研究者詳細情報
氏 名 飯塚 知敬 ふりがな いいづか ともよし
英文名 IIDUKA Tomoyoshi 生年月 1952-07
所 属 教育学部 国際文化
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 文学修士(1979年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1977年03月 京都大学文学部西洋哲学史卒業
1982年00月 京都大学文学研究科西洋哲学史博士課程単位取得満期退学
職歴
専門分野 哲学・倫理学(西洋哲学、西洋倫理学)、思想史、科学社会学・科学技術史(生命倫理)
加入学会 中世哲学会、関西哲学会、西日本哲学会(評議員)、京大中世哲学研究会、京都哲学会、新プラトン主義協会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
中世哲学における弁証法と存在論の研究
中世哲学における自然と善の研究
これまでの研究テーマ 遺伝カウンセリングをめぐる生命倫理学的研究
主な著書・論文・作品等
1 Anselm of Canterbury¸未入力¸1996年00月
2 カンタベリのアンセルムス¸西洋哲学史[古代・中世編](共著)¸1996年00月
3 アンセルムス『選択の自由について』の考察¸長崎大学教育学部人文科学研究報告¸44巻¸1992年00月
4 神の存在証明の方法に関する一考察-アウグスティヌス,トマスを中心に-¸関西哲学会紀要¸23巻¸1989年00月
5 神の存在証明は可能か-トマスの〈結果による〉証明-¸哲学¸7巻¸1989年00月
6 トマス・アクィナスに於ける能力(potentia)の概念について¸中世思想研究¸22巻¸1980年00月
7 アンセルムス『真理について』の考察¸長崎大学教育学部人文科学研究報告¸45巻¸1992年00月
8 トマス・アクィナスに於ける「可能」と「不可能」について¸中世哲学研究¸1巻¸1982年00月
9 『創世紀』昌頭の解釈について-霊的解釈と自然学的解釈-¸中世哲学研究¸6巻¸1987年00月
10 トマスにおける創造について¸中世思想研究¸28巻¸1986年00月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2017年度 小学校社会 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合13.30%)
2017年度 専門ゼミナール (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合13.30%)
2017年度 哲学 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
2017年度 現代の教養(文化と社会) (1年後期(2セメスター)¸週2コマ)
2017年度 卒論ゼミナール (4年通年(7、8セメスター)¸週1コマ)
2017年度 哲学・倫理学研究 (4年前期(7セメスター)¸週1コマ)
2017年度 倫理学 (2年前期(3セメスター)¸週1コマ)
その他(自己PR)