研究者詳細情報
氏 名 馬越 啓介 ふりがな うまこし けいすけ
英文名 UMAKOSHI Keisuke 生年月 1960-08
所 属 工学研究科 物質科学部門
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 理学博士(1988年03月)
理学修士(1985年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1983年03月 大阪市立大学理学部化学科卒業
1988年03月 大阪市立大学理学研究科化学専攻博士課程修了
職歴 1988年04月~1989年03月 分子科学研究所 非常勤講師
1989年04月~1991年09月 鳴門教育大学 助手
1991年10月~1995年03月 北海道大学理学部 助手
1995年04月~1999年03月 北海道大学大学院理学研究科 助手
1995年06月~1995年09月 連合王国ニューカッスル大学 客員研究員
1999年04月~2007年03月 長崎大学 工学部 応用化学科 助教授
2007年04月~2011年09月 長崎大学 工学部 応用化学科 准教授
2011年10月~継続中 長崎大学 工学研究科 物質科学部門  教授
専門分野 無機化学(錯体化学)
加入学会 日本化学会(BCSJ誌(欧文誌)編集委員)、錯体化学会(BJSCC編集委員)、アメリカ化学会、日本結晶学会、複合系の光機能研究会(世話人)、九州錯体化学懇談会(運営委員)
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 金属錯体(特に,白金,パラジウム,銅,銀,金,レニウム,オスミウムなどの貴金属の化合物)の合成と性質に関する内容
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
金属間結合を有する重遷移金属錯体の反応性と機能
光機能性多核金属錯体の開発
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Misa Ueda, Shinnosuke Horiuchi, Eri Sakuda, Yoshihide Nakao, Yasuhiro Arikawa, Keisuke Umakoshi:Reversible formation and cleavage of Pt→Ag dative bonds in a pre-organized cavity of a luminescent heteropolynuclear platinum(II) complex(共著)¸Chemical Communications¸53巻48号6405頁-6408頁¸2017年05月
2 Thorben R. Schulte, Julian J. Holstein, Lennard Krause, Reent Michel, Dietmar Stalke, Eri Sakuda, Keisuke Umakoshi, Giovanna Longhi, Sergio Abbate, Guido H. Clever:Chiral-at-Metal Phosphorescent Square-Planar Pt(II)-Complexes from an Achiral Organometallic Ligand(共著)¸Journal of the American Chemical Society¸139巻20号6863頁-6866頁¸2017年05月
3 Shinnosuke Horiuchi, Hirotaka Tanaka, Eri Sakuda, Yasuhiro Arikawa, Keisuke Umakoshi:Encapsulation and Enhanced Luminescence Properties of Ir Complexes within a Hexameric Self-Assembled Capsule(共著)¸Chemistry - A European Journal¸22巻49号17533頁-17537頁¸2016年12月
4 Kazuki Nishihara, Misa Ueda, Ami Higashitani, Yoshihide Nakao, Yasuhiro Arikawa, Shinnosuke Horiuchi, Eri Sakuda, Keisuke Umakoshi:Different structural preference of Ag(I) and Au(I) in neutral and cationic luminescent heteropolynuclear platinum(II) complexes: Z (U)-shaped Pt2M2 type vs. trinuclear PtM2 type(共著)¸Dalton Transactions¸45巻12号4978頁-4982頁¸2016年03月
5 Tomohiro Tanaka, Rie Nouchi, Yoshihide Nakao, Yasuhiro Arikawa, Keisuke Umakoshi:Highly luminescent imidoylamidinato platinum(II) complexes formed by the coupling of 1H-pyrazole-1-carboxamidine with nitriles used as reaction solvents(共著)¸RSC Advances¸4巻107号62186頁-62189頁¸2014年11月
6 Seiji Akatsu, Yasunori Kanematsu, Taka-aki Kurihara, Shota Sueyoshi, Yasuhiro Arikawa, Masayoshi Onishi, Shoji Ishizaka, Noboru Kitamura, Yoshihide Nakao, Shigeyoshi Sakaki, Keisuke Umakoshi:Syntheses and Luminescent Properties of 3,5-Diphenylpyrazolato-Bridged Heteropolynuclear Platinum Complexes. The Influence of Chloride Ligands on the Emission Energy Revealed by the Systematic Replacement of Chloride Ligands by 3,5-Dimethylpyrazolate(共著)¸Inorganic Chemistry¸51巻15号7977頁-7992頁¸2012年08月
7 Keisuke Umakoshi, Keizo Saito, Yasuhiro Arikawa, Masayoshi Onishi, Shoji Ishizaka, Noboru Kitamura, Yoshihide Nakao, Shigeyoshi Sakaki:Luminescent Heteropolynuclear Complexes of 3,5−Dimethylpyrazolate [Pt2Au2M2(Me2pz)8] (M = Ag, Cu) Showing Synergistic Effect of Three Transition Elements in the Excited State(共著)¸Chemistry - A European Journal¸15巻17号4238頁-4242頁¸2009年04月
8 Keisuke Umakoshi, Takashi Kojima, Keizo Saito, Seiji Akatsu, Masayoshi Onishi, Shoji Ishizaka, Noboru Kitamura, Yoshihide Nakao, Shigeyoshi Sakaki, Yoshiki Ozawa:Heteropolynuclear Complexes of 3,5-Dimethylpyrazolate [Pt2M4(Me2pz)8] (M = Ag, Cu). Highly Luminescent Character of the Triplet Excited State based on Mixed-metal Cores(共著)¸Inorganic Chemistry¸47巻12号5033頁-5035頁¸2008年06月
9 Keisuke Umakoshi, Takashi Kojima, Yong Hun Kim, Masayoshi Onishi, Yoshihide Nakao, Shigeyoshi Sakaki:Deep Blue Mixed-valent Pt(II,III,III)3 Complex [Pt3Br2(μ-pz)6] (pz = Pyrazolate) Showing Valence-detrapping Behavior in Solution(共著)¸Chemistry - A European Journal¸12巻19号6521頁-6527頁¸2006年08月
10 Keisuke Umakoshi, Takashi Kojima, Yasuhiro Arikawa, Masayoshi Onishi:Heteropolynuclear Palladium Complexes with Pyrazolate and Its 3-tert-Butyl Derivatives: The Effect of Heterometal Ions on the Rate of Isomerization(共著)¸Chemistry - A European Journal¸12巻19号5094頁-5104頁¸2006年06月
研究活動その他 2004年07月¸プロフェッショナル英和辞典 スペッド テラ
主な特許など
1 金属錯体,発光素子,表示装置¸特願2007-509385
2 METAL COMPLEX, LIGHT-EMITTING DEVICE AND DISPLAY ¸200680018067.1
3 METAL COMPLEX, LIGHT-EMITTING DEVICE AND DISPLAY ¸10-2007-7023323
4 METAL COMPLEX, LIGHT-EMITTING DEVICE AND DISPLAY ¸11/909,686
5 金属錯体,発光素子,表示装置¸特願2008-542186
6 METAL COMPLEX, LUMINESCENT DEVICE AND DISPLAY APPARATUS¸12/444,826
7 METAL COMPLEX, LUMINESCENT DEVICE AND DISPLAY APPARATUS¸07831082.8
8 金属錯体,発光素子,表示装置¸特願2009-502610
9 METAL COMPLEX, LIGHT-EMITTING DEVICE AND DISPLAY ¸08721377.3
10 METAL COMPLEX, LIGHT-EMITTING DEVICE AND DISPLAY ¸12/529,742
学会発表等の状況
1 Syntheses and luminescent properties of neutral Z-shaped heteropolynuclear platinum(II) complexes The international Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015年12月
2 Highly luminescent imidoylamidinato platinum(II) complexes formed by the coupling of 1H-pyrazole-1-carboxamidine with nitriles used as reaction solvents The international Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015年12月
3 Dpa部位を二つ有する配位子を用いたZn二核錯体の合成と反応性 日本化学会第98春季年会 2018年03月
4 新規ビスビピリジン配位子を有するルテニウム錯体の合成と構造 日本化学会第98春季年会 2018年03月
5 二酸化炭素光還元を触媒するCNC型ピンサー配位子を有するルテニウム錯体の合成(ポスター) 日本化学会第98春季年会 2018年03月
6 Tp配位子をもつピラゾラト架橋二核モリブデン錯体の合成(ポスター) 日本化学会第98春季年会 2018年03月
7 Tp配位子を有する二核ルテニウム錯体上での亜硝酸イオン還元サイクルの研究(ポスター) 日本化学会第98春季年会 2018年03月
8 Nitrite Reduction to Ammonia on a Dinuclear Ruthenium Complex(ポスター) IRCCS-JST CREST Joint Symposium “Chemical sciences facing difficult challenges" 2018年01月
9 分子内CT性によるソルバトクロミズムを指向した新規配位子およびその白金(II)錯体の合成と光物性(ポスター) 錯体化学会第67回討論会 2017年09月
10 アリールホウ素を導入したアセチルアセトナト型配位子を有する白金(II)錯体の合成と光物性(ポスター) 錯体化学会第67回討論会 2017年09月
教育情報
2016年度~継続中 無機化学Ⅰ (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2013年度~継続中 有機生命実験 I (3年前期(5セメスター)¸週3コマ¸担当割合25.00%)
2013年度~継続中 分子化学演習 I (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合25.00%)
2013年度~継続中 錯体化学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
2012年度~2016年度 量子化学 (2年前期(3セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2011年度~継続中 応用錯体化学特論 (DC1年前期(DC1セメスター)¸週1コマ)
2011年度~継続中 錯体化学特論 (その他¸週1コマ)
2011年度~2014年度 無機化学Ⅰ (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2011年度 無機機能設計学特論 (その他¸週1コマ)
2011年度 無機反応化学特論 (その他¸週1コマ)
その他(自己PR)