研究者詳細情報
氏 名 竹島 史直 ふりがな たけしま ふみなお
英文名 TAKESHIMA Fuminao 生年月 1962-02
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7591 FAX 095-819-7372
職 名 准教授 学位・資格 博士(医学)(1992年06月)
E-mail
Homepage
学歴 1986年03月 長崎大学医学部卒業
1992年06月 長崎大学医学研究科博士課程修了
職歴
専門分野 消化器内科学、内科学一般(含心身医学)(一般内科)
加入学会 日本病院総合診療医学会、日本カプセル内視鏡学会、日本炎症性腸疾患学会、日本消化管学会、日本プライマリ・ケア学会、日本総合診療医学会、日本家庭医療学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器病学会(評議員)、日本内科学会(内科専門医会九州支部運営委員)、日本消化器内視鏡学会(評議員)
受賞歴 良順教育賞(2012年02月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
炎症性腸疾患とサルコペニア
炎症性腸疾患と唾液中ウイルス
炎症性腸疾患と便中マーカー
パルミトレイン酸のERストレス抑制作用を介したクローン病の炎症制御効果
コンドロイチン硫酸によるNF-κBを介した実験腸炎の炎症制御
炎症性腸疾患とアディポサイトカイン
禁煙と動脈硬化
これまでの研究テーマ 禁煙後に生じる体重増加メカニズムの解析
炎症性腸疾患の新しい治療法の模索
主な著書・論文・作品等
1 Mine S(1), Takeshima F(1), Akazawa Y(1), Matsushima K(1), Minami H(1), Yamaguchi N(1), Ohnita K(1), Isomoto H(2), Nakao K(1).:Correlation of Fecal Markers with Magnifying Endoscopic Stratification in Patients with Ulcerative Colitis Who Are in Clinical Remission.(共著)¸DIgestion¸97巻1号82頁-89頁¸2018年02月
2 Takahara I, Takeshima F, Ichikawa T, Matsuzaki T, Shibata H, Miuma S, Akazawa Y, Miyaaki H, Taura N, Nakao K.:Prevalence of Restless Legs Syndrome in Patients with Inflammatory Bowel Disease.(共著)¸Dig Dis Sci.¸¸2016年12月
3 Fukuda D, Akazawa Y, Takeshima F, Nakao K, Fukuda Y. :Safety and efficacy of Vonoprazan-based triple therapy against Helicobacter pylori infection: A single-center experience with 1118 patients.(共著)¸Therap Adv Gastroenterol.¸9巻5号747頁-748頁¸2016年09月
4 竹島史直:メディカルスタッフのための臨床医学(共著)¸医薬ジャーナル社¸2016年08月
5 Takeshima F, Yoshikawa D, Higashi S, Morisaki T, Oda H, Ikeda M, Machida H, Matsushima K, Minami H, Akazawa Y, Yamaguchi N, Ohnita K, Isomoto H, Ueno M, Nakao K.:linical efficacy of adalimumab in Crohn's disease: a real practice observational study in Japan.(共著)¸BMC Gastroenterology¸16巻1号¸2016年06月
6 Takeshima F, Hashiguchi K, Onitsuka Y, Tanigawa K, Minami H, Matsushima K, Akazawa Y, Shiozawa K, Yamaguchi N, Taura N, Ohnita K, Ichikawa T, Isomoto H, Nakao K.:Clinical Characteristics of Patients with Gastroesophageal Reflux Disease Refractory to Proton Pump Inhibitors and the Effects of Switching to 20 mg Esomeprazole on Reflux Symptoms and Quality of Life. (共著)¸Medical Science and Monitor¸¸2015年12月
7 Shigetoshi Urabe, Yuko Akazawa, Fuminao Takeshima:A Case of Cronkhite-Canada Syndrome with a Colitis-mimicking Endoscopic Presentation.(共著)¸Journal of Crohn's and Colitis¸¸2015年09月
8 Hashiguchi K, Takeshima F, Akazawa Y, Matsushima K, Minami H, Machida H, Yamaguchi N, Shiozawa K, Ohba K, Ohnita K, Ichikawa T, Isomoto H, Nakao K.:Advantages of Fecal Lactoferrin Measurement during Granulocyte and Monocyte Adsorptive Apheresis Therapy in Ulcerative Colitis.(共著)¸Digestion¸91巻3号208頁-217頁¸2015年03月
9 Hashiguchi K, Takeshima F, Akazawa Y, Matsushima K, Minami H, Yamaguchi N, Shiozawa K, Ohnita K, Ichikawa T, Isomoto H, Nakao K. :Bamboo joint-like appearance of the stomach: a stable endoscopic landmark for Crohn's disease regardless of anti-tumor necrosis factor alpha treatment.(共著)¸Med Sci Monit¸20巻1918頁-1924頁¸2014年10月
10 竹島史直:消化器疾患の臨床分類 薬剤性腸炎¸羊土社¸2014年09月
研究活動その他 2005年06月¸腸炎は抹消CD4+CD25+制御性T細胞を減弱させる胸腺破壊と関連する
主な特許など
学会発表等の状況
1 IBD診療における外科と内科の接点(難治症例の治療方針) クローン病に対する術後早期アダリムマブ導入の有効性(シンポジスト) 第67回日本大腸肛門病学会総会 2012年11月
2 クローン病に対するadalimumabの治療効果(パネラー) 第82回消化器内視鏡学会総会 2011年10月
3 魅力ある消化器内視鏡初期教育への取り組み(シンポジスト) 第81回日本消化器内視鏡学会総会 2011年08月
4 消化管悪性リンパ腫の診断における拡大内視鏡観察の有用性(シンポジスト) 第6回日本消化管学会総会 2010年02月
5 当科における食道ESDの現況(ポスター) 第78回日本消化器内視鏡学会総会 2009年10月
6 消化管炎症における体液中defensin測定の臨床的意義(ポスター) 第51回日本消化器病学会大会 2009年10月
7 プライマリ・ケアにおける不安障害を有する中年期患者へのカウンセリング介入効果 第17回日本総合診療医学会学術集会 2009年02月
8 原因不明の胸水・腹水で診断に苦慮した収縮性心膜炎の1例 第17回日本総合診療医学会学術集会 2009年02月
9 Effect of smoking cessation on gastric emptying in smokers 第16回欧州消化器病週間 2008年10月
10 腹部の疝痛発作で発症し、診断に苦慮した好酸球性胃腸炎の1例 第16回日本総合診療医学会学術集会 2008年03月
教育情報
2010年度~継続中 消化器系 (4年前期(7セメスター))
2010年度~継続中 医ゼミ (4年前期(7セメスター))
2009年度~継続中 OSCE (4年後期(8セメスター))
2009年度~継続中 診断学 (4年後期(8セメスター))
2009年度~継続中 卒前集中講義 (6年前期(11セメスター))
2009年度~2011年度 集学的がん治療学特論講義 (その他)
2009年度~継続中 臨床実習 (5年通年(9、10セメスター))
2009年度~2015年度 内科総括講義 (5年前期(9セメスター))
2009年度 PBLチュートリアル (5年前期(9セメスター))
2009年度 医と社会 (3年前期(5セメスター))
その他(自己PR)