研究者詳細情報
氏 名 中山 智喜 ふりがな なかやま ともき
英文名 NAKAYAMA Tomoki 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2772 FAX
職 名 准教授 学位・資格 修士(理学)(2003年03月)
博士(理学)(2006年03月)
E-mail
Homepage https://t-nakayama09.wixsite.com/t-nakayama
学歴 2001年03月 神戸大学理学部化学科卒業
2006年03月 名古屋大学理学研究科素粒子宇宙物理学専攻博士課程修了
職歴 2006年04月~2007年03月 京都大学 助手
2007年04月~2007年05月 京都大学 助教
2007年06月~2015年09月 名古屋大学 助教
2015年09月~2018年02月 名古屋大学 講師
2018年03月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 准教授
専門分野 環境動態解析
加入学会 日本大気化学会(運営委員)、日本エアロゾル学会、大気環境学会、日本気象学会、日本化学会、日本地球惑星科学連合、米国地球物理学連合(American Geophysical Union)、米国エアロゾル研究協会(The American Association for Aerosol Research)
受賞歴 文部科学大臣表彰(若手科学者賞)(2018年04月)
日本大気化学会 奨励賞(2015年10月)
日本エアロゾル学会 奨励賞(2015年06月)
鉄鋼環境基金 技術委員長賞(2015年08月)
日本エアロゾル学会 ベストポスター賞(2010年06月)
第19回化学反応討論会 ベストポスター賞(2003年06月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
大気微量成分検知機構に関する共同研究
技術指導分野 大気微量成分やエアロゾル(PM2.5)の計測
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
大気微量成分およびエアロゾルの高感度計測装置の開発と大気計測への応用
これまでの研究テーマ 分光学的手法を用いた大気化学反応過程の実験的研究
主な著書・論文・作品等
1 T. Nakayama, K. Sato, T. Imamura, Y. Matsumi:Effect of oxidation process on complex refractive index of secondary organic aerosol generated from isoprene(共著)¸Environ. Sci. Technol.¸52巻2566頁-2574頁¸2018年03月
2 T. Nakayama, Y. Matsumi, K. Kawahito, Y. Watabe:Development and evaluation of a palm-sized optical PM2.5 sensor(共著)¸Aerosol Sci. Technol.¸52巻2頁-12頁¸2018年01月
3 T. Nakayama, Y. Kuruma, Y. Matsumi, Y. Morino, K. Sato, H. Tsurumaru, S. Ramasamy, Y. Sakamoto, S. Kato, Y. Miyazaki, T. Mochizuki, K. Kawamura, Y. Sadanaga, Y. Nakashima, K. Matsuda, Y. Kajii:Missing ozone-induced potential aerosol formation in a suburban deciduous forest(共著)¸Atmos. Environ.¸171巻91頁-97頁¸2017年12月
4 T. Nakayama, K. Sato, M. Tsuge, T. Imamura, Y. Matsumi:Complex refractive index of secondary organic aerosol generated from isoprene/NOx photooxidation in the presence and absence of SO2(共著)¸J. Geophys. Res. Atmos.¸120巻7777頁-7787頁¸2015年08月
5 T. Nakayama, H. Suzuki, S. Kagamitani, Y. Ikeda, A. Uchiyama, Y. Matsumi:Characterization of a three wavelength photoacoustic soot spectrometer (PASS-3) and a photoacoustic extinctiometer (PAX)(共著)¸J. Meteor. Soc. Japan¸93巻285頁-308頁¸2015年04月
6 T. Nakayama, Y. Ikeda, Y. Sawada, Y. Setoguchi, S. Ogawa, K. Kawana, M. Mochida, F. Ikemori, K. Matsumoto, Y. Matsumi:Properties of light-absorbing aerosols in the Nagoya urban area, Japan, in August 2011 and January 2012: Contributions of brown carbon and lensing effect(共著)¸J. Geophys. Res. Atmos.¸119巻12721頁-12739頁¸2014年11月
7 T. Nakayama, K. Sato, Y. Matsumi, T. Imamura, A. Yamasaki, A. Uchiyama:Wavelength and NOx dependent complex refractive index of SOAs generated from the photooxidation of toluene(共著)¸Atmos. Chem. Phys.¸13巻531頁-545頁¸2013年01月
8 T. Nakayama, K. Sato, Y. Matsumi, T. Imamura, A. Yamasaki, A. Uchiyama:Wavelength dependence of refractive index of secondary organic aerosols generated during the ozonolysis and photooxidation of a-pinene(共著)¸SOLA¸8巻119頁-123頁¸2012年10月
9 T. Nakayama, Y. Matsumi, K. Sato, T. Imamura, A. Yamazaki, A. Uchiyama:Laboratory studies on optical properties of secondary organic aerosols generated during the photooxidation of toluene and the ozonolysis of a-pinene(共著)¸J. Geophys. Res.¸115巻D24204頁--頁¸2010年12月
10 T. Nakayama, R. Hagino, Y. Matsumi, Y. Sakamoto, M. Kawasaki, A. Yamazaki, A. Uchiyama, R. Kudo, N. Moteki, Y. Kondo, K. Tonokura:Measurements of aerosol optical properties in central Tokyo during summertime using cavity ring-down spectroscopy: Comparison with conventional techniques(共著)¸Atmos. Environ.¸44巻3034頁-3042頁¸2010年08月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2018年度~継続中 地球環境実験 (3年前期(5セメスター)¸週6コマ¸担当割合100.00%)
2018年度~継続中 地球環境・環境技術基礎実験 (2年後期(4セメスター)¸週6コマ¸担当割合100.00%)
2018年度~継続中 大気環境概論 (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2018年度~継続中 地球環境演習A (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2018年度~継続中 地球環境演習B (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)