研究者詳細情報
氏 名 永山 雄二 ふりがな ながやま ゆうじ
英文名 NAGAYAMA, Yuji 生年月 1957-08
所 属 原爆後障害医療研究所 細胞機能解析部門
TEL 095-819-7173 FAX 095-819-7175
職 名 教授 学位・資格 医学博士(1989年03月)
医師(1983年05月)
E-mail
Homepage http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/genetech/genkenbunshi/index.htm
学歴 1983年03月 長崎大学医学部医学科卒業
1989年03月 長崎大学医学研究科内分泌学博士課程修了
職歴 2004年01月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 放射線医療科学専攻 教授
専門分野 内分泌学(内分泌学)
加入学会 日本内分泌学会(評議委員)、日本甲状腺学会(評議員)、米国甲状腺学会、放射線影響学会、米国内分泌学会
受賞歴 第40回日本甲状腺学会七条賞(1997年11月)
第23回日本内分泌学会研究奨励賞(2003年05月)
第2回日本甲状腺学会基礎医学研究奨励賞(2005年11月)
日本甲状腺学会コスミック研究創成賞(2009年11月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
甲状腺刺激ホルモン受容体の研究
自己免疫性甲状腺疾患マウスモデルの研究
甲状腺がんと微小環境
甲状腺がんマウスモデルの研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Schwarz-Lauer LL, Chazenbalk GD, MacLachlan SM, Ochi Y, Nagayama Y, Rapoport B.:Evidence for a simplified view of autoantibody interactions with the TSH receptor. (共著)¸Thyroid¸12巻2号115頁-120頁¸2002年02月
2 Nagayama Y:The Thyroid stimulating hormone receptor (In) Thyroid Eye Disease: Diagnosis and Treatment.¸Marcel Dekker, Inc¸2002年01月
3 永山雄二:甲状腺癌の遺伝子治療.よくわかる甲状腺疾患のすべて¸永井書店¸2003年10月
4 Nagayama Y, Kita-Furuyama M, Nakao K, Ando T, Mizuguchi H, Hayakawa T, Eguchi K, Niwa M.:A novel murine model of Graves' hyperthyroidism with intramuscular injection of adenovirus expressing thyrotropin receptor (共著)¸Journal of Immunology¸168巻6号2789頁-2794頁¸2002年06月
5 Nagayama Y:TSH receptor (thyrotropin receptor) (In) The Encyclopedia of Endocrine Diseases¸Academic Press¸2004年01月
6 Kakinuma A, Nagayama Y.:Multiple messenger ribonucleic acid transcripts and revised gene organization of human TSH receptor (共著)¸Endocrine Journal¸9巻5号473頁-480頁¸2002年05月
7 Nagayama Y:Gene Therapy for thyroid cancer. (In) Molecular Basis of Thyroid Cancer¸Kluwar Academic Pub¸2004年06月
8 Kuroda H, Ohtsuru A, Futakuchi M, Kawashita Y, Nagayama Y, Fukuda E, Namba H, Shirai T, Kanematsu T, Yamashita S.:Distinctive gene expression of receptor-type tyrosine kinase families during rat hepatocarcinogenesis. (共著)¸International Journal of Molecular Medicine¸9巻5号473頁-480頁¸2002年05月
9 永山雄二:バセドウ病動物モデルの開発と展開. 最新医学「新しい診断と治療のABC(25)」¸最新医学社¸2004年12月
10 Kawamata Y, Nagayama Y, Nakao K, Mizuguchi H, Hayakawa T, Ishii N.:Receptor-independent augmentation of adenovirus-mediated gene transfer with chitosan in vitro. (共著)¸Biomaterials¸23巻23号4573頁-4579頁¸2002年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Mouse Models of Sporadic Thyroid Cancer with Lung Metastasis Derived from BRAF-V600E Alone or in Combination with PTEN Loss  87th annual meeting of American thyroid association. 2017年10月
2 Thyroid cancer in Nagasaki/Hiroshima, Chernobyl and Fukushima.(招待講演) The 2nd summit Italy-Japan 2017年03月
3 Thyroid cancer stem cells do not exist(招待講演) 86th annual meeting of American thyroid association.  2016年09月
4 Comparison of Radiation Disaster Between Nagasaki, Chernobyl and Fukushima.(特別講演) NASHIM symposium 2016年01月
5 Animal models of Graves' diseases. (招待講演) The 15th International Thyroid Congress 2015年10月
6 バセドウ病・バセドウ病眼症のマウスモデル(招待講演) 第57回日本甲状腺学会 2014年11月
7 Animal models of Graves' diseases(招待講演) Centennial of Hashimoto Disease 2012年12月
8 Adoptive transfer of anti-thyrotropin receptor (TSHR) autoimmunity from TSHR knockout mice to athymic nude mice. (ポスター) The 81th American Thyroid Association  2011年10月
9 Animal models of Graves' diseases.(招待講演) International Thyroid Congress 2010年09月
10 Human versus Mouse Thyrotropin Receptor as an Autoantigen in a Mouse Model of Graves’ Hyperthyroidism. (招待講演) International Society of Endocrinology 2010年03月
教育情報
2009年度~2012年度 分子病態系 (3年前期(5セメスター))
2005年度~2012年度 内臓機能・体液系 (3年後期(6セメスター)¸週2コマ¸担当割合2.56%)
2012年度~2015年度 人間生物学 (1年前期(1セメスター)¸週2コマ)
2005年度~2015年度 細胞生物学 (1年前期(1セメスター)¸週3コマ¸担当割合21.43%)
2005年度~継続中 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター)¸週20コマ¸担当割合100.00%)
2005年度~継続中 分子遺伝系 (2年前期(3セメスター)¸担当割合4.44%)
2013年度~継続中 基礎TBL (1年後期(2セメスター))
2016年度~継続中 医科生物学入門 (1年前期(1セメスター))
その他(自己PR)