研究者詳細情報
氏 名 田井村 明博 ふりがな たいむら あきひろ
英文名 TAIMURA Akihiro 生年月 1955-05
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(1999年10月)
体育学修士(1980年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1978年00月 筑波大学体育専門学群体力学卒業
1980年03月 筑波大学体育研究科コーチ学修士課程修了
職歴
専門分野 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)(環境生理学)、生理人類学(生理人類学)、スポーツ科学(運動生理学)
加入学会 日本体力医学会、アメリカスポーツ医学会、日本生理学会、日本生気象学会、日本生理人類学会、体力・栄養・免疫学会(理事)、日本運動生理学会
受賞歴 日本体力医学会賞(1997年00月)
体力・栄養・免疫学会賞(2013年09月)
菅原賞(体力・栄養・免疫学会)(2016年08月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
水環境における生体反応の解析
水泳の生理学的研究
暑熱,寒冷環境におけるヒトの生体反応に関する研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Comparison of swimming speed and exercise intensity during non-invasive and invasive test in competitive swimming(jointly worked)¸Biomechanics and Medicine in Swimming VIII¸1999年00月
2 Sweat Loss and Fluid lntake During Swimming exercise : A Field Study&0d0a;¸Body Tempemparature and Metabolism, Nagasaka T. and A.S.Milton(Eds) ¸1995年00月
3 Comparison of swimming speed and exercise intensity during non-invasive and invasive test in competitive swimming&0d0a;¸Biomechanics and Medicine in Swimming VIII¸1999年00月
4 競泳勝利へのコーチング(共訳)¸(翻訳)¸1998年00月
5 田井村明博:運動処方としての水泳・水中運動(共著)¸杏林書院¸2016年09月
6 Central and Peripheral Control of Sweating Mechanisms : Modifications by Thermal Acclimatization and Physical Training&0d0a;¸Thermotherapy for Neoplasis, Inflammation, and Pain¸2001年00月
7 藤森加奈恵, 田井村明博:大学生の夏季日常生活下における温度環境の実態調査(共著)¸日本生理人類学会誌¸23巻4号149頁-154頁¸2018年11月
8 田中佑季、藤森加奈恵、田井村明博:高濃度人工炭酸泉浴による身体冷却効果に関する研究 -渦流浴による検討-(共著)¸体力・栄養・免疫学雑誌¸27巻2号120頁-121頁¸2017年11月
9 藤森加奈恵、田中佑季、田井村明博:温度環境選択と耐寒性に関する研究 -寒冷血管拡張反応からみた耐寒性との関連-(共著)¸体力・栄養・免疫学雑誌¸27巻2号117頁-119頁¸2017年11月
10 Khatun Aklima, Hasib Md, Nagano Hisaho, Taimura Akihiro:Effect of duration of stay in a temperate area on cold adaptation of tropical indigenes(共著)¸Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology¸27巻1号3頁-8頁¸2017年09月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 高濃度人工炭酸泉部分浴によるウォーミングアップ効果の検討 第16回人工炭酸泉研究会 2011年12月
2 高濃度人工炭酸泉足浴によるリラクセーション効果の検討 第15回人工炭酸泉研究会 2010年12月
3 高濃度人工炭酸泉部分浴が高体温時における核心温低下に及ぼす影響 第14回人工炭酸泉研究会 2009年12月
4 冷え症愁訴者の足趾温と温度感覚に関する研究(ポスター) 第64回日本体力医学会 2009年09月
5 高濃度人工炭酸泉部分浴が核心温に及ぼす影響 第13回人工炭酸泉研究会 2008年12月
6 局所寒冷負荷時における指皮温と温度感覚の関連性(ポスター) 第63回日本体力医学会 2008年09月
7 禁煙期間の違いが手指の寒冷血管拡張反応に及ぼす影響(ポスター) 第63回日本体力医学会 2008年09月
8 温熱負荷実験における温度感覚の連続的測定について 第22回運動と体温の研究会 2008年09月
9 高濃度人工炭酸泉浴における水温の違いが身体冷却効果に及ぼす影響(ポスター) 第77回日本生理人類学会大会 2018年06月
10 大学生の温度適応における温度環境変動の影響(ポスター) 第77回日本生理人類学会大会 2018年06月
教育情報
2017年度~継続中 生体影響学基礎特講Ⅷ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2017年度~継続中 生体影響学特講Ⅷ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2017年度~継続中 学際基礎演習 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週4コマ¸担当割合33.30%)
2015年度~2017年度 学際基礎演習Ⅰ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週2コマ)
2015年度~継続中 環境生理学Ⅱ (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 生物多様性・生体影響基礎実験 (2年後期(4セメスター)¸週6コマ)
2015年度~継続中 生体影響実験 (3年前期(5セメスター)¸週6コマ)
2013年度~継続中 環境と生物応答 (  ¸週2コマ¸担当割合25.00%)
2011年度~継続中 特別演習 (MC1年通年(MC1、2セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2011年度~継続中 特別研究Ⅰ (MC1年通年(MC1、2セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)