研究者詳細情報
氏 名 中尾 一彦 ふりがな なかお かずひこ
英文名 NAKAO Kazuhiko 生年月 1959-02
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7481 FAX 095-819-7482
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(1991年11月)
医師
E-mail
Homepage http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/gastro/index.html
学歴 1983年00月 長崎大学医学部卒業
職歴 2009年03月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 教授
専門分野 消化器内科学(消化器内科学)
加入学会 日本内科学会(評議員)、日本消化器病学会(財団評議員)、日本肝臓学会(評議員)、日本消化器内視鏡学会(社団評議員)、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 消化器疾患の診断と治療
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ 肝癌新規治療法の開発、消化管上皮の再生に関する研究
現在実施している
研究テーマ
肝細胞におけるインターフェロンシグナル伝達の解析
肝癌に対する新規治療法の開発
肝細胞アポトーシス機構の研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Fukuda D, Akazawa Y, Takeshima F, Nakao K, Fukuda Y:Safety and efficacy of Vonoprazan-based triple therapy against Helicobacter pylori infection: A single-center experience with 1118 patients.(共著)¸Therap Adv Gastroenterol¸9巻5号747頁-748頁¸2016年09月
2 Kanetaka K, Minami H, Kuroki T, Nakao K, Eguchi S:Successful resection of large esophageal leiomyoma via a combined thoracoscopic-endoscopic submucosal tunneling method.(共著)¸Gastrointest Endosc¸83巻5号457頁-467頁¸2016年05月
3 Akazawa Y, Nakao K.:Lipotoxicity pathways intersect in hepatocytes: Endoplasmic reticulum stress, c-Jun N-terminal kinase-1, and death receptors.¸Hepatol Res. ¸10巻46号977頁-984頁¸2016年04月
4 Nakao K, Miyaaki H, Ichikawa T.:Antitumor function of microRNA-122 against hepatocellular carcinoma.¸J Gastroenterol¸49巻4号589頁-593頁¸2014年02月
5 Miyaaki H, Ichikawa T, Kamo Y, Taura N, Honda T, Shibata H, Milazzo M, Fornari F, Gramantieri L, Bolondi L, Nakao K.:Significance of serum and hepatic microRNA-122 levels in patients with non-alcoholic fatty liver disease.¸Liver Int.¸7巻34号302頁-307頁¸2014年01月
6 Akiyama M, Ichikawa T, Miyaaki H, Motoyoshi Y, Takeshita S, Ozawa E, Miuma S, Shibata H, Taura N, Nakao K:Relationship between Regulatory T Cells and the Combination of Pegylated Interferon and Ribavirin for the Treatment of Chronic Hepatitis Type C(共著)¸Intervirology¸53巻3号154頁-160頁¸2010年01月
7 Miyaaki H, Zhou H, Ichikawa T, Nakao K, Shibata H, Takeshita S, Akiyama M, Ozawa E, Miuma S, Eguchi K:Study of liver-targeted regulatory T cells in hepatitis B and C virus in chronically infected patients. (共著)¸Liver Int ¸29巻5号702頁-707頁¸2009年05月
8 Kusaba M, Nakao K, Goto T, Nishimura D, Kawashimo H, Shibata H, Motoyoshi Y, Taura N, Ichikawa T, Hamasaki K, Eguchi K:Abrogation of constitutive STAT3 activity sensitizes human hepatoma cells to TRAIL-mediated apoptosis(共著)¸ J Hepatol¸47巻546頁-555頁¸2007年04月
9 Ishikawa H, Nakao K, Matsumoto K, Nishimura D, Ichikawa T, Hamasaki K, Eguchi K:Bone marrow engraftment in a rodent model of chemical carcinogenesis but no role in the histogenesis of hepatocellular carcinoma.(共著)¸ Gut¸53巻884頁-889頁¸2004年04月
10 Nakao K, Nakata K, Yamashita M, Tamada Y, Hamasaki K, Ishikawa H, Kato Y, Eguchi K, Ishii N:p48 (ISGF-32) is involved in interferon-α-induced suppression of hepatitis B virus enhancer-1 activity(共著)¸The Journal of Biological chemistry¸274巻28075頁-28078頁¸1999年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 早期胃癌に対するESD治療後の長期経過の検討(シンポジスト) 日本消化器内視鏡学会 2010年10月
2 慢性肝疾患診療の今日(招待講演) 日本医療薬学会年会 2009年10月
教育情報
2009年度~継続中 消化器系 (4年前期(7セメスター))
2008年度~継続中 内科総括講義 (5年前期(9セメスター))
2007年度~継続中 医学ゼミ (4年後期(8セメスター))
2005年度~継続中 腫瘍系 (3年前期(5セメスター))
その他(自己PR) 消化器がんの早期診断、新規治療、発がん阻止に向けた研究に取り組んでいます。肝炎、肝がん、消化管がん内視鏡治療、炎症性腸疾患を対象に長崎大学消化器内科教室の関連医療機関(18施設)との多施設共同臨床研究を実施し、成果を上げています。