研究者詳細情報
氏 名 宮原 春美 ふりがな みやはら はるみ
英文名 MIYAHARA Harumi 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7954 FAX 095-819-7954
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(2008年09月)
教育学修士(1998年03月)
看護婦・看護士(0976年06月)
助産婦(1976年05月)
E-mail
Homepage
学歴 1998年00月 創価大学教育学部教育学科卒業
2000年00月 長崎大学教育学研究科障害児教育専攻修士課程修了
職歴 1976年04月~1988年03月 長崎大学病院 職員(医療系)
2008年04月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(保健系) 教授
専門分野 臨床看護学
加入学会 日本母性衛生学会、日本思春期学会、日本看護科学学会、長崎県母性衛生学会(常務理事)、日本助産学会、日本放射線看護学会、日本遺伝看護学会、長崎県小児保健学会(幹事)
受賞歴 長崎県母性衛生学会 第1回学術奨励賞(1999年00月)
長崎県母性衛生学会 第2回学術奨励賞(2000年00月)
長崎県母性衛生学会 第3回学術奨励賞(2001年00月)
長崎県母性衛生学会第5回学術奨励賞(2003年07月)
各種審議会・委員会等 長崎県エイズ・性感染症専門部会委員
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
発達障害児の性教育プログラム開発と評価に関する研究
市民を対象とした遺伝教育のプログラム開発と評価に関する研究
これまでの研究テーマ 障害児・者と家族のSexuality確立と看護介入
思春期糖尿病患者の性行動の実態と性教育の有用性に関する研究
思春期小児がん患者の復学支援に関する研究
発達障害児の性発達、性行動の実態と保護者の認識と性教育の有用性に関する研究
主な著書・論文・作品等
1 YASUHI Yasuko, MIYAHARA Harumi:Clinic-Based Sex education for Adolescent Girls Using Their Visits for The Purpose of HPV Vaccination(共著)¸Japan Journal of Sexology¸31巻7号89頁-95頁¸2013年04月
2 Harumi MIYAHARA,Hiroyuki INADAMI,Yasuyuki OHTA,Katsuyo AIKAWA,Hiroki OZAWA:Mothers' Perception of the Sexual Development and Behaviors of their Children and Persons with Autism in General(共著)¸ACTA MADICA NAGASAKIENSIA¸53巻1頁-7頁¸2008年06月
3 宮原春美,江藤宏美,田川博之:妊娠中の血液性状の変化と分娩への影響について(共著)¸母性衛生¸31巻2号249頁-254頁¸1990年06月
4 江藤宏美,宮原春美,前田恵子,久保田健二,田川博之,原田奈名子:スポーツが月経に及ぼす影響¸長崎大学医療技術短期大学部紀要¸5/巻235頁-240頁¸1991年03月
5 月経とスポーツ(第2報) スポーツの長期的影響¸母性衛生¸33/3巻¸1992年00月
6 スポーツが月経に及ぼす影響¸長崎大学医療技術短期大学部紀要¸4/巻¸1990年00月
7 性教育における医療従事者の役割¸長崎大学医療技術短期大学部紀要¸5/巻¸1991年00月
8 性教育-私達医療従業者は何を援助できるのか-¸Sexual Science¸8/1巻¸1992年00月
9 月経とスポーツ¸母性衛生¸31/2巻¸1990年00月
10 The Evaluation of learning and Practing Cardio pulumonary Resusitation in the Fundamental Nursing Education with special reference to Basic Life Support¸ ¸
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 A PEER TAUGHT SEX EDUCATION CLASS FOR CHILDREN WITH DEVELOPMENTAL DISABILITIES(ポスター) The 19th WAS WorldCONGRESS of SEXUAL Health 2009年06月
2 Community-Based Peer Education”Let’s Explore the Human Body” 第3回アジア性教育学術会議 2007年08月
3 Report of the Peer Education "Let's Explore the Human Body(ポスター) The 7th ASIAN CONGRESS of SEXOLOGY 2002年11月
4 Change in Peer Leeders through the Program "Let's Explore the Human Body" (ポスター) The 15th WORLD CONGRESS of SEXOLOGY 2001年06月
5 Community-Based Peer Instruction of Sex Education at the Primary School Level(ポスター) The 6th ASIAN CONGRESS of SEXOLOGY 2000年08月
6 A Practical Genetics Education Program for Preschoolers(招待講演) The 13th International Congress of Human Genetic  2016年04月
7 幼児を対象とした遺伝教育プログラムの実践報告 第13回日本遺伝看護学 2014年10月
8 Study on the experiences of expectant mothers of twins about their long-term hospitalization  ICM 30th Triennial Congress  2014年06月
9 長期入院した双胎妊婦の経験と必要な支援に関する研究(招待講演) 第28回日本助産学会学術集会 2014年03月
10 日本女性の子宮頸がん検診率向上には何が必要か 日本民族衛生学会 2011年11月
教育情報
2015年度~継続中 遺伝看護セミナー (1年通年(1、2セメスター)¸週15コマ¸担当割合50.00%)
2014年度~継続中 ウイメンズヘルス (MC1年前期(MC1セメスター)¸週8コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 ウイメンズヘルス演習 (2年前期(3セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 遺伝看護学実習 (1年通年(1、2セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2013年度~継続中 母性と健康学 (2年前期(3セメスター)¸週6コマ¸担当割合40.00%)
2012年度~2015年度 リプロダクティブヘルスライツ演習 (MC2年前期(MC3セメスター)¸週8コマ¸担当割合100.00%)
2012年度~2013年度 リプロダクティブヘルス/ライツ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週8コマ¸担当割合100.00%)
2009年度 女性の心理・社会学 (3年前期(5セメスター)¸担当割合100.00%)
2005年度~2010年度 リプロダクティブヘルスセミナー (MC1年後期(MC2セメスター))
2005年度~継続中 リプロダクティブヘルス・国際看護学分野特別研究 (MC2年通年(MC3、4セメスター))
その他(自己PR)