研究者詳細情報
氏 名 大石 和代 ふりがな おおいし かずよ
英文名 OOISHI Kazuyo 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7980 FAX 095-819-7980
職 名 教授 学位・資格 修士(経済学)(1998年10月)
博士(医学)(2004年11月)
助産婦(1978年04月)
看護婦・看護士(1977年04月)
E-mail
Homepage
学歴 1991年03月 佛教大学社会学部社会福祉学科卒業
1998年00月 長崎大学経済学研究科経済経営政策修士課程修了
職歴 1987年04月~1995年03月 長崎大学医療技術短期大学部専攻科助産学特別専攻 助手
1995年04月~1997年03月 長崎大学医療技術短期大学部専攻科助産学特別専攻 講師
1997年04月~2001年09月 長崎大学医療技術短期大学部専攻科助産学特別専攻 助教授
2001年10月~2006年04月 長崎大学医学部保健学科看護学専攻 教授
2006年04月~2011年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 保健学専攻 教授
専門分野 臨床看護学(助産学)
加入学会 日本助産学会、日本母性衛生学会、日本公衆衛生学会、日本生理人類学会、日本国際保健医療学会、日本看護歴史学会、日本民族衛生学会
受賞歴 日本生理人類学会 優秀論文賞(2005年06月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
産育をめぐる慣習の伝承と変容に関する研究
技術指導分野 助産師教育
助産技術
看護(助産学)研究
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
周産期女性の大腿四頭筋筋厚の継時的変化について
助産の歴史研究
妊娠・出産・育児期の女性・家族への支援
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Risa Niwayama, Shota Nishitani, Tsunehiko Takamura, Kazuyuki Shinohara, Sumihisa Honda, Tsunetake Miyamura, Yuko Nakao, Kazuyo Oishi, Miyuki Araki-Nagahashi. :Oxytocin Mediates a Calming Effect on Postpartum Mood in Primiparous Mothers. (共著)¸BREASTFEEDING MEDICINE¸12巻2号¸2017年11月
2 山本直子,松本彩,永橋美幸,江藤宏美,大石和代:在日女子留学生の月経前症候群に関連する医学的社会的要因の検討(共著)¸母性衛生¸58巻2号287頁-295頁¸2017年07月
3 手島美聡,大石和代,永橋美幸,中尾優子:産褥早期における直接授乳前後の乳腺組織の厚さの変化-超音波画像を用いて-(共著)¸日本助産学会誌¸31巻1号71頁-77頁¸2017年06月
4 Mayumi Ohnishi, Sebalada Leshabari, Joel Seme Ambikile, Kazuyo Oishi, Yuko Nakao, Mika Nishihara. :Associations among anthropometric measures, food consumption, and quality of life in school-age children in Tanzania.(共著)¸The Japanese Association of Rural Medicine ¸12巻1号38頁-45頁¸2017年05月
5 山本直子,永橋美幸,大石和代:乳幼児を持つ女性の精神的健康と関連する要因-女性の食生活習慣に着目して-(共著)¸母性衛生¸58巻1号142頁-150頁¸2017年04月
6 山本直子,永橋美幸,大石和代:乳幼児を持つ母親の精神的健康と医学的社会的特徴-4か月児を持つ母親と4~6歳児を持つ母親の比較.(共著)¸母性衛生¸58巻1号100頁-107頁¸2017年04月
7 松井香子・江藤宏美・佐々木規子・山本直子・永橋美幸・宮原春美・大石和代・赤星衣美・野間田真紀子:「生き生きと働く実践力のある助産師キャリアアッププログラム」実施報告(共著)¸保健学研究¸28巻55頁-62頁¸2016年01月
8 Emi Akahoshi · Kazuhiko Arima · Kiyonori Miura · Takayuki Nishimura · Yasuyo Abe · Naoko Yamamoto · Kazuyo Oishi · Hideaki Masuzaki · Kiyoshi Aoyagi:Association of maternal pre-pregnancy weight, weight gain during pregnancy, and smoking with small-for-gestational-age infants in Japan (共著)¸Early human development¸92巻33頁-36頁¸2016年01月
9 山本直子,永橋美幸,大石和代:高年初産婦に特徴的な医学的社会学的要因         高年初産婦に特徴的な医学的社会学的要因―35歳未満と35歳以上の初産婦の比較―                    ―35歳未満と35歳以上の初産婦の比較―.(共著)¸母性衛生¸56巻2号¸2015年04月
10 Mayumi OHNISHI, Kazuyo OISHI, Sebalda LESHABARI:Customs and practices during pregnancy, childbirth, and the postpartum period in Kilimanjaro area, Tanzania.(共著)¸HEALTH SCIENCE RESEACH¸27巻85頁-90頁¸2015年01月
研究活動その他 2001年12月¸標準看護学英和辞典
主な特許など
学会発表等の状況
1 The Chronological Change in Muscle Thickness of Quadriceps During Pregnancy(ポスター) The 11th ICM Asia Pacific Regional Conference 2015年07月
2 The Chronological Change in Muscle Thickness of Quadriceps During Postpartum Period The 11th ICM Asia Pacific Regional Conference 2015年07月
3 Relaxation effect of music on menopausal women.(ポスター) ICM30thTriental Cogress 2014年06月
4 Construction of a Measurement Instrument for Menopause Symptoms of Climacteric Women : Comparison between Korean and Japanese Women The 5th International Nursing Conference 2005年10月
5 Trends in infant birth sizes in Japan by age in the years 1963-1988(ポスター) 27th Congress of the International Confederation of Midwives 2005年07月
6 Childbirth-related traditional customs in Japan and Korea(ポスター) 26th International Confederation of Midwives 2002年04月
7 Trial Maternity and Child Health Care Program on a small Island in Japan(ポスター) 25th Congress of the International Confederation of Midwives 1999年05月
8 LONG-TERM QUALITY OF LIFE IN PATIENTS AFTER MASTECTOMY(ポスター) 10th International Conference on Cancer Nursing  1998年08月
9 Report of Patients with Maternity Blues in Nagasaki(ポスター) 22th Congress of the International Confederation of Midwives 1990年10月
教育情報
2012年度~継続中 助産業務管理学 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合88.00%)
2012年度~継続中 地域助産学演習 (MC2年前期(MC3セメスター)¸担当割合100.00%)
2012年度~継続中 周産期メンタルヘルス (  ¸週1コマ¸担当割合25.00%)
2012年度~継続中 地域・国際助産学 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合67.00%)
2011年度~継続中 健康科学 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合6.70%)
2011年度~継続中 教養セミナー (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~継続中 大学生のための育児学 (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2008年度~継続中 女性の心理・社会学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2007年度~継続中 リプロダクティブヘルス分野特別研究 (MC2年通年(MC3、4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2006年度~継続中 リプロダクティブヘルスセミナー (MC1年後期(MC2セメスター)¸担当割合33.30%)
その他(自己PR)