研究者詳細情報
氏 名 江石 清行 ふりがな えいし きよゆき
英文名 EISHI Kiyoyuki 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 医学博士(1988年11月)
E-mail
Homepage
学歴 1982年03月 千葉大学医学部その他
職歴
専門分野
加入学会 日本胸部外科学会(評議員)、日本循環器学会(評議員)、日本外科学会(指導医)、日本心臓血管外科学会、日本臨牀外科学会、日本冠動脈外科学会(評議員)、日本人工臓器学会、日本心臓病学会
受賞歴
各種審議会・委員会等 長崎県急性心筋梗塞検討委員会(委員)
長崎県特定疾患対策協議会(委員)
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
僧帽弁形成術に関する研究
顕微鏡下冠動脈バイパス術
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 僧帽弁逸脱患者に対する人工腱索再建術の遠隔成績¸ ¸6/,594-598巻¸1997年00月
2 Long-Term results of artificial chordae implantation in patients with mitral value prolapse.¸J Heart Value Disease¸6/,594-598巻¸1997年00月
3 ステロイド療法下の生体弁の石灰化に関する研究¸J Heart Value Disease¸5/,668-672巻¸1996年00月
4 脳病変を伴った感染症心内膜炎の外科治療-日本多施設調査-¸ ¸110/,1745-1755巻¸1995年00月
5 Surgical Management of infective endocarditis arsociated with cerebral complications Multi-center retrospective study in Japan¸J Thorac Caediovascular Surgesy¸110/,1745-1755巻¸1995年00月
6 Miura T, Eishi K:Current treatment of active infective endocarditis with brain comlications(共著)¸Gen Thorac Cardiovasc Surg¸61巻551頁-559頁¸2013年04月
7 中路 俊、橋詰浩二、有吉毅子男、久田洋一、谷川和好、三浦 崇、松隈誠司、住 瑞木、中山敏幸、江石清行:稀な腎細胞癌肺転移巣左房内進展の1例(共著)¸日本心臓血管外科学会雑誌¸42巻2号145頁-147頁¸2013年03月
8 Taniguchi S, Hashizume K, Ariyoshi T, Hisata Y, Tanigawa K, Miura T, Odate T, Matsukuma S, Nakaji S, Eishi K:Twelve years of experience with the ATS mechanical heart valve prostheses(共著)¸Gen Thorac Cardiovasc Surg¸60巻9号561頁-568頁¸2012年09月
9 Kawano H, Hayashi T, Minami T, Koide Y, Eishi K, Maemura K:Cleft-like formation of the aortic valve in an adult patient with a single coronary artery(共著)¸Internal Medicine¸51巻17号2341頁-2345頁¸2012年09月
10 Minami T, Kawano H, Yamachika S, Tsuneto A, Kaneko M,Kawano Y, Minami S, Eishi K, Maemura K:Comparison of the diagnostic power of transthoracic and transesophageal echocrdiography to detect ruptured chorda tedineae(共著)¸International Heart Journal¸53巻4号225頁-229頁¸2012年06月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 僧帽弁形成術 日本心臓血管外科学会第1回サマーセミナー 2010年09月
2 高齢者弁膜症手術の成績と問題点(パネラー) 第110回日本外科学会 2010年04月
3 僧帽弁両弁尖逸脱症(その他) 日本循環器学会 2010年03月
教育情報
2012年度 医学ゼミ (1年前期(1セメスター)¸週1コマ)
2011年度~2012年度 生命の科学 (  ¸週1コマ)
2009年度 卒前集中講義 (6年前期(11セメスター)¸週1コマ)
2000年度~継続中 外科治療学 (4年後期(8セメスター)¸週1コマ)
2000年度~継続中 外科学各論 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週2コマ)
2000年度~継続中 心臓血管外科学 (5年前期(9セメスター)¸週2コマ)
2000年度~2009年度 健康科学 (  )
1999年度~継続中 循環器系 (3年後期(6セメスター)¸週3コマ)
その他(自己PR)