研究者詳細情報
氏 名 和達 容子 ふりがな わだち ようこ
英文名 WADACHI Yoko 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 法学士(1989年03月)
法学修士(1992年03月)
博士(法学)(2010年10月)
E-mail
Homepage
学歴
職歴
専門分野 政治学(環境国際関係論)、国際関係論
加入学会 日本EU学会、日本国際政治学会、日本政治学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
欧州連合(EU)の環境政策-その政治学的分析
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 欧州連合における「補完性原理」-マーストリヒト条約下の議論を中心に¸法学政治学論究¸/35,1-31巻¸1997年00月
2 The Principle of Subsidiarity in the European Union¸Journal of Law and Political Studies¸/35,1-31巻¸1997年00月
3 地球温暖化防止政策に見るEU環境政策¸法学政治学論究¸/38,1-35巻¸1998年00月
4 The Climate Change Policy in the European Union¸Journal of Law and Political Studies¸/38,1-35巻¸1998年00月
5 EUの政策決定過程-「国境なきテレビ放送指令」第4条・第5条を事例として¸法学政治学論究¸/42,1-33巻¸1999年00月
6 EUの地球温暖化対策:その推移と政治学的関心¸総合環境研究¸5/2, 21-31巻¸2003年00月
7 A note on the EU Climate Change Policy: the interplay of environmental concern, environmental diplomacy and European Integration¸Journal of Environmental Studies¸5/2, 21-31巻¸2003年00月
8 和達容子:EUの気候変動政策と環境リーダーシップの行方ーCOP15からCOP21へ ¸長崎大学総合環境研究¸19巻1号11頁-21頁¸2016年10月
9 和達容子:EUの環境リーダーシップと気候変動問題-2009年コペンハーゲン会議の場合¸長崎大学総合環境研究¸18巻1号28頁-37頁¸2015年10月
10 和達容子:EUの環境リーダーシップと域内事情―ワシントン条約第15回締約国会議における大西洋クロマグロの場合¸長崎大学総合環境研究¸17巻1号¸2014年10月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 環境イシューの多義化とEU環境リーダーシップの諸相 慶應EU研究会 2014年02月
教育情報
2017年度~継続中 政治学概論 (2年後期(4セメスター)¸週7コマ¸担当割合50.00%)
2017年度~継続中 環境政策学基礎特講Ⅰ (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 環境ガバナンス論Ⅱ (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 環境政策基礎演習A (2年前期(3セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 学際基礎演習Ⅰ/Ⅱ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週2コマ¸担当割合33.33%)
2015年度~継続中 環境法政策学特講 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週2コマ¸担当割合50.00%)
2015年度~継続中 国際環境論Ⅰ (  ¸週1コマ)
2015年度~継続中 教養ゼミナール (1年前期(1セメスター)¸週1コマ)
2012年度~継続中 地球温暖化を考える (1年後期(2セメスター)¸週2コマ¸担当割合25.00%)
2011年度~継続中 国際関係学 (その他¸週1コマ)
その他(自己PR)