研究者詳細情報
氏 名 木村 正成 ふりがな きむら まさなり
英文名 KIMURA Masanari 生年月 1967-05
所 属 工学研究科 物質科学部門
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(工学)(1995年03月)
E-mail
Homepage http://www.ch.nagasaki-u.ac.jp/org
学歴 1990年03月 長崎大学工学部工業化学科その他
1995年03月 長崎大学海洋生産科学研究科海洋資源学専攻博士課程その他
職歴 1995年04月~2004年03月 長崎大学 工学部 応用化学科 助手
1999年06月~2000年03月 米国マサチューセッツ工科大学化学科 研究員
2004年04月~2007年03月 長崎大学 生産科学研究科 環境科学専攻 助手
2007年04月~2008年03月 長崎大学 生産科学研究科 環境科学専攻 助教
2008年04月~2010年05月 長崎大学 工学部 応用化学科 准教授
2010年06月~継続中 長崎大学 工学部 物質工学講座 教授
専門分野 合成化学(有機合成化学)
加入学会 日本化学会(日本化学会九州支部幹事)、有機合成化学協会(九州支部幹事)、アメリカ化学会、近畿化学協会、日本光合成学会
受賞歴 第6回万有奨励賞(2003年05月)
エーザイ賞(2004年02月)
有機合成化学奨励賞(2005年02月)
Banyu Young Chemist Award 2007(2007年11月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
二酸化炭素の高効率変換反応の開発
認知症治療薬創製
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
有用複素環合成化学の開発
二酸化炭素を活用した新エネルギーシステムの構築
高効率有機合成反応の開発
有機ホウ素、有機亜鉛と遷移金属触媒を活用した高効率有機合成反応の開発
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 A. Shimizu, G. Hirata, G. Onodera, M. Kimura:Direct Allylation of Active Methylene Compounds with Allylic Alcohols by Use of Palladium/Phosphine-Borane Catalyst System(共著)¸Adv. Synth. Catal¸¸2018年04月
2 B. Chan, Y. Luo, M. Kimura:Mechanism for Three-Component Ni-Catalyzed Carbonyl–ene Reaction for CO2 Transformation: What Practical Lesson Do We Learned from DFT Modeling(共著)¸Australian J. Chem.¸¸2018年04月
3 M. Kimura:Recent Topics in the Syntheses of β-Keto Carboxylic Acids and the Derivatives¸Tetrahedron Letters¸59巻1295頁-1300頁¸2018年03月
4 Y. Mori, C. Shigeno, Y. Luo, B. Chan, G. Onodera, M. Kimura:Ni-Catalyzed Formal Carbonyl-Ene Reaction of Terminal Alkenes via Carbon Dioxide Insertion(共著)¸Synlett¸29巻742頁-746頁¸2018年02月
5 G. Hirata, H. Satomura, H. Kumagae, A. Shimizu, G. Onodera, M. Kimura:Direct Allylic Amination of Allylic Alcohol Catalyzed by Palladium Complex Bearing Phosphine-Borane Ligand(共著)¸Organic Letters¸19巻6148頁-6151頁¸2017年11月
6 1) T. Yamahira, R. Ninokata, G. Onodera, M. Kimura,:Ni-Catalyzed Three-component Coupling of 4-Methylene-2-oxazolidinones, Alkynes, and Trimethylaluminum¸Heterocycles¸95巻¸2017年05月
7 2) K. Kuge, Y. Luo, Y. Fujita, Y. Mori, G. Onodera, M. Kimura:Copper-Catalyzed Stereodefined Construction of Acrylic Acid Derivatives from Terminal Alkynes via CO2 Insertion(共著)¸ Org. Lett.¸19巻854頁-857頁¸2017年02月
8 Ryo Ninokata, Tatsuya Yamahira, Gen Onodera, Masanari Kimura:Nickel-Catalyzed CO2 Rearrangement of Enol Metal Carbonates for the Efficient Synthesis of β-Ketocarboxylic Acids(共著)¸Angew. Chem. Int. Ed¸56巻1号208頁-211頁¸2016年12月
9 Y. Mori, T. Kawabata, G. Onodera, M. Kimura,:Remarkably Selective Formation of Allenyl and Dienyl Alcohols via Ni-Catalyzed Coupling Reaction of Conjugated Enyne, Aldehyde, and Organozinc Reagents(共著)¸Synthesis¸in press巻¸2016年04月
10 Gen Onodera, Goki Hirata, Takanao Seike, Ryo Takeuchi, Masanari Kimura:Synthesis and X-ray Crystal Structure of Novel Cobalt(II) Complexes having Oligopyridine Ligands(共著)¸Polyhedron¸in press巻¸2016年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Novel Transformation of Cyclic Carbonate and Cyclic Carbonate and Cyclic Carbamate Bearing Exomethylene Moiety by Using Nickel Catalyst Symposium on Organometallic Chemistry, Japan, 64 2017年09月
2 Ni-Catalyzed Carboxylation of Conjugated Dienes with Carbon Dioxide and DIBAL-H for the Synthesis of beta,ganma-Unsaturated Carboxylic Acids Symposium on Organometallic Chemistry, Japan, 64 2017年09月
3 Novel Transformation of Cyclic Carbonate and Cyclic Carbonate and Cyclic Carbamate Bearing Exomethylene Moiety by Using Nickel Catalyst", Symposium on Organometallic Chemistry,(ポスター) Symposium on Organometallic Chemistry, Japan, 64, pp. 202  2017年09月
4 パラジウム触媒とトリエチルホウ素を用いた共役ジエンによるインドールのアリル化反応 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
5 亜鉛存在下におけるハロゲン化アルキル、共役ジエン、カルボニルの3成分連結反応 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
6 ポリヒドロキシ環状ヘミアセタールと共役ジエンの還元的カップリング反応 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
7 オキサニッケラサイクルを介するアリル基、アルキン、有機亜鉛の選択的連結反応 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
8 ビニルシクロプロパンの求核的アリル化反応を活用したラクトン及びラクタム合成 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
9 パラジウム触媒を用いた共役ジエンとアルデヒドの還元的カップリング反応 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
10 3-ヒドロキシ-4-ペンテン酸の脱炭酸による共役ジエン合成 日本化学会第90春季年会(2010) 2010年03月
教育情報
2017年度~継続中 モジュールIIc「合成と分子設計」 (2年後期(4セメスター))
2016年度~継続中 実践英語D (MC2年後期(MC4セメスター))
2016年度~継続中 実践英語C (MC2年前期(MC3セメスター))
2016年度~継続中 高効率合成化学特論 (DC4年前期(DC7セメスター))
2016年度~継続中 学外研究 (DC4年通年(DC7、8セメスター))
2016年度~継続中 実践英語B (MC1年後期(MC2セメスター))
2016年度~継続中 実践英語A (MC1年前期(MC1セメスター))
2015年度~継続中 分子工学特別演習II (その他¸週1コマ)
2015年度~継続中 物質変換触媒化学 (DC1年後期(DC2セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 分子工学特別演習I (その他¸週1コマ)
その他(自己PR)