研究者詳細情報
氏 名 原田 哲夫 ふりがな はらだ てつお
英文名 HARADA Tetsuo 生年月 1954-11
所 属 工学研究科 システム科学部門
TEL 095-819-2597 FAX 095-819-2602
職 名 教授 学位・資格 工学博士(1988年09月)
E-mail
Homepage http://www.st.nagasaki-u.ac.jp/ken/harada/index.html
学歴 1978年03月 九州工業大学工学部開発土木工学科卒業
1980年03月 九州工業大学工学研究科開発土木工学専攻修士課程修了
職歴 1980年04月~1987年05月 長崎大学 工学部 構造工学科 助手
1987年05月~1991年03月 長崎大学 工学部 構造工学科 講師
1991年04月~1997年03月 長崎大学 工学部 構造工学科 助教授
1997年04月~継続中 長崎大学 工学部 構造工学科 教授
専門分野 土木材料・施工・建設マネジメント(コンクリート工学)、構造工学・地震工学・維持管理工学
加入学会 土木学会(コンクリート委員会委員)、日本建築学会、日本コンクリート工学会(九州支部支部長)、American Concrete Institute、プレストレストコンクリート工学会(連続繊維補強材のPC構造物への適用に関する委員会委員)、日本材料学会、連続繊維補強材のPC構造物への適用に関する委員会委員、日本工学教育協会
受賞歴 平成27年度土木学会田中賞(論文部門)(2016年06月)
平成17年度土木学会西部支部技術賞(2006年05月)
各種審議会・委員会等 長崎県総合評価落札制度検討委員会委員長
長崎県生コンクリート品質監査会議議長
土木学会・コンクリート委員会
国土交通省 九州地方整備局コンクリート評価委員会委員
現在実施している
共同研究
技術指導分野 コンクリート用材料、鉄筋コンクリート構造、プレストレストコンクリート構造、コンクリート構造物の維持管理、補修・補強
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
連続繊維緊張材を用いたプレストレストコンクリート構造に関する研究
定着用膨張材を用いた鉄筋継手、中間定着に関する研究
アルカリシリカ反応によるコンクリート構造物の鉄筋破断メカニズムに関する研究
産業副産物を利用したヒートアイランド抑制建設材料の開発
FRPシートを用いたコンクリート構造物の補強に関する研究
これまでの研究テーマ 静的破砕剤を用いたコンクリート構造物の解体に関する研究
主な著書・論文・作品等
1 原田哲夫,生田泰清,佐々木謙二,大畑裕志,徳山ミョーキン:定着用膨張材によるCFRPより線とPC鋼より線の定着機構に関する研究(共著)¸土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)¸70号370頁-389頁¸2014年11月
2 原田哲夫:定着用膨張材によるPC緊張材の定着法の開発と実構造物への適用¸電力土木¸372号3頁-8頁¸2014年07月
3 木村祥裕,山口貴之,原田哲夫:球状黒鉛鋳鉄管部材の終局挙動に及ぼす表面状態の影響(共著)¸日本建築学会構造系論文集¸79巻700号829頁-837頁¸2014年06月
4 清宮理,羽渕貴士,佐野清史,内藤英晴,原田哲夫:軍艦島の歴史的なコンクリート護岸の現況調査(共著)¸コンクリート工学¸51巻12号975頁-983頁¸2013年12月
5 1 Hiroshi Kimura, Tsuyoshi Enomoto, Shunji Hachisuka, Tetsuo Harada and Kenji Sasaki:Long Term Outdoor Tests of CFRP Strand Cable (CFCC) under UV Ray Exposure and Water Immersion(共著)¸Proceedings of the International Conference on the Regeneration and Conservation of Concrete Structures¸¸2015年06月
6 片山強,佐々木謙二,柏尾和麻,原田哲夫:蒸気養生を模擬した温度履歴を与えたコンクリートの促進中性化深さに関する検討(共著)¸コンクリート工学年次論文集¸36巻1号862頁-867頁¸2014年07月
7 柏尾和麻,佐々木謙二,片山強,原田哲夫:初期高温履歴を与えたコンクリートの収縮特性に及ぼす結合材種類と養生条件の影響(共著)¸コンクリート工学年次論文集¸36巻1号442頁-447頁¸2014年07月
8 山口貴之,木村祥裕,原田哲夫,冨田昂寛:予歪による球状黒鉛鋳鉄の引張特性に与える影響(共著)¸鋼構造年次論文報告集¸21巻639頁-644頁¸2013年11月
9 大畑裕志,原田哲夫,佐々木謙二,生田泰清:定着用膨張材を用いた中間定着工法におけるPC緊張材の定着長およびセットロスに関する研究(共著)¸コンクリート工学年次論文集¸35巻2号595頁-600頁¸2013年07月
10 佐々木謙二,岡野耕大,片山強,原田哲夫:PCa製品を想定した温度履歴を与えたコンクリートの収縮性状に関する基礎的検討(共著)¸コンクリート工学年次論文集¸35巻1号517頁-522頁¸2013年07月
研究活動その他
主な特許など
1 PC緊張材の中間定着具および定着方法¸2006-102086
学会発表等の状況
1 定着用膨張材によるPC緊張材の定着法の開発と展開(招待講演) 第45回プレストレストコンクリート技術講習会 2017年06月
2 ものづくりのこころ(招待講演) 九州地区太平洋セメント生コン会経営者セミナー 2013年11月
3 ASR膨張による異形鉄筋曲げ加工部の破断とそのメカニズムに関する考察 平成21年度土木学会西部支部研究発表会 2010年03月
教育情報
2011年度~継続中 微分積分学Ⅰ (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2013年度~継続中 線形代数学Ⅰ (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2002年度~継続中 土質力学 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
1994年度~継続中 基礎構造設計法 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~2015年度 技術英語Ⅱ (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2005年度~継続中 維持管理工学 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2013年度~継続中 プレストレストコンクリート工学 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
1997年度~継続中 コンクリート構造学特論Ⅰ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
1997年度~継続中 構造システム工法特論 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2000年度~継続中 維持管理システム学特論 (DC1年前期(DC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)