研究者詳細情報
氏 名 谷村 進 ふりがな たにむら すすむ
英文名 TANIMURA Susumu 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-2419 FAX 095-819-2472
職 名 准教授 学位・資格 博士(薬学)(2000年03月)
薬剤師(1995年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1995年03月 岐阜薬科大学薬学部厚生薬学科卒業
2000年03月 長崎大学薬学研究科細胞生物学博士課程修了
職歴 2001年10月~2002年03月 長崎大学 薬学部 助手
2007年04月~2016年09月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 助教
専門分野 生物系薬学
加入学会 日本薬学会、日本生化学会、日本癌学会、日本分子生物学会、がん分子標的治療研究会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 細胞培養
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Tanimura S, Hashizume J, Arichika N, Watanabe K, Ohyama K, Takeda K, Kohno M. :ERK signaling promotes cell motility by inducing the localization of myosin 1E to lamellipodial tips(共著)¸ Jornal of Cell Biology¸214巻4号475頁-489頁¸2016年08月
2 Tanimura S, Takeda K:ERK signalling as a regulator of cell motility(共著)¸Journal of Biochemistry¸162巻3号145頁-154頁¸2017年09月
3 1. Sadatomi D, Nakashioya K, Mamiya S, Honda S, Kameyama Y, Yamamura Y, Tanimura S, Takeda K:Mitochondrial function is required for extracellular ATP-induced NLRP3 inflammasome activation(共著)¸Journal of Biochemistry¸161巻503頁-512頁¸2017年06月
4 Honda S, Sadatomi D, Yamamura Y, Nakashioya K, Tanimura S, Takeda K. :WP1066 suppresses macrophage cell death induced by inflammasome agonists independently of its inhibitory effect on STAT3(共著)¸Cancer Science¸108巻3号520頁-527頁¸2017年04月
5 谷村進:ERKシグナルはミオシン1Eの局在制御を介して細胞運動を調節する¸実験医学¸2017年01月
6 Mana Furuoka, Kei-Ichi Ozaki, Daichi Sadatomi, Sayaka Mamiya, Tomo Yonezawa, Susumu Tanimura, Kohsuke Takeda:TNF-α Induces Caspase-1 Activation Independently of Simultaneously Induced NLRP3 in 3T3-L1 Cells(共著)¸JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY¸¸2016年03月
7 Kei-ichi Ozaki, Midori Awazu, Mayuko Tamiya, Yuka Iwasaki, Aya Harada,Satomi Kugisaki, Susumu Tanimura, Michiaki Kohno:Targeting the ERK signaling pathway as a potential treatment for insulin resistance and type 2 diabetes(共著)¸AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM¸¸2016年02月
8 Sakamoto, T., Ozaki, K., Fujio, K., Kajikawa, S., Uesato, S., Watanabe, K., Tanimura, S., Koji, K., Kohno, M.:Blockade of the ERK pathway enhances the therapeutic efficacy of the histone deacetylase inhibitor MS-275 in human tumor xenograft models.(共著)¸Biochemical and Biophysical Research Communications¸¸2013年03月
9 Matsuse, M., Mitsutake, N., Tanimura, S., Ogi, T., Nishihara, E., Hirokawa, M., Fuziwara, C.S., Saenko, V.A., Suzuki, K., Miyauchi, A., Yamashita, S.:Functional characterization of the novel BRAF complex mutation, BRAF V600delinsYM, identified in papillary thyroid carcinoma(共著)¸International Journal of Cancer¸132巻3号738頁-743頁¸2013年02月
10 Sadatomi, D., Tanimura, S., Ozaki, K., Takeda, K.:Atypical protein phosphatases: emerging players in cellular signaling(共著)¸International Journal of Molecular Sciences¸14巻4596頁-4612頁¸2013年02月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 ERKシグナルによる細胞運動制御を担うSH3P2-Myosin1E複合体(シンポジスト) 日本薬学会第138年会 2018年03月
2 NLRP3インフラマソーム活性化におけるミトコンドリアによるCa2+調節の役割(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
3 1型ミオシンmyosin 1Eと細胞膜変形タンパク質SNX9による細胞運動制御(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
4 Myosin 1Eの細胞質アンカータンパク質SH3P2による破骨細胞の分化制御(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
5 3T3-L1細胞のTNF-α応答におけるNLRP3の役割(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
6 細胞膜変形タンパク質SNX9とアクチンモーターMyosin1Eの相互作用(ポスター) 第39回日本分子生物学会年会 2016年11月
7 ERK経路はMyosin1Eの葉状仮足移行を誘導することで細胞運動を促進する(ポスター) 第39回日本分子生物学会年会 2016年11月
8 細胞外ATPによるNLRP3インフラマソーム活性化におけるミトコンドリアの役割(ポスター) 第39回日本分子生物学会年会 2016年11月
9 STAT3阻害剤WP1066はNLRP3インフラマソーム活性化にともなうマクロファージの細胞死を抑制する(ポスター) 第39回日本分子生物学会年会 2016年11月
10 Extra-mitochondrial function of cleaved PGAM5(ポスター) The 12th International Conference on Protein Phosphatase 2016年10月
教育情報
2017年度~継続中 初年次セミナー(薬学) (1年前期(1セメスター))
2016年度~継続中 生化学 I (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合6.67%)
2014年度~継続中 ビギナーのための生物学 (  )
2014年度~継続中 細胞生物学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2007年度~継続中 メディカルバイオ特論 IV (その他¸週1コマ¸担当割合6.67%)
2003年度~継続中 分子創薬学演習 I(細胞制御学) (MC1年通年(MC1、2セメスター))
2003年度~継続中 分子創薬学特別実験 I(細胞制御学) (MC1年通年(MC1、2セメスター))
2002年度~継続中 薬学基礎実習(生物・薬理系)(細胞制御学) (3年前期(5セメスター))
その他(自己PR)