研究者詳細情報
氏 名 ふりがな
英文名 生年月
所 属
TEL FAX
職 名 学位・資格 工学博士(1981年11月)
E-mail
Homepage
学歴 1973年03月 山口大学工学部電気工学科卒業
1977年03月 九州大学工学研究科電気工学博士課程中退
職歴 1977年04月~1982年01月 九州大学 助手
1982年01月~1987年04月 長崎大学 工学部 助教授
1983年09月~1984年08月 スイス連邦ローザンヌ工科大学 研究員
1987年05月~2004年04月 長崎大学 工学部 教授
2004年05月~継続中 長崎大学 生産科学研究科 物質科学専攻 教授
2013年04月~2015年03月 長崎大学 地域教育連携・支援センター 県下学校-大学連携・支援部門 部門長(兼務)
専門分野 プラズマ科学
加入学会 応用物理学会(理事)、電気学会、応用物理学会、応用物理学会、応用物理学会、応用物理学会(編集委員,九州支部理事,プラズマエレクトロニクス分科会幹事,プラズマエレクトロニクス分科会副幹事長、幹事長、評議員)、応用物理学会、プラズマ・核融合学会(副会長)、プラズマ・核融合学会、放電学会
受賞歴 科学技術庁長官賞(注目発明)(1989年04月)
Interfinish 2008国際会議招待講演賞(2008年06月)
日本学術振興会プラズマ材料科学賞(基礎部門)(2009年06月)
応用物理学会フェロー(2009年09月)
プラズマ・核融合学会貢献賞(2010年11月)
応用物理学会九州支部貢献賞(2012年12月)
各種審議会・委員会等 日本学術振興会プラズマ材料科学153委員会
現在実施している
共同研究
技術指導分野 材料プロセス用プラズマ源の開発
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
プラズマCVDプロセスにおける微粒子の動的制御
反応性スパッタリングの基礎研究
細管内壁コーティング法の開発
低気圧マイクロプラズマ
プラズマによるワイヤストリッピング法
プラズマ誘起サブサーフェスに関する研究
これまでの研究テーマ 太陽電池用水素化アモルファスシリコン薄膜の大面積化
主な著書・論文・作品等
1 88) Masanori Shinohara, Yoshiki Takami, Susumu Takabayashi, Akinori Oda, Yoshinobu Matsuda, and Hiroshi Fujiyama:Evolution of Hydride Components Generated by Hydrogen Plasma Irradiation of a Si(100) Surface Investigated with In Situ Infrared Absorption Spectroscopy in Multiple Reflection Geometry(共著)¸IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE¸41巻8号1878頁-1883頁¸2013年08月
2 藤山 寛:長崎の先端技術(共著)¸三田出版会¸1987年10月
3 河合良信,渡辺征夫,藤田寛治,藤山 寛:最新プラズマ発生技術(共著)¸アイ・ピー・シー出版¸1991年04月
4 藤山 寛:先端電気化学(共著)¸丸善¸1994年04月
5 Y. Maemura, S.-C.Yang and H. Fujiyama:Double Layers”-Potential Formation in Magnetized Dusty Plasma(共著)¸World Scientific Publishing¸1997年09月
6 藤山 寛:マイクロ波プラズマの技術(共著)¸オーム社¸2003年04月
7 藤山 寛:新しいプラズマ源が新しいプラズマ応用を拓く¸化学工業¸61巻5号355頁-361頁¸2010年05月
8 藤山 寛:マイクロプラズマ 基礎と応用 (共著)¸オーム社¸2009年04月
9 藤山 寛:プラズマエネルギーのすべて(共著)¸日本実業出版社¸2007年03月
10 藤山 寛:マイクロ・ナノプラズマ技術とその産業応用 ¸シーエムシー出版¸2006年12月
研究活動その他
主な特許など
1 非晶質薄膜形成装置¸61-105109
2 非晶質薄膜形成装置¸61-106313
3 非晶質薄膜形成方法および装置¸61-106314
4 非晶質薄膜形成装置¸61-160127
5 内周面円筒状体のコーティング方法¸2-57602
6 スパッタ装置¸2-75681
7 管体内周面に膜形成する方法及び装置¸7-106067
8 水晶体のエッチング方法¸11-87893
9 ダイヤモンド様薄膜¸特願2007-216823
10 極細管内壁面のコーティング方法およびコーティング装置¸2005-121592
学会発表等の状況
教育情報
2011年度~継続中 先端プラズマプロセシング (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ)
2011年度~継続中 プレゼンテーション技法 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
2009年度~継続中 プラズマ工学 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2009年度~継続中 プラズマ電子工学 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2009年度~継続中 プラズマ機能科学特論 (DC1年前期(DC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2009年度~継続中 電気磁気学Ⅰ (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
2009年度~継続中 電気磁気学Ⅰ演習 (2年前期(3セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2009年度~継続中 電気エネルギー工学Ⅰ (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2009年度 教養セミナー (  ¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)