研究者詳細情報
氏 名 長江 真樹 ふりがな ながえ まさき
英文名 NAGAE Masaki 生年月 1968-05
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2755 FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(水産学)(1996年03月)
E-mail
Homepage http://www.env.nagasaki-u.ac.jp/sekkei/faculty/nagae/index.html
学歴 1991年00月 北海道大学水産学部水産増殖学科卒業
1996年03月 北海道大学水産学研究科水産増殖学博士課程その他
職歴 1999年04月~2001年03月 長崎大学 環境科学部 環境設計 講師
2001年04月~2007年03月 長崎大学 環境科学部 環境設計 助教授
2007年04月~2008年03月 長崎大学 環境科学部 環境設計 准教授
2008年04月~2013年09月 長崎大学 環境科学部 環境保全設計学系 准教授
2013年10月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 教授
専門分野 放射線・化学物質影響科学(内分泌かく乱物質)、水産学一般(魚類繁殖学)
加入学会 日本水産学会、日本動物学会、日本比較内分泌学会、日本内分泌撹乱化学物質学会、大気環境学会、日本環境化学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
イトヨを用いた化学物質の内分泌かく乱作用評価に関する共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
特異的バイオマーカーを用いた魚類における環境ホルモン影響評価
東アジアにおける大気越境化学物質の動態および生物影響に関する国際的調査
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Jing Song, Masaki Nagae, Kiyoshi Soyano:Standardization of plasma vitellogenin level for surveying environmental estrogen pollution using the Japanese common goby Acanthogobius flavimanus(共著)¸Journal of Applied Toxicology¸¸2018年03月
2 jing Song, Masaki Nagae, Kiyoshi Soyano:Changes in plasma vitellogenin and estradiol-17β levels during the gonadal development of the female Japanese common goby Acanthogobius flavimanus(共著)¸Aquaculture Science ¸65巻4号303頁-310頁¸2017年09月
3 Shotaro Hirase, Sherrie Chambers, Kathryn Hassell, Melissa Carew, Vincent Pettigrove, Kiyoshi Soyano, Masaki Nagae, Wataru Iwasaki:Phylogeography of the yellowfin goby Acanthogobius flavimanus in native and non-native distributions(共著)¸Marine Biology¸¸2017年03月
4 Hiroshi Okuhata, Masahiko Ninagawa, Naomichi Takemoto, Hezhe Ji, Hitoshi Miyasaka, Ai Iwamoto, Masaki Nagae, Yasuhiro Ishibashi, Koji Arizono:Phytoremediation of 4,4'-thiodiphenol (TDP) and other bisphenol derivatives by Portulaca oleracea cv.(共著)¸Journal of Bioscience and Bioengineering¸115巻1号55頁-57頁¸2013年01月
5 Anke Lange, Yoshinao Katsu, Shinichi Miyagawa, Yukiko Ogino, Hiroshi Urushitani, Tohru Kobayashi, Toshiaki Hirai, Janice A. Shears, Masaki Nagae, Jun Yamamoto, Yuta Ohnishi, Tomohiro Oka, Norihisa Tatarazako, Yasuhiko Ohta, Charles R. Tyler, Taisen Iguchi:Comparative responsiveness to natural and synthetic estrogens of fish species commonly used in the laboratory and field monitoring(共著)¸Aquatic Toxicology¸109巻250頁-258頁¸2012年03月
6 Takao Y, Kuwahara K, Nagae M and Soyano K:"Relationship between concentration of chemical substances in estuarine sediments and concentration of vitellogenin in mudskipper and common goby serum" in "Coastal Environmental and Ecosystem Issues of the East China Sea"(共著)¸Nagasaki University/TERRAPUB¸2010年03月
7 Nagae M, Takao Y, Ohkubo N, Matsubara T and Soyano K:"Estrogenic activity in estuaries by measuring serum vitellogenin concentration of Japanese male common goby in northwestern part of Kyusyu" in "Coastal Environmental and Ecosystem Issues of the East China Sea"(共著)¸Nagasaki University/TERRAPUB¸2010年03月
8 Park CB, Aoki JY, Lee JS, Nagae M, Lee YD, Sakakura Y, Hagiwara A, Soyano K:The effects of 17beta-estradiol on various reproductive parameters in the hermaphrodite fish Kryptolebias marmoratus(共著)¸Aquat Toxicol¸2010巻273頁-279頁¸2010年03月
9 Soyano K, Aoki J, Itashiki Y, Park CB, Nagae M, Takao Y, Lee YD, Yeo IK and Zhong J:"Contaminations by endocrine disrupting chemicals in coastal waters of the East China Sea" in "Coastal Environmental and Ecosystem Issues of the East China Sea"(共著)¸Nagasaki University/TERRAPUB¸2010年03月
10 Aoki JY, Nagae M, Takao Y, Hara A, Lee YD, Yeo IK, Lim BS, Park CB, Soyano K:Survey of contamination of estrogenic chemicals in Japanese and Korean coastal waters using the wild grey mullet (Mugil cephalus)(共著)¸Science of the Total Environment¸408巻660頁-665頁¸2010年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 メダカおよびイトヨの二次性徴を指標とした化学物質の抗男性ホルモン作用検出法の検討 第22回環境化学討論会 2013年07月
2 ミナミメダカ臀鰭鰭条における性特異的形質発現に関与する性ホルモン受容体サブタイプの探索(ポスター) 環境ホルモン学会 第20回研究発表会 2017年12月
3 Comparison of response sensitivity to steroid hormones between two species of medaka, Minami-medaka (Oryzias latipes) and Kitano-medaka (Oryzias sakaizumii). The 19th UK-Japan Annual Scientific Workshop on Research into Environmental Endocrine Disrupting Chemicals. 2017年11月
4 A new challenge of survey for evaluating the influence of EDCs pollution The 19th UK-Japan Annual Scientific Workshop on Research into Environmental Endocrine Disrupting Chemicals. 2017年11月
5 越境大気汚染物質のミジンコ急性・慢性毒性の周年変化とPAHsの影響(ポスター) 第58回大気環境学会 2017年09月
6 Molecular biological analysis of androgen and estrogen receptors for the transmitter of appearing secondary sexual characteristics of anal fin in medaka, Oryzias latipes.(ポスター) The 14th International Meeting on Reproductive Biology of Aquatic Animals of the East China Sea 2017年08月
7 Comprehensive evaluation of the transboundary air pollution in Nagasaki including Daphnia magna reproductive toxicity test.(ポスター) The 14th International Meeting on Reproductive Biology of Aquatic Animals of the East China Sea 2017年08月
8 Examination of sex hormonal effects on the morphological differentiation on the tip of anal fin rays in medaka (Oryzias latipes).(ポスター) The 14th International Meeting on Reproductive Biology of Aquatic Animals of the East China Sea 2017年08月
9 下水処理排水のエストロゲン活性およびエストロゲン遮断効果(ポスター) 第26回環境化学討論会 2017年06月
10 下水処理排水に含まれる環境エストロゲンの生物影響評価(ポスター) 環境ホルモン学会 第19回研究発表会 2016年12月
教育情報
2017年度~継続中 理科基礎実験 (2年前期(3セメスター)¸担当割合20.00%)
2017年度~継続中 化学概論 (2年前期(3セメスター)¸担当割合20.00%)
2014年度~継続中 環境毒性学II (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 水環境概論 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2011年度~継続中 生物環境応答学 (その他¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2011年度~継続中 東シナ海の科学 (2年前期(3セメスター)¸担当割合10.00%)
2010年度~継続中 環境保全設計実験C(新カリ科目名:生体影響実験) (3年後期(6セメスター)¸週3コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~継続中 生殖生理学特論 (DC1年後期(DC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~2013年度 環境内分泌学 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2010年度~2013年度 環境科学概論C (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合80.00%)
その他(自己PR)