研究者詳細情報
氏 名 藤木 卓 ふりがな ふじき たかし
英文名 FUJIKI Takashi 生年月
所 属 学長・理事 
TEL 095-819-2363 FAX 095-819-2363
職 名 理事 学位・資格 教育学修士(1986年03月)
博士(工学)(2005年03月)
高等学校教諭1種免許(1978年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1978年03月 長崎大学教育学部中学校教員養成課程卒業
2005年03月 東京工業大学社会理工学研究科人間行動システム博士課程修了
職歴 2007年04月~2011年03月 長崎大学 教育学部 生活健康 教育学部附属教育実践総合センター長(兼務)
2013年04月~2014年03月 長崎大学 教育学部 生活健康 副学部長(附属学校担当)(兼務)
2014年04月~2016年03月 長崎大学 教育学部 教育学部長(兼務)
2016年04月~2017年09月 長崎大学 教育学部 教育学部長,教育学研究科長(兼務)
2017年10月~継続中 長崎大学 学長・理事 理事
2017年10月~継続中 長崎大学 教育学部 教授(兼務)
2017年10月~継続中 長崎大学 教育学研究科 教授(兼務)
専門分野 教育工学、教科教育学(教科教育学)
加入学会 日本科学教育学会、日本科学教育学会、教育システム情報学会、日本産業技術教育学会九州支部、日本教育工学会、電子情報通信学会、日本産業技術教育学会(副会長)
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
超高速インターネットを利用した次世代国際共同研究に関する研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
没入型平和学習のための多言語コンテンツの開発と共感性による評価
これまでの研究テーマ 逆拡張現実感を用いた体験し伝え共有する活動を組織する平和学習に関する総合的研究
簡易型3D立体視による双方向遠隔対話環境の構築と教育的活用場面の検討
中学生の技術に関わるガバナンス能力の調査とそれに基づいたカリキュラムの開発・検証
指導能力認定試験制度に基づく技術科教員免許更新支援システムの構築と検証
原爆への科学技術的認識を育てるVR教材の開発と遠隔授業実践
遠隔国際交流の促進を図る提示教材の効果的多言語表示法の開発と伝送画質の評価
遠隔授業におけるバーチャル時空間GISの有用性の検討
遠隔国際交流の促進を図る提示教材の効果的多言語表示法の開発と伝送画質の評価
日韓研究用ネットワークを利用した遠隔交流/学習に関する研究
主な著書・論文・作品等
1 倉田伸,藤木卓,室田真男:携帯型モバイル端末によるビデオプレゼンテーション相互評価支援システムの開発(共著)¸日本教育工学会論文誌¸41巻Suppl.号201頁-204頁¸2018年02月
2 藤木卓:技術分野の目標のポイントと解説¸新学習指導要領の展開 技術・家庭技術分野編,明治図書¸2017年11月
3 藤木卓:育成する資質・能力と技術の見方・考え方¸新学習指導要領の展開 技術・家庭技術分野編,明治図書¸2017年11月
4 藤木卓:改訂への期待¸中等教育資料平成29年10月号¸2017年10月
5 藤木卓:特集 新学習指導要領における指導と評価(3) 中学校技術¸指導と評価,Vol.63-9,日本図書文化協会¸2017年09月
6 藤木卓:技術の見方・考え方を捉える!¸KGKジャーナル,Vol.52-2,開隆堂¸2017年08月
7 藤木卓,藤本登,武藤浩二,木村彰孝:教職大学院における技術科教育分野での教科指導の試行(共著)¸長崎大学教育学部教育実践総合センター紀要¸16号99頁-111頁¸2017年03月
8 織田芳人,藤木卓,倉田伸,瀬戸崎典夫:平和学習で利用されるメッセージ・カードのデザイン -平和メッセージ記述におけるハト形カードの有効性-(共著)¸日本基礎造形学会論文集2016¸¸2017年03月
9 藤本登,藤木卓,上野耕史:技術ガバナンスから見た原子力に対する中学生の意識調査(共著)¸エネルギー環境教育研究¸11巻1号53頁-58頁¸2017年01月
10 小清水貴子,藤木卓,室田真男:ICT活用推進リーダーを対象にした集合研修の改善と評価(共著)¸日本教育工学会論文誌¸40巻2号¸2016年10月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2013年度 技術科教育演習I (MC1年後期(MC2セメスター))
2013年度 技術科教育論a (2年後期(4セメスター))
2013年度 ゼミナールII(初等:ICT実践専攻) (3年後期(6セメスター))
2013年度 工業科教材論 (4年後期(8セメスター))
2013年度 専門ゼミナール(技術) (1年後期(2セメスター))
2013年度 教職実践演習 (4年後期(8セメスター))
2013年度 技術科教育研究(事後指導) (3年後期(6セメスター))
2013年度 専門ゼミナール(ICT実践専攻) (1年後期(2セメスター))
2013年度 ICT活用実践II (MC1年後期(MC2セメスター))
2013年度 ゼミナールII(技術) (3年後期(6セメスター))
その他(自己PR)