研究者詳細情報
氏 名 佛坂 斉祉 ふりがな ほとけざか ひとし
英文名 HOTOKEZAKA Hitoshi 生年月 1961-10
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7669 FAX 095-819-7670
職 名 准教授 学位・資格 歯学博士(1994年09月)
歯科医師(1986年05月)
E-mail
Homepage http://ortho.dh.nagasaki-u.ac.jp/staff/index.html
学歴 1986年00月 長崎大学大学院博士課程修了
1986年00月 長崎大学歯学部歯学科その他
職歴 1986年06月~1987年03月 長崎大学 歯学部附属病院 職員(医療系)
1987年04月~1992年03月 長崎大学 歯学部附属病院 助手
1992年04月~2004年03月 長崎大学 歯学部 助手
1997年10月~2000年04月 メモリアル・スローン・ケタリング・キャンサー・センター 研究員
2004年12月~2014年07月 長崎大学 歯学部 講師
2014年08月~2019年07月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 准教授
専門分野 矯正・小児系歯学、形態系基礎歯科学(形態系基礎歯学)
加入学会 日本矯正歯科学会、九州矯正歯科学会、World Federation of Orthodontists、日本骨代謝学会、歯科基礎医学会、日本細菌学会、日本顎関節学会、日本口蓋裂学会、日本顎変形症学会
受賞歴 学術大会優秀発表賞(2009年11月)
優秀発表賞(2010年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
矯正力による歯の移動と歯根吸収
破骨細胞分化の細胞融合因子の探索
これまでの研究テーマ 病的歯根吸収と破歯細胞のシグナル伝達
ストレスタンパク質の歯周病及び病的歯根吸収に及ぼす影響
主な著書・論文・作品等
1 Kondo T, Hotokezaka H, Hamanaka R, Hashimoto M, Nakano-Tajima T, Arita K, Kurohama T, Ino A, Tominaga JY, Yoshida N.:Types of tooth movement, bodily or tipping, do not affect the displacement of the tooth's center of resistance but do affect the alveolar bone resorption.(共著)¸Angle Orthodontist¸doi: 10.2319/110416-794.1.巻¸2017年02月
2 Kurohama T, Hotokezaka H, Hashimoto M, Tajima T, Arita K, Kondo T, Ino A, Yoshida N.:Increasing the amount of corticotomy does not affect orthodontic tooth movement or root resorption, but accelerates alveolar bone resorption in rats(共著)¸European Journal of Orthodontics¸DOI: 10.1093/ejo/cjw038巻¸2016年05月
3 Arita K, Hotokezaka H, Hashimoto M, Nakano-Tajima T, Kurohama T, Kondo T, Darendeliler MA, Yoshida N.:Effects of diabetes on tooth movement and root resorption after orthodontic force application in rats(共著)¸Orthodontics and Craniofacial Research¸19巻2号83頁-92頁¸2016年02月
4 クインテッセンス出版株式会社:埋伏歯 Impacted teeth その矯正歯科治療と外科処置(共訳)¸クインテッセンス出版株式会社¸2015年02月
5 Takako Nakano; Hitoshi Hotokezaka; Megumi Hashimoto; Irin Sirisoontorn; Kotaro Arita; Takeshi Kurohama; M. Ali Darendeliler; Noriaki Yoshida:Effects of different types of tooth movement and force magnitudes on the amount of tooth movement and root resorption in rats(共著)¸Angle Orthodontist¸¸2014年04月
6 Hashimoto M, Hotokezaka H, Sirisoontorn I, Nakano T, Arita K, Tanaka M, Yoshida N:The effect of bone morphometric changes on orthodontic tooth movement in an osteoporotic animal model(共著)¸Angle Orthodontist¸83巻5号766頁-773頁¸2013年09月
7 Saito K, Jang I, Kubota K, Hoshino T, Hotokezaka H, Yoshida N, Fujiwara T:Removable orthodontic appliance with nickel-titanium spring to reposition the upper incisors in an autistic patient(共著)¸Special Care in Dentistry¸33巻1号35頁-39頁¸2013年01月
8 Park JH, Tai K, Hotokezaka H, Yanagi Y, Ikeda K:Park JH, Tai K, Hotokezaka H, Yanagi Y, Ikeda K: Class III occlusion with missing maxillary first molars and facial asymmetry treated with intraoral vertical ramus osteotomy: 7-year follow-up(共著)¸Orthodontics ¸13巻1号110頁-121頁¸2012年12月
9 Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Hashimoto M, Gonzales C, Luppanapornlarp S, Darendeliler MA, Yoshida N:Orthodontic tooth movement and root resorption in ovariectomized rats treated by systemic administration of zoledronic acid(共著)¸American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics¸141巻5号563頁-573頁¸2012年05月
10 田井規能、谷尻豊寿、佛坂斉祉:被爆のないMRIの矯正歯科への応用-矯正歯科分野におけるマルチモダリティの可能性-(共著)¸ザ・クインテッセンス¸30巻12号143頁-149頁¸2011年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 歯根吸収の基礎と臨床-機序、危険因子予防-」力の大きさと歯の移動動態が歯根吸収に及ぼす影響(シンポジスト) 第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月
2 A new medicine for osteoporosis, zoledronic acid, restores orthodontic tooth movement and orthodontically induced root resorption in the osteoporotic animal to a healthy level(ポスター) 88th Congress of the European Orthodontic Society 2012年06月
3 Orthodontic tooth movement and root resorption in ovariectomized rats treated by systemic administration of zoledronic acid(ポスター) 112th Annual Session of the Society for American Association of Orthodontists 2012年05月
4 Effect of zoledonic acid by systemic administration on orthodontically induced root resorption in ovariectomized rats(ポスター) The 4th International Congress & The 70th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2011年10月
5 コルチコトミーの歯の移動への影響-ラットを用いた実験-(ポスター) 第70回日本矯正歯科学会大会 2011年10月
6 ラット実験モデルにおける歯体移動と傾斜移動の比較 第70回日本矯正歯科学会大会 2011年10月
7 THE EFFECT OF OVAIECTOMY ON TOOTH MOVEMENT AFTER ORTHODONTIC FORCE APPLICATION IN RATS: EVALUATION USING THREE-DIMENSIONAL IMAGES(ポスター) 87th Congress of the European Orthodontic Society 2011年06月
8 The Effect of Ovalectomy on Tooth Movement after Orthodontic Force Application In Rats: Evaluation using Three-Dimensional Images.(ポスター) 87th Congress of the European Orthodontic Society 2011年06月
9 ラット実験モデルにおける歯体移動と傾斜移動の比較(招待講演) 第70回日本矯正歯科学会大会 2011年02月
10 卵巣摘出後の歯の移動への影響(閉経後患者の矯正治療のラットモデル実験)(ポスター) 第6回九州矯正歯科学会 2011年02月
教育情報
2018年度~継続中 全学モジュール-口腔健康管理と審美-ライフステージに合わせた口腔健康管理 (2年前期(3セメスター)¸週5コマ¸担当割合33.00%)
2015年度~継続中 医療生命科学トピックス (DC1年後期(DC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合7.00%)
2005年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅲ (DC3年通年(DC5、6セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2005年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅳ (DC4年通年(DC7、8セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2005年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅰ (DC1年通年(DC1、2セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2005年度~2012年度 口の健康・体の健康 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合7.00%)
2004年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅱ (DC2年通年(DC3、4セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2004年度~継続中 学内早期体験実習 (1年前期(1セメスター)¸週4コマ¸担当割合20.00%)
2002年度~継続中 臨床実習 (5年後期(10セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2002年度~継続中 臨床実習 (6年前期(11セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
その他(自己PR)