研究者詳細情報
氏 名 劉 卿美 ふりがな ゆう きょんみ
英文名 YOU Kyonmi 生年月
所 属 言語教育研究センター 
TEL 095-819-2081 FAX 095-819-2081
職 名 教授 学位・資格 修士(日本文学)(1993年03月)
博士(比較文化学)(1999年03月)
修士(英語教授法 TESOL)(2017年09月)
中等学校正教師資格(日本語、韓国政府教育部)(1989年02月)
中国語検定試験3級(2009年04月)
TOEIC 955点(2012年01月)
実用英語検定(1・準1・2級)(2012年11月)
地域通訳案内士(九州)(2014年04月)
韓国語教員資格(韓国政府文化体育観光部)(2015年10月)
Graduate Certificate in TESOL(Hawaii Pacific University)(2017年05月)
E-mail
Homepage
学歴 1989年02月 韓国外国語大学外国語学部日本語学科卒業
1993年03月 お茶の水女子大学人文科学研究科日本文学専攻修士課程修了
1999年03月 お茶の水女子大学人間文化研究科比較文化学専攻博士課程修了
2017年05月 ハワイパシフィック大学英語教授法専攻修士課程その他
2017年09月 名古屋外国語大学国際コミュニケーション研究科英語教授法専攻修士課程修了
職歴 1996年04月~2002年03月 東海大学 非常勤講師
2001年04月~2002年03月 早稲田大学本庄高等学院 非常勤講師
2002年04月~2004年03月 長崎大学 講師
2004年04月~2013年04月 長崎大学 准教授
専門分野
加入学会 全国語学教育学会(JALT)、日本生活科・総合的学習教育学会、大学教育学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 橋本健夫、劉卿美:総合的な学習の時間におけるキャリア教育に関する一考察(共著)¸長崎国際大学論叢¸18巻¸2018年03月
2 劉卿美、橋本優花里、川越明日香、橋本健夫:米国大学におけるラーニング・コミュニティ及びティーチング・コミュニティ-ニューヨーク州3大学の事例から-(共著)¸長崎大学大学教育イノベーションセンター紀要¸7号25頁-33頁¸2016年03月
3 山地弘起、劉卿美、橋本優花里、川越明日香、橋本健夫:米国における学修成果の評価-エバーグリーン州立大学・ポートランド州立大学・アパラチア州立大学・クレムソン大学の事例から-(共著)¸長崎大学大学教育イノベーションセンター紀要¸6号21頁-36頁¸2015年03月
4 山地弘起、劉卿美、橋本健夫:米国における大学教員の教育活動評価-カリフォルニア州3大学の事例から-(共著)¸長崎大学大学教育イノベーションセンター紀要¸5号13頁-18頁¸2014年03月
5 河宇鳳、劉卿美:和韓唱酬集(共著)¸宝庫社¸2013年07月
6 劉 卿美:「コミュニケーション・カード」を用いた授業改善の試み¸長崎大学大学教育機能開発センター紀要¸4巻59頁-67頁¸2013年03月
7 山地弘起、劉卿美、橋本優花里、川越明日香、橋本健夫:米国における教養教育改革の事例-ワーグナー大学・アルバーノ大学・IUPUIの訪問調査報告-(共著)¸長崎大学大学教育機能開発センター紀要¸4号23頁-37頁¸2013年03月
8 橋本健夫,劉卿美:今こそ理科の学力を問う(共著)¸東洋館出版社¸2012年08月
9 橋本健夫,劉 卿美:韓国の自然科学に関する才能教育現場からの示唆(共著)¸科学教育研究¸36巻2号153頁-161頁¸2012年06月
10 劉卿美、川越明日香、橋本健夫、豊田唯:国際理解教育と大学の役割(共著)¸長崎大学大学教育機能開発センター紀要¸3号57頁-66頁¸2012年03月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 自己の将来像探求を軸にした総合的な学習の時間に関する一考察-韓国の新しい試みである自由学期制を交えて- 日本生活科・総合的学習教育学会第27回全国大会 2018年06月
2 韓国における自由学期制 日本生活科・総合的学習教育学会第25回全国大会 2016年06月
3 コミュニケーション・カードを用いた授業改善(2) 日本高等教育学会第18回大会 2015年06月
4 韓国における学校教育改革―自由学期制の導入のねらいと課題― 日本生活科・総合的学習教育学会第24回全国大会 2015年06月
5 韓国の学校教育における創意的体験活動 日本生活科・総合的学習教育学会第23回全国大会 2014年06月
6 初習外国語の授業改善に向けた教育IRの活用(I) 大学教育学会第36回大会 2014年05月
7 韓国における創意的体験活動に関する調査研究 日本理科教育学会 2013年08月
8 The Next Step of the National University for Regional Educational Partnerships in Science International Conference of East-Asian Association for Science Education 2013年07月
9 韓国の学校教育における新しい風 日本生活科・総合的学習教育学会 2013年06月
10 新しい教養教育の一歩と課題 日本高等教育学会 2013年05月
教育情報
2014年度~継続中 上級韓国語 (3年前期(5セメスター))
2013年度~2018年度 全学モジュールⅡ (2年後期(4セメスター))
2011年度~2015年度 卒業論文研究 (4年通年(7、8セメスター))
2010年度~2013年度 ゼミナールⅡ (3年後期(6セメスター))
2010年度 異文化事情 (1年後期(2セメスター)¸担当割合13.00%)
2010年度~2014年度 ゼミナールⅠ (3年前期(5セメスター))
2009年度 多文化理解論 (2年後期(4セメスター)¸担当割合20.00%)
2008年度~2011年度 専門ゼミナール (2年後期(4セメスター)¸担当割合13.00%)
2002年度~継続中 韓国語Ⅲ (2年前期(3セメスター))
2002年度~継続中 韓国語Ⅳ (2年後期(4セメスター))
その他(自己PR)