研究者詳細情報
氏 名 清水 康博 ふりがな しみず やすひろ
英文名 SHIMIZU Yasuhiro 生年月 1957-08
所 属 工学研究科 物質科学部門
TEL 095-819-2642 FAX 095-819-2643
職 名 教授 学位・資格 工学博士(1987年06月)
工学学士(1980年03月)
E-mail
Homepage http://www.mase.nagasaki-u.ac.jp/lab/zaika/zak.htm
学歴 1980年03月 九州大学工学部応用化学卒業
1981年03月 九州大学総合理工学研究科材料開発工学専攻修士課程中退
職歴 1981年04月~1986年06月 九州大学大学院総合理工学研究科 助手
1986年07月~1987年06月 長崎大学 工学部 講師
1987年07月~2001年03月 長崎大学 工学部 助教授
1989年03月~1989年08月 アメリカ合衆国 海軍海洋システムズセンター 客員研究員
1989年08月~1990年01月 アメリカ合衆国 ペンシルバニア州立大学 客員研究員
1998年11月~1999年01月 イタリア ローマ大学 ”トーアベルガタ” 招へい教授
1999年10月~1999年12月 ドイツ チュービンゲン大学 客員研究員
2001年04月~2005年03月 長崎大学 生産科学研究科 助教授
2005年04月~2011年03月 長崎大学 工学部 教授
2007年04月~2009年03月 長崎大学 工学部 副学部長(兼務)
2009年04月~2011年03月 長崎大学 工学部 工学部長(兼務)
2009年04月~2011年03月 長崎大学 工学部 物質工学講座 経営協議会委員(兼務)
2011年04月~継続中 長崎大学 工学研究科 教授
2015年04月~継続中 長崎大学 工学研究科 工学研究科長・工学部長(兼務)
2015年04月~2017年03月 長崎大学 経営協議会委員(兼務)
専門分野 構造・機能材料、機能材料・デバイス、薄膜・表面界面物性
加入学会 日本工学アカデミー、嗅覚及び化学センシング国際学会(運営委員会委員)、電気学会、アメリカ合衆国 セラミックス学会、アメリカ合衆国 電気化学会、応用物理学会、触媒学会、化学センサ研究会、日本化学会、日本セラミックス協会、電気化学会(代議員)
受賞歴 電気化学協会進歩賞・佐野賞(1992年04月)
電気化学会論文賞(2001年04月)
電気化学会化学センサ研究会 清山賞(2001年12月)
電気化学会論文賞(2005年04月)
電気化学会学術賞(2009年03月)
平成25年度の科学研究費補助金第一次審査「有意義な審査意見を付していただいた審査委員」賞受賞(2013年10月)
各種審議会・委員会等 The Electrochemical Society, Sensor Division(実行委員会委員)
Asian Conference on Chemical Sensors(国際運営委員会委員)
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 専門調査員
現在実施している
共同研究
各種センサのガス検知メカニズムの解明
各種センサの開発
各種ガスセンサ材料の開発
酸化タングステンを基材とするガスセンサの性能向上
技術指導分野 機能性セラミックス材料の設計&開発、各種化学センサ材料の設計&開発
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
熱安定性メソ・マクロポーラス・セラミックスの調製と各種電気化学デバイスの応用
電極/酸化物界面の微細構造制御によるダイオード型水素ガスセンサの高性能化
高性能固体電解質型センサの電解質および電極材料の設計・開発
リチウム二次電池用電極材料の設計と制御に関する研究
ダイオード型ガスセンサの設計,ガス検知機構の解明および高性能化に関する研究
これまでの研究テーマ 転写印刷法を利用した半導体ガスセンサのガスの反応性と拡散性の制御による高性能化
セラミックス粉末の表面化学処理、プロセッシングおよび機能設計
マイクロ波誘起常圧プラズマの制御と環境汚染物質の分解システムの構築
セラミック中空粒子および複合粒子の設計・プロセッシング
半導体ニオイセンサの設計,表面反応の解析および高性能化に関する研究
燃焼制御用半導体酸素センサの設計,ガス検知機構の解析および高性能化に関する研究
セラミック湿度センサの設計,ガス検知機構の解析および高性能化に関する研究
主な著書・論文・作品等
1 Takeo Hyodo, Naoki Morinaga, and Yasuhiro Shimizu:CO-sensing properties of diode-type gas sensors employing anodized titania and noble-metal electrodes under hydrogen atmosphere(共著)¸Chemosensors¸6巻1号¸2018年01月
2 Takeo Hyodo, Kaoru Urata, Kai Kamada, Taro Ueda, and Yasuhiro Shimizu:Semiconductor-type SnO2-based NO2 sensors operated at room temperature under UV-light irradiation(共著)¸Sensors and Actuators B¸253巻630頁-640頁¸2017年12月
3 Taro Ueda, Hironari Abe, Kai Kamada, Sean R. Bishop, Harry L. Tuller, Takeo Hyodo, and Yasuhiro Shimizu:Enhanced sensing response of solid-electrolyte gas sensors to toluene: Role of composite Au/metal oxide sensing electrode(共著)¸Sensors and Actuators B¸252巻268頁-276頁¸2017年11月
4 兵頭健生,永江和徳,笹原隆彦,鎌田 海,上田太郎,清水康博:貴金属-金属酸化物共担持メソポーラスアルミナ触媒を用いた吸着燃焼式マイクロガスセンサのVOC検知特性(共著)¸Chemical Sensors, Vol. 33, No. B (Proc. of the 62nd Chemical Sensor Symp.), Nagasaki, pp. 31–33 ¸2017年09月
5 上田太郎,大隅祐李,鎌田 海,兵頭健生,清水康博:NASICONを利用した固体電解質型COセンサの開発-Pt検知極への酸化物添加の影響II-(共著)¸Chemical Sensors, Vol. 33, No. B (Proc. of the 62nd Chemical Sensor Symp.), Nagasaki, pp. 1–3 ¸2017年09月
6 高森まり,上田太郎,鎌田 海,兵頭健生,清水康博:金属酸化物検知極を用いた高分子電解質型ガスセンサのCO検知特性(共著)¸Chemical Sensors, Vol. 33, No. B (Proc. of the 62nd Chemical Sensor Symp.), Nagasaki, pp. 7–9¸2017年09月
7 清水康博:九州支部だより,Electrochemistry, Vol. 85, No. 8, 504¸電気化学会¸2017年08月
8 清水康博:2017年電気化学秋季大会を迎えて,Electrochemistry, Vol. 85, No. 8, 443¸電気化学会¸2017年08月
9 兵頭健生,清水康博:ガス検知材料の細孔構造制御(共著)¸セラミックス,Vol. 52, No. 8, pp. 551–554¸2017年08月
10 Takeo Hyodo, Eriko Fujii, Keijiro Ishida, Taro Ueda, and Yasuhiro Shimizu:Microstructural control of porous In2O3 powders prepared by ultrasonic-spray pyrolysis employing self-synthesized polymethylmethacrylate microspheres as a template and their NO2-sensing properties(共著)¸Sensors and Actuators B¸244巻992頁-1003頁¸2017年06月
研究活動その他 2008年01月~継続中¸Sensors and Actuators B エディター
2003年04月~継続中¸Sensors and Materials 編集委員会委員
2004年07月~2005年02月¸Sensors and Actuators B ゲストエディター
1999年09月~継続中¸イタリア文部省大学研究局研究プロジェクト審査員
2000年03月~継続中¸サウジアラビア高等教育局研究プロジェクト審査員
2000年09月~継続中¸ロシア国際科学技術センター研究プロジェクト審査員
2002年06月~2003年03月¸長崎県客員研究員
2003年06月~2004年03月¸長崎県客員研究員
2004年06月~2005年03月¸長崎県客員研究員
2011年02月~継続中¸アメリカ合衆国 The National Science Foundation 研究プロジェクト審査委員
2005年08月~2006年01月¸平成16年度部材分野の技術ロードマップ策定調査「環境エネルギー分野等-環境負荷低減部材-センサー」WGメンバー
2012年01月~継続中¸Editorial Board Member of “Chemical Sensors” (Simplex Academic Publishers)
2008年03月~継続中¸Steering Committee Member of the International Society for Olfaction and Chemical Sensing (ISOCS)
2012年05月~継続中¸International Steering Committee Member of International Meeting on Chemical Sensors
2012年07月~継続中¸Member of Editorial Board, Journal of Materials
2012年01月~継続中¸Member of International Scientific Committee, International Workshop on Semiconductor Gas Sensors
2013年01月¸The Electrochemical Society, Sensor Division, 実行委員会委員
2013年04月~2015年03月¸長崎県理科・化学教育懇談会副会長
2013年04月~2016年03月¸電気化学会 平成25年度各賞選考委員会委員
2014年02月~2016年10月¸PRiME2016, Oct. 9-14, 2017, Hawaii, USA,センサシンポジウムオーガナイザー
2012年10月~2013年11月¸電気化学会 平成24年度調査委員(女性躍進賞)
2014年02月~2016年10月¸PRiME2016, Oct. 9-14, 2017, Hawaii, USA,センサシンポジウムオーガナイザー
2015年01月~2017年01月¸電気化学会 化学センサ研究会 会長
2015年02月~2016年06月¸International Advisory Board of Symposium J "Functional Nanomaterials for New Generation Solid State Gas Sensors" of CIMTEC 2016
2015年03月~2016年03月¸長崎県理科・化学教育懇談会 副会長
2015年03月¸9th International Conference on High Temperature Ceramic Matrix Composites (HTCMC-9), SYMPOSIUM G9: Advanced Functional Materials, Devices, and Systems for Environmental Conservation and Pollution Control (June 26 – 30, 2016, Marriott Downtown Eaton Centre Hotel, Toronto, Ontario Canada)
2015年04月~2019年03月¸九州工学教育協会 常任理事および運営委員会委員
2015年05月~2016年05月¸ 一般社会法人触媒学会 西日本支部 幹事
2016年01月~2016年12月¸電気化学会九州支部副会長
2016年01月~2017年12月¸電気化学会理事
2016年09月~2020年09月¸The award committee member for the Henry B. Linford Award
2017年01月¸電気化学会九州支部長
主な特許など
1 COセンサおよびCOセンサの製造方法¸ZL201480037890.1
2 CO センサ¸特願2013-108611
3 アニオン交換膜CO2センサ¸特願2011-126465
4 水素ガスセンサ¸2005-103579
5 アルミナ中空粒子の製造方法¸2004-015734
6 多孔質金属膜の製造方法およびセンサの製造方法¸2003-367760
7 多孔質機能性膜およびその製造方法,並びにセンサ¸2003-367759
8 排気浄化装置¸2003-364702
9 VOCセンサおよびVOC検知装置¸2003-317765
10 写真廃液の処理方法,処理装置及び銀回収方法¸2003-169407
学会発表等の状況
1 Basic aspects of semiconductor gas sensors and several approaches for improving gas sensing properties(招待講演) Workshop on MOX Sensors, Institute of Processing Engineering, Chinese Academy of Sciences, P.R. 2016年12月
2 Diode-type H2 sensors: Optimal coating of the Pt-sensing electrodes with Au for improving the H2-sensing properties(招待講演) 4th International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment (ENGE 2016) 2016年11月
3 Design of highly sensitive and selective diode-type H2 sensors(招待講演) Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science (PRiME2016, 230th Meeting of The Electrochemical Society and 2016 Fall Meeting of The Electrochemical Society of Japan) 2016年10月
4 VOC-sensing properties of adsorption/combustion-type micro gas sensors using mesoporous alumina co-loading with Pt and metal oxide Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science (PRiME2016, 230th Meeting of The Electrochemical Society and 2016 Fall Meeting of The Electrochemical Society of Japan) 2016年10月
5 VOC-sensing properties of solid-electrolyte gas sensors: Impact of metal oxide composition in composite Au-metal oxide electrodes IMCS2016-The 16th International Meeting on Chemical Sensors 2016年07月
6 NO2-sensing Properties of Porous Indium Oxide Prepared with Size-controlled Polymer Templates IMCS2016-The 16th International Meeting on Chemical Sensors 2016年07月
7 Noble metal (Pt or Au)-loaded metal-oxide electrodes for potentiometric CO sensors using an anion-conducting polymer as an electrolyte(招待講演) The 16th International Meeting on Chemical Sensors (IMCS2016) 2016年07月
8 ヘキサメチルジシラザンが半導体ガスセンサのガス検知特性に及ぼす影響 第53回化学関連支部合同九州大会 2016年07月
9 Development of gas sensors by utilizing well-developed porous materials(招待講演) 2016 Collaborative Conference on 3D & Materials Research (CC3DMR2016) 2016年06月
10 Solid Electrolyte CO Sensors Operable at Room Temperature(招待講演) IREC (Institut de Recerca en Energia de Catalunya, Catalonai Institute for Energy Research) 2016年06月
教育情報
2017年度~継続中 固体構造化学 (1年前期(1セメスター))
2016年度~継続中 固体化学 (1年前期(1セメスター))
2016年度~継続中 固体化学演習 (1年後期(2セメスター))
2015年度~継続中 工学倫理・安全工学 (3年前期(5セメスター))
2014年度~継続中 先進センシング化学特論 (DC3年後期(DC6セメスター))
2013年度~2014年度 分子化学演習Ⅱ (3年後期(6セメスター))
2013年度 工場実習・工場見学 (4年通年(7、8セメスター)¸担当割合50.00%)
2013年度 教養ゼミナール(1) (1年前期(1セメスター)¸週1コマ)
2012年度~2014年度 工学倫理 (3年前期(5セメスター)¸担当割合50.00%)
2012年度~継続中 総合演習Ⅰ (MC2年通年(MC3、4セメスター))
その他(自己PR)