研究者詳細情報
氏 名 佛坂 斉祉 ふりがな ほとけざか ひとし
英文名 HOTOKEZAKA Hitoshi 生年月 1961-10
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7669 FAX 095-819-7670
職 名 准教授 学位・資格 歯学博士(1994年09月)
歯科医師(1986年05月)
E-mail
Homepage http://ortho.dh.nagasaki-u.ac.jp/staff/index.html
学歴 1986年00月 長崎大学大学院博士課程修了
1986年00月 長崎大学歯学部歯学科その他
職歴 1986年06月~1987年03月 長崎大学 歯学部附属病院 職員(医療系)
1987年04月~1992年03月 長崎大学 歯学部附属病院 助手
1992年04月~2004年03月 長崎大学 歯学部 助手
1997年10月~2000年04月 メモリアル・スローン・ケタリング・キャンサー・センター 研究員
2004年12月~2014年07月 長崎大学 歯学部 講師
2014年08月~2019年07月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 准教授
専門分野 矯正・小児系歯学、形態系基礎歯科学(形態系基礎歯学)
加入学会 日本矯正歯科学会、九州矯正歯科学会(評議員)、World Federation of Orthodontists、日本骨代謝学会、歯科基礎医学会、日本細菌学会、日本顎関節学会、日本口蓋裂学会、日本顎変形症学会
受賞歴 学術大会優秀発表賞(2009年11月)
優秀発表賞(2010年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
矯正力による歯の移動と歯根吸収
破骨細胞分化の細胞融合因子の探索
矯正歯科治療における歯の移動と歯根吸収
これまでの研究テーマ 病的歯根吸収と破歯細胞のシグナル伝達
ストレスタンパク質の歯周病及び病的歯根吸収に及ぼす影響
主な著書・論文・作品等
1 Kondo T, Hotokezaka H, Hamanaka R, Hashimoto M, Nakano-Tajima T, Arita K, Kurohama T, Ino A, Tominaga JY, Yoshida N.:Types of tooth movement, bodily or tipping, do not affect the displacement of the tooth's center of resistance but do affect the alveolar bone resorption.(共著)¸Angle Orthodontist¸doi: 10.2319/110416-794.1.巻¸2017年02月
2 Kurohama T, Hotokezaka H, Hashimoto M, Tajima T, Arita K, Kondo T, Ino A, Yoshida N.:Increasing the amount of corticotomy does not affect orthodontic tooth movement or root resorption, but accelerates alveolar bone resorption in rats(共著)¸European Journal of Orthodontics¸DOI: 10.1093/ejo/cjw038巻¸2016年05月
3 Arita K, Hotokezaka H, Hashimoto M, Nakano-Tajima T, Kurohama T, Kondo T, Darendeliler MA, Yoshida N.:Effects of diabetes on tooth movement and root resorption after orthodontic force application in rats(共著)¸Orthodontics and Craniofacial Research¸19巻2号83頁-92頁¸2016年02月
4 クインテッセンス出版株式会社:埋伏歯 Impacted teeth その矯正歯科治療と外科処置(共訳)¸クインテッセンス出版株式会社¸2015年02月
5 Takako Nakano; Hitoshi Hotokezaka; Megumi Hashimoto; Irin Sirisoontorn; Kotaro Arita; Takeshi Kurohama; M. Ali Darendeliler; Noriaki Yoshida:Effects of different types of tooth movement and force magnitudes on the amount of tooth movement and root resorption in rats(共著)¸Angle Orthodontist¸¸2014年04月
6 Hashimoto M, Hotokezaka H, Sirisoontorn I, Nakano T, Arita K, Tanaka M, Yoshida N:The effect of bone morphometric changes on orthodontic tooth movement in an osteoporotic animal model(共著)¸Angle Orthodontist¸83巻5号766頁-773頁¸2013年09月
7 Saito K, Jang I, Kubota K, Hoshino T, Hotokezaka H, Yoshida N, Fujiwara T:Removable orthodontic appliance with nickel-titanium spring to reposition the upper incisors in an autistic patient(共著)¸Special Care in Dentistry¸33巻1号35頁-39頁¸2013年01月
8 Park JH, Tai K, Hotokezaka H, Yanagi Y, Ikeda K:Park JH, Tai K, Hotokezaka H, Yanagi Y, Ikeda K: Class III occlusion with missing maxillary first molars and facial asymmetry treated with intraoral vertical ramus osteotomy: 7-year follow-up(共著)¸Orthodontics ¸13巻1号110頁-121頁¸2012年12月
9 Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Hashimoto M, Gonzales C, Luppanapornlarp S, Darendeliler MA, Yoshida N:Orthodontic tooth movement and root resorption in ovariectomized rats treated by systemic administration of zoledronic acid(共著)¸American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics¸141巻5号563頁-573頁¸2012年05月
10 田井規能、谷尻豊寿、佛坂斉祉:被爆のないMRIの矯正歯科への応用-矯正歯科分野におけるマルチモダリティの可能性-(共著)¸ザ・クインテッセンス¸30巻12号143頁-149頁¸2011年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 TYPES OF TOOTH MOVEMENT DO NOT AFFECT DISPLACEMENT OF THE CENTRE OF RESISTANCE BUT DO ALVEOLAR BONE RESORPTION IN A RAT MODEL(ポスター) 93rd Congress of the European Orthodontic Society 2017年06月
2 A case of extremely low birth weight infant with cleft lip and palate (2nd report)(ポスター) 10th World Cleft Lip and Palate Congress 2016年10月
3 Increasing amount of corticision did not affect orthodontic tooth movement or root resorption, but accelerated alveolar bone resorption in rats(ポスター) the 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2016年06月
4 CORTICISION INCREASED ALVEOLAR BONE RESORPTION IN PROPORTION TO THE AMOUNT OF CUT VOLUME, BUT DID NOT AFFECT ANY EFFECT ON ORTHODONTIC TOOTH MOVEMENT(ポスター) 92nd EOS Congress 2016年06月
5 Investigation of classⅢ orthodontic treatment at Nagasaki University Hospital in 2014 - surgery or orthodontics(ポスター) the 92nd European Orthodontic Society Congress 2016年06月
6 歯根吸収の基礎と臨床-機序、危険因子予防-」力の大きさと歯の移動動態が歯根吸収に及ぼす影響(シンポジスト) 第72回日本矯正歯科学会大会 2013年10月
7 The velocity of orthodontic tooth movement is correlated with the bone morphometric measurements(ポスター) 89th congress of the european orthodontic society 2013年06月
8 A new medicine for osteoporosis, zoledronic acid, restores orthodontic tooth movement and orthodontically induced root resorption in the osteoporotic animal to a healthy level(ポスター) 88th Congress of the European Orthodontic Society 2012年06月
9 Orthodontic tooth movement and root resorption in ovariectomized rats treated by systemic administration of zoledronic acid(ポスター) 112th Annual Session of the Society for American Association of Orthodontists 2012年05月
10 Effect of zoledonic acid by systemic administration on orthodontically induced root resorption in ovariectomized rats(ポスター) The 4th International Congress & The 70th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2011年10月
教育情報
2018年度~継続中 全学モジュール-口腔健康管理と審美-ライフステージに合わせた口腔健康管理 (2年前期(3セメスター)¸週5コマ¸担当割合33.00%)
2015年度~継続中 医療生命科学トピックス (DC1年後期(DC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合7.00%)
2005年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅲ (DC3年通年(DC5、6セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2005年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅳ (DC4年通年(DC7、8セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2005年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅰ (DC1年通年(DC1、2セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2005年度~2012年度 口の健康・体の健康 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合7.00%)
2004年度~継続中 歯科矯正学演習Ⅱ (DC2年通年(DC3、4セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2004年度~継続中 学内早期体験実習 (1年前期(1セメスター)¸週4コマ¸担当割合20.00%)
2002年度~継続中 臨床実習 (5年後期(10セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2002年度~継続中 臨床実習 (6年前期(11セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
その他(自己PR)