研究者詳細情報
氏 名 高村 昇 ふりがな たかむら のぼる
英文名 TAKAMURA Noboru 生年月 1968-07
所 属 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(1997年03月)
医師(1993年05月)
E-mail
Homepage
学歴 1993年03月 長崎大学医学部その他
1997年03月 長崎大学医学研究科博士課程その他
職歴 1997年06月~2001年10月 長崎大学 医学部 助手
1999年06月~2000年07月 世界保健機関 技術アドバイザー
2001年11月~2003年02月 長崎大学 医学部 講師
2003年03月~2007年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 助教授
2005年05月~継続中 ゴメリ医科大学 名誉教授
2006年07月~継続中 ベラルーシ医科大学 名誉教授
2008年04月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 教授
2010年01月~2010年09月 世界保健機関 テクニカルオフィサー
2011年03月~継続中 福島県放射線健康リスク管理アドバイザー 健康リスク管理アドバイザー
専門分野 衛生学、放射線・化学物質影響科学(放射線・化学物質影響科学)、公衆衛生学・健康科学(公衆衛生学・健康科学)、応用健康科学
加入学会 日本衛生学会(評議員)、日本内科学会、日本内分泌学会(代議員)、日本放射線影響学会、日本放射線看護学会、日本国際保健医療学会、ポルフィリン研究会
受賞歴 第22回角尾学術賞(2005年05月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ モニタリングデバイスの開発・研究、動脈硬化因子に関する分子疫学研究
現在実施している
研究テーマ
遺伝子診断
国際医療協力
放射線影響学
国際保健医療福祉学
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Nagasaki S, Imaizumi M, Takamura N:Oxford Textbook of Endocrinology and Diabetes(共著)¸Oxford¸2011年01月
2 Matsunaga H, Orita M, Iyama K, Sato N, Aso S, Tateishi F, Taira Y, Kudo T, Yamashita S, Takamura N:Intention to return to the town of Tomioka in residents, seven years after the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station: A cross-sectional study.(共著)¸Journal of Radiation Research¸¸2018年10月
3 Tsukazaki A, Taira Y, Orita M, Takamura N:Seven years post-Fukushima: Long term measurement of exposure doses in Tomioka Town(共著)¸Journal of Radiation Research¸¸2018年09月
4 Ohkuma R, Orita M, Taira Y, Takahashi J, Sharshakova T, Sachkouskaya A, Lyzikov A, Voropaev E, Ruzanov D, Takamura N. :Thirty-two years post-Chernobyl: Risk perception about radiation and health effects among the young generation in Gomel, Republic of Belarus.(共著)¸Journal of Radiation Research¸¸2018年09月
5 Shimizu, Y, Sato S, Noguchi Y, Koyamatsu J, Yamanashi H, Higashi M, Nagayoshi M, Kawashiri S, Nagata Y, Takamura N, Maeda T:Association between tongue pressure and subclinical carotid atherosclerosis in relation to platelet levels in hypertensive elderly men: a cross-sectional study.(共著)¸Environmental Health and Preventive Medicine¸¸2018年06月
6 Sato N, Orita M, Taira Y, Takamura N:Seven years post-Fukushima: Overcoming the resident-specialist gap.(共著)¸Journal of Radiation Research¸¸2018年04月
7 Ideguchi R, Yoshida K, Ohtsuru A, Takamura N, Tsuchida T, Kimura H, Uetani M, Kudo T. :The present state of radiation exposure from pediatric CT examinations in Japan-what do we have to do? (共著)¸Journal of Radiation Research¸¸2018年03月
8 Higashi M, Tsuneoka M, Orita M, Hayashida N, Kudo T, Sato S, Kadota K, Yamanashi H, Koyama Z, Kitamura M, Fukuda H, Saito T, Maeda T, Takamura N:Tongue pressure is associated with aging, sex, handgrip strength, and lean body mass in community-dwelling middle- and old-aged people:a cross sectional study.(共著)¸Acta Meidca Nagasakiensia¸¸2018年03月
9 Takamura N, Orita M, Taira Y, Fukushima Y, Yamashita S:Recovery from nuclear disaster in Fukushima: collaboration model. (共著)¸Recovery from nuclear disaster in Fukushima: collaboration model. ¸¸2018年03月
10 Orita M, Kimura Y, TairaY, Fukuda T, Takahashi J, Gutevych O, Chornyi S, Kudo T, Yamashita S, Takamura N:Activities Concentration of radiocesium in wild mushroom collected in Ukraine after the 30 years from the Chernobyl Power Plant accident.(共著)¸PeerJ¸6巻e4222頁-¸2018年03月
研究活動その他 1999年00月~継続中¸ヘルステレマティックスを用いたチェルノブイリ周辺地域への国際医療貢献(WHOプロジェクト)
1998年00月~継続中¸カザフスタン共和国セシパラチンスクにおける国際ヒバクシャ医療協力
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2012年度~継続中 原爆医学概論 (1年前期(1セメスター))
2012年度~継続中 医学ゼミ (2年後期(4セメスター))
2012年度~継続中 細胞と放射線 (1年後期(2セメスター))
2012年度~継続中 先端臨床試験特論 (2年前期(3セメスター))
2010年度~継続中 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター))
2010年度~継続中 被ばく影響学 (MC1年後期(MC2セメスター))
2010年度~継続中 国際保健医療福祉学論文研究II (DC3年後期(DC6セメスター))
2010年度~継続中 国際保健医療福祉学論文研究I (DC3年前期(DC5セメスター))
2010年度~継続中 国際保健医療福祉学実習II (DC3年後期(DC6セメスター))
2010年度~2011年度 先端医療機器実習 (2年後期(4セメスター))
その他(自己PR)