研究者詳細情報
氏 名 堀内 伊吹 ふりがな ほりうち いぶき
英文名 HORIUCHI Ibuki 生年月 1953-06
所 属 教育学部 芸術表現
TEL 095-819-2343 FAX 095-819-2343
職 名 教授 学位・資格
E-mail
Homepage http://www.n-music.net/horiuchi/index.html
学歴 1976年03月 東京芸術大学音楽学部器楽専攻その他
職歴 1999年04月~継続中 長崎大学 教育学部 芸術表現 教授
2011年10月~2017年09月 長崎大学 教育学部 芸術表現 副学長(兼務)
専門分野 その他(芸術(ピアノ))、美学・美術史(芸術学)
加入学会 全九州大学音楽学会、長崎市自主文化検討委員会委員長
受賞歴 特別教育功労者表彰(2017年02月)
長崎県地域文化章(1998年11月)
各種審議会・委員会等 長崎県政策評価委員会委員長
長崎市公民館運営審議会委員長
第69回国民体育大会長崎県準備委員会式典専門委員会委員
第69回国民体育大会式典専門委員会委員
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
ピアノ演奏法
音楽文化運営
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 堀内伊吹:Concert by Musicians from Nagasaki University¸単独¸Venue at Xia Fei Theatre¸2016年10月
2 新井友梨・堀内伊吹:長崎市における公共文化施設の効果的配置について(共著)¸教育実践総合センター紀要¸11号¸2012年03月
3 堀内伊吹:1982年夏バートインシュルのブラームス(II)-3つの間奏曲op.117の演奏に関する一考察-¸ 長崎大学教育学部人文科学研究報告¸44巻44号17頁-26頁¸1992年03月
4 堀内伊吹:1982年夏バートインシュルのブラームス(I)-6つの小品op.118の演奏に関する一考察-¸ 長崎大学教育学部人文科学研究報告¸41巻41号111頁-122頁¸1990年06月
5 ハンスイェルク・シェレンベルガー、堀内伊吹:シェレンベルガー氏特別コンサート¸共同¸長崎創楽堂¸2014年12月
6 堀内伊吹、福田隆(指揮):上海師範大学創立60周年記念音楽会¸単独¸上海大劇院¸2014年10月
7 堀内伊吹、シャヒマルダン・アビーロフ:シャヒマルダン・アビーロフ教授特別コンサート¸共同¸長崎創楽堂¸2014年08月
8 「沈松鶴」「堀内伊吹」:Shim Song-hak Recital¸共同¸韓国 慶北大学校芸術大学コンサートホール¸2013年12月
9 堀内伊吹:堀内伊吹 ピアノリサイタルーキャラクターピースの系譜ー¸単独¸長崎創楽堂¸2012年12月
10 Horiuchi Ibuki:Horiuchi Ibuki PIANO RECITAL¸単独¸中国鞍山師範学院¸2010年06月
研究活動その他 2014年09月¸POE オリジナル作品集
2013年02月¸CD制作  「長崎の唄、長崎の音Vol.1 」
2013年02月¸CD制作  「長崎の唄、長崎の音Vol.2」
2013年02月¸CD制作  「長崎の唄、長崎の音Vol.3」
1998年10月¸CD制作  「ポエの叙収小曲集 」
1996年08月¸CD制作 「季節の挨拶」
1995年07月¸CD制作 「風に寄せて」
1994年06月¸CD制作 「a four good men 」
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2009年度~継続中 器楽表現技法研究Ⅱ (1年後期(2セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 小学校音楽科 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 ピアノ表現法Ⅱ (1年後期(2セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 器楽表現技法研究Ⅳ (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 アンサンブル・伴奏法Ⅱ (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 音楽文化運営論Ⅱ (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 公開演奏実践 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2009年度 ゼミナール (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2009年度 音楽科教育ゼミナールⅡ (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2009年度 卒業論文 (4年通年(7、8セメスター)¸週1コマ)
その他(自己PR)