研究者詳細情報
氏 名 熊崎 耕太 ふりがな くまざき こうた
英文名 KUMAZAKI Kota 生年月
所 属 教育学部 数理情報
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 学士(理学)(2005年03月)
修士(教育学)(2007年03月)
博士(学術)(2010年03月)
中学校教諭1種免許(2005年03月)
高等学校教諭1種免許(2005年03月)
中学校教諭専修免許(2007年03月)
高等学校教諭専修免許(2007年03月)
E-mail
Homepage
学歴 2005年03月 東京理科大学理工学部数学科卒業
2010年03月 名古屋工業大学工学研究科情報工学専攻博士課程修了
職歴 2010年04月~2011年03月 愛知工業大学基礎教育センター自然科学教室 非常勤講師
2011年04月~2012年03月 名古屋工業大学共通教育実施本部 非常勤講師
2012年04月~2016年03月 苫小牧工業高等専門学校理系総合学科 准教授
2016年04月~2018年03月 苫小牧工業高等専門学校創造工学科総合自然科学系 准教授
2018年04月~継続中 長崎大学教育学部数理情報講座 准教授
専門分野 大域解析学(非線形解析(含変分解析・非線形現象))
加入学会 日本数学会
受賞歴 学長表彰(学術活動部門)(2010年02月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Kota Kumazaki, Toyohiko Aiki, Naoki Sato, Yusuke Murase: Multiscale model for moisture transport with adsorption phenomenon in concrete materials¸Applicable Analysis¸97巻41頁-54頁¸2018年04月
2 Kota Kumazaki:Measurability of a solution of a free boundary problem describing adsorption phenomenon¸Advances in Mathematical Sciences and Applications¸26巻19頁-27頁¸2017年04月
3 Kota Kumazaki:Continuous dependence of a solution of a free boundary problem describing adsorption phenomenon for a given data¸Advances in Mathematical Sciences and Applications¸25巻1号283頁-299頁¸2016年07月
4 Tetsuya Ishiwata, Kota Kumazaki:Structure preserving finite difference scheme for the Landau-Lifshitz equation with applied magnetic field(共著)¸Discrete and Continuous Dynamical Systems , Supplement 2014¸644頁-651頁¸2015年11月
5 Kota Kumazaki:Exponential decay of a solution for some parabolic equation involving time non-local term¸Mathematica Bohemica¸140巻2号129頁-137頁¸2015年07月
6 Toyohiko Aiki, Kota Kumazaki:Uniqueness of a solution to a mathematical model describing moisture transport in concrete material(共著)¸Networks and Heterogeneous media¸9巻683頁-707頁¸2014年12月
7 Kota Kumazaki:Large time behavior of a solution of carbon dioxide transport model in concrete carbonation process¸Journal of Differential Equations¸257巻6号2136頁-2158頁¸2014年06月
8 Kota Kumazaki: A mathematical model of carbon dioxide transport model in concrete carbonation process¸Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series S¸7巻1号113頁-125頁¸2014年02月
9 Kota Kumazaki: A mathematical model for moisture transport with a time-dependent porosity in concrete carbonation process ¸GAKUTO Internaitonal Series Mathematical Sciences and Applications¸36巻175頁-201頁¸2013年11月
10 Tetsuya Ishiwata, Kota Kumazaki:Structure-preserving finite difference scheme for vortex filament motion(共著)¸ Proceeding of ALGORITMY 2012¸230頁-238頁¸2012年10月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 二重尺度法を用いた多孔質媒体内の水分の流れを表す数理モデルとその解析(招待講演) 九州関数方程式セミナー 2018年11月
2 A moving boundary problem describing swelling of a pocket of water along a halfline(招待講演) 研究集会「非線形発展方程式を基盤とする現象解析に向けた数学理論の展開」 2018年10月
3 水分膨張を記述するある自由境界問題の時間大域的な解の存在について 日本数学会2017年年会実関数論分科会 2018年09月
4 On a free boundary problem describing swelling in porous materials The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications 2018年07月
5 多孔質媒体内での水分膨張過程を表す自由境界問題の可解性について 日本数学会2017年年会 2018年03月
6 多孔質媒体内の水分膨張過程を表す自由 境界問題の可解性について 第43回発展方程式研究会 2017年12月
7 多孔質媒体内の水分膨張過程を記述する自由境界問題につ いて 日本数学会2017年秋季総合分科会 2017年09月
8 On a multiscale model for moisture transport with adsorption phenomenon in concrete materials(招待講演) Equadiff 2017 2017年07月
9 多孔質媒体内で起こる水分の吸着現象を表すある自由境界 問題について 日本数学会2016年年会 2017年03月
10 多孔質媒体内の吸着現象を伴った水分の流れを表すマルチスケールモデルについて 第42回 発展方程式研究会 2016年12月
教育情報
2018年度~継続中 小学校算数科 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
2018年度~継続中 微分積分学II (1年後期(2セメスター))
2018年度~継続中 コンピュータとアルゴリズム (1年後期(2セメスター))
2018年度 微分積分学I (1年前期(1セメスター))
2018年度 確率論 (3年前期(5セメスター))
その他(自己PR)