研究者詳細情報
氏 名 鈴木 啓司 ふりがな すずき けいじ
英文名 SUZUKI Keiji 生年月
所 属 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門
TEL 095-819-7116 FAX 095-819-7117
職 名 准教授 学位・資格 薬学(1985年03月)
学術博士(1991年03月)
放射線取扱主任者(第1~2種)(1988年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1983年03月 金沢大学教育学部中学校教員養成課程卒業
1985年03月 金沢大学薬学研究科製薬化学修士課程修了
1987年06月 金沢大学該当なし生命科学専攻博士課程中退
職歴 1987年07月~1995年01月 横浜市立大学医学部 助手
1993年12月~1995年01月 米国コロンビア大学 客員研究員
1995年02月~2004年03月 長崎大学 薬学部 助手
2004年04月~2007年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 放射線医療科学専攻 助教授
2007年04月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 放射線医療科学専攻 准教授
専門分野 環境影響評価・環境政策(放射線生物学)
加入学会 日本放射線影響学会(放生研共同利用委員会委員)、日本癌学会(評議員)、日本分子生物学会、日本動物実験代替法学会(編集委員会委員)
受賞歴 日本組織培養学会奨励賞(1990年00月)
日本放射線影響学会奨励賞(1996年00月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
International consortium for radiation life science
International consortium for radiation life science
International consortium for radiation life science
消化管におけるEdU陽性細胞とDNA損傷維持
放射線誘発突然変異の成立過程における修復が困難なDNA損傷の役割
p53を標的とした放射線防護剤創薬スクリーニング
胎児・小児期被ばくによる組織幹細胞におけるDNA障害の蓄積と排除
DNA二重鎖切断修復異常による発がん機構の解明
メトフォルミンによるATM活性化分子メカニズムの解明
放射線被ばくによる細胞死誘導機構の解明
放射線被ばくによるエピジェネティクス撹乱機構解明
放射線によるクラスターDNA損傷の生成機構とその生物学的影響
ラット乳腺におけるLRCとDNA損傷保持
技術指導分野 細胞培養
ゲノム変異解析
遺伝子解析
分子可視化技術
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
放射線細胞応答と細胞がん化機構の解明
環境ストレス反応を司る遺伝子の単離
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Mitsutake N, Fukushima T, Matsuse M, Rogounovitch T, Saenko V, Uchino S, Ito M, Suzuki K, Suzuki S, Yamashita S:BRAF(V600E) mutation is highly prevalent in thyroid carcinomas in the young population in Fukushima.(共著)¸Sci Rep¸2015巻Nov号16976頁¸2015年11月
2 Rsuchida E, Kaida A, Pratama E, Ikeda MA, Suzuki K, Harada K, Miura M:Effect of X-irradiation at different stages in the cell cycle on individual Cell-based kinetics in an asynchronous cell population(共著)¸PLoS One¸10巻6号e0128090頁¸2015年06月
3 Suzuki K, Mitsutake N, Saenko V, Yamashita S:Radiation signatures in childhood thyroid cancers after the Chernobyl accident: possible roles of radiation in carcinogenesis(共著)¸Cancer Sci¸106巻2号127頁-133頁¸2015年02月
4 Suzuki M, Yamauchi M, Oka Y, Suzuki K, Yamashita S:Lice-cell imaging visualizes frequent mitotic -skipping during senescence-like growth arrest in mammalian carcinoma cells exposed to ionizing radiation(共著)¸Int J Radiat Oncol Biol Phys¸¸2012年02月
5 Yamauchi M, Suzuki K, Oka Y, Suzuki M, Kondo H, Yamashita S:Mode of ATM-dependent suppression of chromosome translocation(共著)¸Biochem Biophys Res Commun¸416巻1-2号111頁-118頁¸2011年11月
6 Oka Y, Yamauchi M, Suzuki M, Yamashita S, Suzuki K:Persistence and dynamics of DNA damage signal amplification determined by microcolony formation and live-cell imaging(共著)¸J Radiat Res¸52巻6号766頁-774頁¸2011年10月
7 Kobashigawa S, Suzuki K, Yamashita S:Ionizing radiation accelerates Drp1-dependent mitochondril fission, which involes delayed mitochondrial reactive oxygen species production(共著)¸Biochem Biophys Res Commun¸414巻4号795頁-800頁¸2011年10月
8 Oka Y, Suzuki K, Yamauchi M, Mitsutake N, Yamashita S:Recruitment of the cohesin loading factor NIPBL to DNA double strand breaks depends on MDC1, RNF168, HP1g in human cells(共著)¸Biochem Biophys Res Commun¸411巻4号762頁-767頁¸2011年08月
9 Suzuki K, Mitsutake N, Saenko V, Suzuki M, matsuse M, Ohtsuru A, Kumagai A, Uga T, Yano H, Nagayama Y, Yamashita S:Dedifferentiation of human pimary thyrocytes into multilineage progenitor cells without gene intriduction(共著)¸PLosS One¸6巻4号e19354頁-¸2011年04月
10 Suzuki K, Yamauchi M, Yamashita S:ATM-dependent cellular response to DNA double strand breaks plays a pivotal role in the maintenance fo the integrity of the genome(共著)¸Radiat Prot Dosimetry¸143巻2-4号279頁-283頁¸2011年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 放射線被ばくに対する組織反応(シンポジスト) 第59回日本放射線影響学会 2016年10月
2 小児甲状腺がんのDriver変異に残る放射線痕跡(シンポジスト) 第59回日本放射線影響学会 2016年10月
3 Plasticity of thyroid follicular cells nad radiation-carcinogenesis(招待講演) Joint meeting on stem cell biology 2016年09月
4 DNA damage response and tissue reaction in mouse tissues/organs exposed to low-dose/low-dose-rate radiation(シンポジスト) International Workshop on Radiation Damage to DNA 2016年03月
5 DNA damage response in Tissues(招待講演) International workshop on Radiation Damage to DNA 2016年03月
6 Analysis of the initial DNA damage and tissue reaction in mouse tissues/organs exposed to low-dose/low-dose-rate radiation(シンポジスト) ONE HEALTH Symposium 2015年11月
7 Analysis of the initial DNA damage and tissue reaction related to radiation-induced cancer 第74回日本癌学会 2015年10月
8 Accumulation of DNA damage response in tissues exposed to low-dose/low-dose-rate gamma-rays(シンポジスト) ICRR2015 2015年05月
9 DNA damage and tissue reaction in tissues/organs exposed to low-dose and low-dose-rate gamma-rirradiation in mice(シンポジスト) ICRP TG meeting 2015年05月
10 Thyroid biology in relation to radiation carcinogenesis(招待講演) 第72回日本癌学会 2014年10月
教育情報
2012年度~継続中 放射線災害医療学論文研究II (4年後期(8セメスター)¸週4コマ¸担当割合40.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学論文研究I (4年前期(7セメスター)¸週4コマ¸担当割合40.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学実習II (1年後期(2セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学演習IV (1年後期(2セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学実習I (1年前期(1セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学演習I (1年前期(1セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学演習III (1年前期(1セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2012年度~継続中 放射線災害医療学演習II (1年後期(2セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2011年度~継続中 ストレス応答学 (その他¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2011年度~継続中 環境因子系 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合5.00%)
その他(自己PR)