研究者詳細情報
氏 名 鈴木 慶子 ふりがな すずき けいこ
英文名 SUZUKI Keiko 生年月
所 属 教育学部 初等教育
TEL 095-819-2302 FAX 095-819-2302
職 名 教授 学位・資格 教育学(1987年03月)
教育学修士(1987年03月)
小学校教諭1種免許(1985年03月)
中学校教諭1種免許(1985年03月)
高等学校教諭1種免許(1987年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1985年03月 千葉大学教育学部その他
1987年03月 千葉大学教育学研究科国語教育修士課程修了
職歴 1997年04月~2002年03月 大東文化大学書道研究所 研究員
2001年04月~2002年03月 メディア教育開発センター 研究員
2003年05月~2004年02月 文部科学省内地研究員 研究員
2006年04月~2011年03月 長崎大学 教育学部 長崎大学ハラスメント相談員(兼務)
2006年05月~2010年05月 長崎大学 教育学部 長崎大学アドミッションセンター兼務教員(兼務)
2007年04月~継続中 長崎大学 教育学部 教授
2010年02月~2014年12月 書育推進協議会 専務理事・事務局長
2012年12月~継続中 長崎大学 教育学部 初等教育 長崎大学大学地域教育連携・支援センター(兼務)
専門分野 教科教育学(書写書道教育)
加入学会 全国大学国語教育学会、全国大学書写書道教育学会(大学書写テキスト編集委員会委員)、全国大学書道学会、日本国語教育学会(理事)、日本教科教育学会、書学書道史学会、日本漢字学会、全九州書写書道教育学会(編集委員会委員)、日本教師学学会、長崎大学国語国文学会
受賞歴 全国大学書写書道教育学会賞(1998年00月)
各種審議会・委員会等 日本教育大学協会書道教育部門
現在実施している
共同研究
デジタルペンを用いた解答プロセス解析の研究
デジタルペンを用いた解答プロセス解析の研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
習字・書き方・書写・書道教科書に関する研究
「文字を書く」ことに関する研究
教員養成における「書写」に関する研究
記述力の育成
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 鈴木慶子:言語活動を支え豊かにする書写学習を求めて¸国語教室研究 番¸2巻1号00頁¸2018年03月
2 鈴木慶子、安永和央、林篤裕:平成27年度個別試験[国語]が測定している資質・能力は、何か(共著)¸日本テスト学期第15回発表論文抄録集¸126頁-129頁¸2017年08月
3 鈴木慶子:個の学習成果をどう把握するか(2) 全米学力調査Arts2008を手掛かりにして考える「書道」の評価-¸全九州書写書道教育研究¸1巻1号¸2017年03月
4 鈴木慶子:語彙漢字書写指導の可能性¸国語教室研究 番¸1巻1号00頁¸2017年03月
5 鈴木慶子:個の学習成果をどう把握するか(1)¸長崎大学教育学部紀要 ¸3号203頁-213頁¸2017年03月
6 小野瀬雅人、鈴木慶子、千々岩弘一:大学生における筆記具の持ち方とその捉え方に関する研究(共著)¸日本応用教育心理学会研究集録¸¸2015年12月
7 鈴木慶子:文字を手書きさせる教育 -「書写」に何ができるのか-¸東信堂¸2015年08月
8 鈴木慶子:「コピペ」という言語使用¸月刊国語教育研究¸510号3頁-¸2014年10月
9 鈴木慶子:子どもの暗唱させたい!名文・名句〈割り算九九〉¸『授業力&学級統率力』¸55号3頁-¸2014年10月
10 鈴木慶子:未来を見据えた〝学習スタイル〟にイノベーション(3)〈デジペンシステムの活用〉 (共著)¸『授業力&学級統率力』¸51号116頁-119頁¸2014年06月
研究活動その他 2007年04月~継続中¸規範的手書き文字による教科書教材データベース
2008年10月¸座談会 書を楽しむ脳
2010年04月¸書育教材集
2010年04月¸書育教材集 教師用指導書
2010年04月¸書育サンプル授業DVD
2009年10月¸小学書写DVD 『これからの書写指導に向けて -日常生活に生かす授業の実践-』
2010年03月¸DVD教育実習の記録 平成21年度 小学校編
2009年03月¸DVD日常の書写力を高めるための書写指導のあり方 (1-2年複式学年別指導)
2009年03月¸DVD日常の書写力を高めるための書写指導のあり方 (3-4年複式合同指導)
2011年09月¸百人一首カレンダーを作ろう
2015年06月¸第3回新県美展 書系 審査評
2016年12月¸第1回 私の「夢・憧れ・志」作文コンクール 審査講評
2016年07月¸わが県の国語ソムリエ 長崎県
2017年03月¸<番>に寄せて
2017年03月¸大学入学者選抜改革推進事業人文社会分野「国語科」平成28年度活動報告 チームA(南グループ)の報告
2017年03月¸大学入学者選抜改革推進事業人文社会分野「国語科」平成28年度活動報告 海外調査報告
2018年03月¸大学入学者選抜改革推進事業人文社会分野「国語科」平成29年度活動報告 チームA(南グループ)の報告
2017年12月¸第2回 私の「夢・憧れ・志」作文コンクール 審査講評
2018年03月¸<番>に寄せて(2)
主な特許など
学会発表等の状況
1 小学校1年生児童の筆記具の持ち方に関する日独比較研究 日本応用教育心理学会第32回研究大会 2017年12月
2 平成27年度個別試験[国語]が測定している資質・能力は、何か(シンポジスト) 日本テスト学会第15回大会 2017年08月
3 小学校(高学年)語彙力(招待講演) 第80回国語教育全国大会 2017年08月
4 大学性における筆記具の持ち方とその捉え方に関する研究 日本応用教育心理学会第30回研究大会 2015年12月
5 書くことは、ゆっくり読むことだ -視写、書写、作文の連携-(招待講演) 平成27年度長崎県中学校国語教育研究大会 2015年11月
6 小学校(高学年)言語文化等の指導(招待講演) 第78回国語教育全国大会 2015年08月
7 小学校(高学年)言語文化等の指導(招待講演) 第79回国語教育全国大会 2015年08月
8 中学校国語科書写指導のあり方-まずは、手書き離れの防止を-(招待講演) 平成27年度中学校国語教育講演会 2015年07月
9 『啓蒙手習之文』を中心とする明治初年の習字関係教科書群に関する考察 全国大学書写書道教育学会 第27回大会 2011年10月
10 言語活動の充実をめざした中学校国語科書写単元の開発(1) 全国大学書写書道教育学会 第26回大会 2011年09月
教育情報
2016年度~継続中 文字と社会 (2年前期(3セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2013年度~2014年度 日本語と表現 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2012年度~2015年度 文字とことば (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2011年度~継続中 教職実践演習 (4年前期(7セメスター)¸週1コマ¸担当割合80.00%)
2010年度~継続中 専門ゼミナール (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合80.00%)
2010年度~継続中 ゼミナールⅡ (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~継続中 書字論 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~継続中 小学校書写(副免) (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~2013年度 書写書道演習 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~2011年度 文化資料活用実践演習 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合0.07%)
その他(自己PR)  「手書き」に関して、知見を広めたいと考えています。民間企業の方、教育現場の方、研究者の方、お声をかけてみてください。