William Collins:"Peer and Teacher Feedback in Improving Pragmatic Conversation Skills"¸Teaching, learning and investigating pragmatics: principles, methods and practices(Pages 275-296)¸¸2014年12月
8 William Collins:"Cross-Cultural Poetry Projects in a Japanese University EFL Setting"¸The Journal of Literature in Language Teaching, Vol. 3, No. 2¸¸2014年12月
9 William Collins:"Testing interactional English conversation skills in a university speaking exam"¸JALT2012 Conference Proceedings¸¸2013年12月
10 J. Briganti and W. Collins:Reading Circles in the CBI Classroom; The Next Step in Learner-centered Instruction(共著)¸The Asian Conference on Education Conference Proceedings 2012¸2186巻1475頁-1485頁¸2012年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 "Improved Student Motivation and Confidence through Self-Access Listening, Video Forums and Talking Journals"  International Conference on Arts, Social Science, Economics and Education 2017年08月
2 "Revisiting Cross-Cultural Poetry Projects in a Japanese University EFL Setting" International Journal of Arts & Sciences’ (IJAS) Academic Conference 2016年11月
3 XVIIth International CALL Research Conference XVIIth International CALL Research Conference 2015年07月
4 Pragmatics on the Go!  Pragmatics on the Go!  2013年06月
5 Cross-Cultural Pragmatics at a Crossroads III Cross-Cultural Pragmatics at a Crossroads III 2013年06月
6 “Reading Circles in Content Based Instruction; The Next Step in Learner-Centered Instruction” 4th Asian Conference on Education (ACE) 2012年10月
7 “Exploring Poetry in a Multicultural University Classroom Setting” 12th International Language, Literature And Stylistics Symposium 2012年10月
8 “Fluency Through Video Forums and Peer Feedback” JALT 2012 – 38th Annual International Conference on Language Teaching 2012年10月
9 “Cross-Cultural Poetry-Projectsin a Japanese University EFL Setting” 5th Annual International Conference on Literature, Languages & Linguisitics 2012年07月
10 "Improving Fluency and Conversation skills through Storytelling, Pair-Recording and Audio Forums" JALTCALL 2011 2011年06月
教育情報
2016年度 Reading And Discussion II (3年後期(6セメスター))
2016年度~継続中 Academic Writing II (3年前期(5セメスター))
2015年度~継続中 Academic Writing I (2年後期(4セメスター))
2014年度~継続中 Reading And Writing II (1年後期(2セメスター))
2014年度~継続中 Reading And Writing I (1年前期(1セメスター))
2014年度~継続中 Reading And Discussion I (1年後期(2セメスター))
2014年度~継続中 Pronunciation (1年前期(1セメスター))
2005年度~継続中 Student Presentations on their Home Culture (その他)
2002年度~継続中 English Communication II (1年後期(2セメスター))
2002年度~継続中 English Communication I (1年前期(1セメスター))
その他(自己PR)