研究者詳細情報
氏 名 神津 玲 ふりがな こうづ りょう
英文名 KOZU Ryo 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7963 FAX 095-819-7963
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(2010年03月)
学士(保健衛生学)(1997年08月)
理学療法士(1989年05月)
日本理学療法士協会認定理学療法士(2016年04月)
日本理学療法士協会専門理学療法士(2014年04月)
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士(2009年04月)
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士(2012年09月)
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会呼吸ケア指導士(2014年04月)
E-mail
Homepage http://yumejuku.org/
学歴 1989年03月 長崎大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業
2010年03月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科新興感染症病態制御学系専攻博士課程修了
職歴 1989年04月~1993年03月 田上病院理学療法科 職員(医療系)
1993年04月~2004年03月 聖隷三方原病院呼吸器センター内科・リハビリテーション科 職員(医療系)
2004年04月~2010年03月 長崎大学医学部・歯学部附属病院リハビリテーション部 職員(医療系)
2010年05月~2011年03月 Curtin University School of Physiotherapy, and Sir Charles Gairdner Hospital, Australia 研究員
2011年04月~2015年03月 長崎大学病院リハビリテーション部 職員(医療系)
2015年04月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 教授
2015年04月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 保健学専攻 教授(兼務)
2015年04月~継続中 長崎大学 医学部 保健学科 教授(兼務)
専門分野 リハビリテーション科学・福祉工学
加入学会 日本禁煙学会、欧州呼吸器学会、日本呼吸理学療法学会(代表運営幹事)、日本肺高血圧・肺循環学会、アジア太平洋呼吸器学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会(代議員)、日本心臓リハビリテーション学会、日本呼吸器学会(呼吸ケアカンファレンス実行委員会委員)、日本集中治療医学会(会則検討委員会委員,早期リハビリテーション検討委員会委員)、日本呼吸療法医学会(理事)、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(理事)
受賞歴 第14回日本呼吸管理学会学術集会 優秀演題賞(2004年07月)
第11回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会 大塚 Award 優秀発表賞(2006年09月)
第29回日本呼吸療法医学会学術総会 会長賞(2007年07月)
第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 優秀演題賞(2012年11月)
第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 優秀演題賞(2013年11月)
第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 優秀演題賞(2014年11月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 心臓呼吸リハビリテーションと理学療法
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
早期リハビリテーション介入が敗血症患者の臨床経過と長期機能予後に及ぼす影響
心不全患者の身体運動機能と運動療法の効果の特性
心臓大血管術後患者の早期リハビリテーション介入と長期機能予後の関連性
地方都市におけるCOPDの早期発見,早期介入のための検診事業
間質性肺疾患に対する呼吸リハビリテーション
摂食・嚥下障害および誤嚥性肺炎における理学療法の役割と有効性
ARDSにおける呼吸管理と体位管理(腹臥位換気),早期理学療法の意義
これまでの研究テーマ 早期理学療法介入が慢性呼吸不全急性増悪患者の転帰に及ぼす影響
慢性呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーションの効果
主な著書・論文・作品等
1 及川真人,花田匡利,日髙重和,永安 武,神津 玲:食道癌周術期におけるリハビリテーションの現状(共著)¸胸部外科¸69巻59頁-64頁¸2016年01月
2 Tanaka T, Tanaka K, Suyama K, Honda S, Senjyu H, Kozu R:Comparison of objective physical activity, muscle strength, and depression among community-dwelling older women living in sloped versus non-sloped environments(共著)¸J Nutr Health Aging¸20巻520頁-524頁¸2016年01月
3 神津玲,花田匡利,及川真人,名倉弘樹,俵祐一,松本周平,東島潮,関野元裕:急性呼吸不全に対する呼吸理学療法(共著)¸人工呼吸¸33巻40頁-45頁¸2016年01月
4 神津玲,花田匡利,及川真人,名倉弘樹:(高齢者周術期の嚥下障害と管理)術後の管理:リスクマネジメント,スクリーニングと対策(共著)¸JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION¸25巻1180頁-1185頁¸2016年01月
5 Hanada M, Sakamoto N, Ishimatsu Y, Kakugawa T, Obase Y, Kozu R, Senjyu H, Izumikawa K, Mukae H, Kohno S:Effect of long-term treatment with corticosteroids on skeletal muscle strength, functional exercise capacity and health status in patients with interstitial lung disease(共著)¸Respirology¸21巻1088頁-1093頁¸2016年01月
6 名倉弘樹,及川真人,花田匡利,富永哲郎,神津 玲:ICU獲得性筋力低下を併発した重症敗血症患者における急性期理学療法の経験(共著)¸理学療法探求¸19巻25頁-31頁¸2016年01月
7 Yano Y, Senjyu H, Tanaka T, Asai M, Yanagita Y, Nishinakagawa T, Miyamoto N, Kotaki K, Kozu R, Honda S:Factors associated with the annual change in forced expiratory volume in 1 second of officially acknowledged victims of pollution-related illness in improved environments: a longitudinal study(共著)¸J Phys Ther Sci¸27巻1411頁-1416頁¸2015年01月
8 Tawara Y, Senjyu H, Tanaka K, Tanaka T, Asai M, Kozu R, Tabusadani M, Honda S, Sawai T:Value of systematic intervention for chronic obstructive pulmonary disease in a regional Japanese city based on case detection rate and medical cost(共著)¸Int J Chron Obstruct Pulmon Dis¸10巻1531頁-1542頁¸2015年01月
9 Morimoto Y, Kondo Y, Kataoka H, Honda Y, Kozu R, Sakamoto J, Nakano J, Origuchi T, Yoshimura T, Okita M:Heat treatment inhibits skeletal muscle atrophy of glucocorticoid-induced myopathy in rats(共著)¸Physiol Res¸64巻897頁-905頁¸2015年01月
10 Asai M, Tanaka T, Kozu R, Kitagawa C, Tabusadani M, Senjyu H.:Effect of a Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Intervention on COPD Awareness in a Regional City in Japan(共著)¸Intern Med¸54巻163頁-169頁¸2015年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2017年度~継続中 臨床理学療法学セミナーⅠ (3年後期(6セメスター))
2017年度 総合臨床実習Ⅰ (3年後期(6セメスター))
2017年度~継続中 理学療法学概論 (1年前期(1セメスター))
2015年度~継続中 卒業研究 (4年通年(7、8セメスター)¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 呼吸・循環系理学療法学実習 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 理学療法学セミナーⅠ,Ⅱ (4年後期(8セメスター))
2015年度~継続中 理学療法学セミナー (MC1年後期(MC2セメスター))
2015年度~継続中 呼吸器障害理学療法学特論 (MC1年後期(MC2セメスター))
2015年度~継続中 呼吸・循環系理学療法学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 理学療法研究法 (4年前期(7セメスター)¸週3コマ¸担当割合75.00%)
その他(自己PR)