研究者詳細情報
氏 名 山下 樹三裕 ふりがな やました きみひろ
英文名 YAMASHITA Kimihiro 生年月 1956-07
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2770 FAX 095-819-2770
職 名 教授 学位・資格 博士(薬学)(1988年10月)
薬剤師(1981年12月)
E-mail
Homepage
学歴 1981年03月 岐阜薬科大学薬学部製造薬学科卒業
1986年00月 九州大学薬学研究科薬理学博士課程単位取得満期退学
職歴 2006年10月~2008年10月 長崎大学 副学長(兼務)
専門分野 放射線・化学物質影響科学、神経化学・神経薬理学、生物系薬学、薬理学一般、環境系薬学
加入学会 日本薬理学会(学術評議員)、日本神経化学会、高血圧関連疾患モデル学会(SHR学会)(評議員)、日本内分泌撹乱化学物質学会、日本トキシコロジー学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
環境汚染物質ならびに内分泌撹乱物質の脳神経系に及ぼす影響についての研究
虚血性脳神経細胞障害に対する神経保護薬の作用に関する研究
脳神経細胞障害へのエンドセリン・一酸化窒素系の関与についての研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yumi Kohara, Shinichiro Kawaguchi, Rika Kuwahara, Yutaro Uchida, Yushi Oku, Kimihiro Yamashita:Genistein improves spatial learning and memory in male rats with elevated glucose level during memory consolidation.(共著)¸Physiology & behavior¸140巻15頁-22頁¸2015年03月
2 Shinichiro Kawaguchi, Rika Kuwahara, Yumi Kohara, Yutaro Uchida, Yushi Oku, Kimihiro Yamashita:Oral exposure to low-dose of nonylphenol impairs memory performance in Sprague-Dawley rats.(共著)¸The Journal of Toxicological Sciences¸40巻1号43頁-53頁¸2015年02月
3 Yumi Kohara, Rika Kuwahara, Shinichiro Kawaguchi, Takeshi Jojima, Kimihiro Yamashita:Perinatal exposure to genistein, a soy phytoestrogen, improves spatial learning and memory but impairs passive avoidance learning and memory in offspring.(共著)¸Physiology & behavior¸130巻40頁-46頁¸2014年05月
4 Rika Kuwahara, Shinichiro Kawaguchi, Yumi Kohara, Takeshi Jojima, Kimihiro Yamashita:Bisphenol A dose not affect memory performance in adult male rats(共著)¸Cell Mol Neurobiol¸34巻333頁-342頁¸2014年04月
5 Rika Kuwahara, Shinichiro Kawaguchi, Yumi Kohara, Haming Cui, Kimihiro Yamashita:Perinatal exposure to low-dose bisphenol A impairs spatial learning and memory in male rats.(共著)¸Journal of Pharmacological Sciences¸123巻2号132頁-139頁¸2013年10月
6 Shinichiro Kawaguchi, Rika Kuwahara, Yumi Kohara, Yutaro Uchida, Yushi Oku, Kimihiro Yamashita:Perinatal exposure to low-dose nonylphenol specifically improves spetial learning and memory in male rat offspring.(共著)¸Indian journal of physiology and pharmacology¸59巻2号211頁-222頁¸2015年12月
7 Yasuko Sakurai-Yamashita, Kimihiro Yamashita, Kazuto Shigematsu, Masami Niwa:Expression of MCP-1 in the hippocampus of SHRSP with ischemia-related delayed neuronal death(共著)¸Cellular and Molecular Neurobiology¸26巻4号000頁¸2006年06月
8 Kimihiro Yamashita,Yasuhumi Kataoka, Yasuko Sakurai-Yamashita, Kazuto Shigematsu, Akihiko Himeno, Masami Niwa, Kohtaro Taniyama:Involvement of glial endothelin/nitric oxide in delayed neuronal death of rat hippocampus after transient forbrain ischemia.(共著)¸Cellular and Molecular Neurobiology¸20巻5号541頁-551頁¸2000年10月
9 Kimihiro Yamashita, Masami Niwa, Yasuhumi Kataoka, Kazuto Shigematsu, Akihiko Himeno, Keisuke Tsutsumi, Mihoko Nakano-Nakashima, Yasuko Sakurai-Yamashita, Shigeki Shibata, Kohtaro Taniyama:Microglia with an Endothelin ETB receptor aggregate in rat hippocampus CA1 subfields following transient forebrain ischemia. (共著)¸Journal of Neurochemistry¸63巻3号1042頁-1051頁¸1994年09月
10 Kimihiro Yamashita,Yasuhumi Kataoka, Masami Niwa, Kazuto Shigematsu, Akihiko Himeno, Shuichi Koizumi, Kohtaro Taniyama:Increased production of endothelins in the hippocampus of stroke-prone spontaneously hypertensive rats following transient forebrain iscemia : Histochemical evidence.(共著)¸Cellular and Molecular Neurobiology¸13巻1号15頁-23頁¸1993年02月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Effects of oral administration of resveratrol on the function of CNS in adult female rats(ポスター) 第90回日本薬理学会年会 2017年03月
2 Genistein improves spatial learning and memory in male rats with elevated glucose level during memory consolidation. 第88回日本薬理学会年会 2015年03月
3 Effects of oral administration of genistein, a soy isoflavones, on the learning and memory performance in adult male rats/(ポスター) 第88回日本薬理学会年会 2015年03月
4 高糖負荷時の認知学習記憶能に及ぼすマメ科植物クズの影響評価(ポスター) 薬理学会関東部会 2018年03月
5 パセリ粉末がラットの学習記憶能に及ぼす影響評価(ポスター) 環境ホルモン学会 2017年12月
6 レスベラトロールは雄性ラットの空間学習記憶を改善する(ポスター) 環境ホルモン学会第18回研究発表会 2015年12月
教育情報
2015年度~継続中 環境毒性学I (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
2016年度 初年次セミナー (1年前期(1セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 生体影響基礎実験 (2年後期(4セメスター)¸週6コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 生体影響演習 B (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 生体影響演習 A (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 環境生理学I (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合26.70%)
2015年度~継続中 モジュール2:環境と生物応答 (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.30%)
2015年度~継続中 学際先進演習 Ⅰ (MC1年後期(MC2セメスター)¸週2コマ)
2015年度~継続中 環境生物学I (1年前期(1セメスター)¸週2コマ¸担当割合33.30%)
2015年度~継続中 生体影響実験 (3年前期(5セメスター)¸週6コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)