研究者詳細情報
氏 名 古賀 掲維 ふりがな こが あおい
英文名 KOGA Aoi 生年月 1971-11
所 属 ICT基盤センター 
TEL 095-819-2097 FAX 095-819-2098
職 名 准教授 学位・資格 工学修士(1996年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1994年03月 長崎大学工学部構造工学科卒業
1996年03月 長崎大学工学研究科構造工学修士課程修了
職歴 2007年04月~継続中 長崎大学 ICT基盤センター 准教授
専門分野 構造工学・地震工学・維持管理工学(計算力学)、教育工学
加入学会 土木学会、教育システム情報学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
混合法による構造物要素の解析法に関する研究
ITを用いた教育改善システムの開発に関する研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 古賀掲維,野崎剛一:Webクリッカーシステムへのテキストマイニング機能実装の試み(共著)¸大学情報システム環境研究¸18巻35頁-42頁¸2015年07月
2 古賀掲維,柳生大輔,野崎剛一:スマートデバイスでの利便性を追求したWebシステム版クリッカーの開発(共著)¸大学情報システム環境研究¸17巻43頁-50頁¸2013年07月
3 建築における計算応用力学の進展¸日本建築学会¸2001年00月
4 新しい応力関数を使用するせん断変形を含む平面板のフーリェ級数解¸日本建築学会構造系論文集¸/516,121巻¸1999年00月
5 Hellinger-Reissnerの原理に基礎をおく長方形の数値解析法¸日本建築学会構造系論文集¸/521,57-64巻¸1999年00月
6 応力法による三次元弾性体の解析解の構成¸日本建築学会構造系論文集¸/533,83-89巻¸2000年00月
7 鬼塚友章、古賀掲維、松田浩:形状初期不整を有する薄肉円筒シェルにおける終局挙動の評価法(共著)¸鋼構造年次論文報告集¸426頁-433頁¸2017年11月
8 T.Onizuka, A.Koga, H.Matsuda:Statical Evaluation Method of Ultimate Strength of Thin-walled Cylindrical Shell with Initial Shape Imperfection(共著)¸Proc. of the 12th Japan-China Joint Seminar for the Graduate Students in Civil Engineering¸229頁-234頁¸2017年11月
9 河村一樹, 稲垣知宏, 稲葉利江子, 岡部成玄, 喜多一, 古賀掲維, 柳生大輔, 他:これからの大学の情報教育(共著)¸日経BPマーケティング¸2016年03月
10 古賀掲維:LACSクリッカーシステム(SmartClicker for LACS)¸共同¸長崎大学内¸2015年01月
研究活動その他
主な特許など
1 情報収集システム及び情報収集方法¸2007-172881
学会発表等の状況
1 初期不整を有する薄肉円筒シェルの終局強度の統計的評価法 平成29年度土木学会全国大会第72回年次学術講演会 2017年09月
2 ゴム支承の圧縮せん断試験における大ひずみ計測 日本実験力学会2017年度年次講演会 2017年08月
3 商用コンテンツを利用した反転授業の実践事例 シンポジウム「これからの大学の情報教育」 2016年12月
4 初期不整を有する薄肉円筒シェルの終局挙動の統計的評価法 平成28年度 第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム 2016年12月
5 長崎大学におけるLMS の活用状況と課題(シンポジスト) Blackboard Teaching & Learning Forum Japan 2016 2016年09月
6 初期不整を有する薄肉円筒シェルの終局挙動の実験・解析・統計的評価法 土木学会年次学術講演会 2016年09月
7 初期不整を有する薄肉円筒シェルの終局挙動の統計的評価手法 応用力学シンポジウム 2016年05月
8 W e b ク リ ッ カ ー シ ス テ ム へ の テ キ ス ト マ イ ニ ン グ 機能実装 の 試 み 第23会 国公立大学情報システム研究会総会 2015年03月
9 長崎大学におけるBb活用事例(招待講演) Japan Blackboard User Group 研究会 2013年11月
10 情報端末室を利用した工学系専門教育におけるTEALの試み 情報コミュニケーション学会第12回研究会 2013年10月
教育情報
2018年度 情報化時代の仕事術 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2018年度 プログラミング入門 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2018年度 情報基礎 (1年前期(1セメスター)¸週4コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 プログラミング入門 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 情報化時代の仕事術 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 情報基礎 (1年前期(1セメスター)¸週5コマ¸担当割合100.00%)
2016年度 情報化時代の仕事術 (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2016年度 プログラミング入門 (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2016年度 情報基礎 (  ¸週5コマ¸担当割合100.00%)
2015年度 情報化時代の仕事術 (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)