研究者詳細情報
氏 名 萩森 政頼 ふりがな はぎもり まさより
英文名 HAGIMORI Masayori 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-8564 FAX
職 名 准教授 学位・資格 博士(薬学)(2012年01月)
薬剤師(2001年10月)
放射線取扱主任者(第1~2種)(2006年01月)
E-mail
Homepage
学歴 2001年03月 長崎大学薬学部卒業
2003年03月 京都大学薬学研究科修士課程修了
職歴 2003年04月~2006年05月 万有製薬株式会社(現・MSD)つくば研究所薬物動態研究所 研究員
2006年05月~2010年03月 長崎国際大学 薬学部 薬学科 助手
2010年04月~2012年03月 長崎国際大学 薬学部 薬学科 助教
2012年04月~2016年03月 神戸薬科大学 講師
2016年04月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(薬学系) 講師
2016年05月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(薬学系) 准教授
専門分野 放射線科学、物理系薬学、医療系薬学
加入学会 日本薬学会、日本核医学会、日本DDS学会、日本分子イメージング学会、亜鉛栄養治療研究会
受賞歴 2012年度日本薬学会近畿支部奨励賞 第二部門(物理系薬学)(2012年12月)
第27回日本微量元素学会学術集会優秀演題賞(2016年07月)
平成28年度コニカミノルタ画像科学奨励賞(2017年02月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 薬物動態学、イメージング
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
難治性乳がんの治療に資するナノキャリア型内用放射線治療薬剤の開発
これまでの研究テーマ 分子イメージングによる全身性アミロイドーシスの早期診断法の開発
外部放射線照射との相乗効果に基づくがん治療を目的とした内用放射線治療薬剤の開発
主な著書・論文・作品等
1 Masayori Hagimori, Yorinao Chinda, Tadaharu Suga, Kazuto Yamanami, Naoya Kato, Tatsuo Inamine, Yuki Fuchigami, Shigeru Kawakami:Synthesis of high functionality and quality mannose-grafted lipids to produce macrophage-targeted liposomes(共著)¸European Journal of Pharmaceutical Sciences¸¸2018年08月
2 萩森 政頼、川上 茂、向 高弘:生体内遊離亜鉛イオンを可視化する蛍光プローブの開発(共著)¸ファルマシア¸54巻7号688頁-692頁¸2018年07月
3 Wei Wang, Tadaharu Suga, Masayori Hagimori, Naotaka Kuroda, Yuki Fuchigami, Shigeru Kawakami:Investigation of intracellular delivery of NuBCP-9 by conjugation with oligoarginines peptides in MDA-MB-231 cells(共著)¸Biological and Pharmaceutical Bulletin¸¸2018年07月
4 Hiromichi Nakahara, Masayori Hagimori, Takahiro Mukai, Osamu Shibata:Monolayers of a tetrazine-containing gemini amphiphile: Interplays with biomembrane lipids(共著)¸Colloids and Surfaces B: Biointerfaces¸164巻1頁-10頁¸2018年04月
5 Chie Munakata,Yuki Fuchigami, Takayuki Makizoe, Yusuke Miura, Mariko Yamaoka, Satomi Sasahara, Katsutomo Hata, Hidehisa Tachiki, Hitoshi Sasaki, Masayori Hagimori and Shigeru Kawakami:Effect of pH and additives on the compatibility between vancomycin and furosemide injections(共著)¸Yakugaku Zasshi¸138巻6号853頁-860頁¸2018年03月
6 Ayana Haraguchi, Yuki Fuchigami, Maho Kawaguchi, Shintaro Fumoto, Kaname Ohyama, Kazunori Shimizu, Masayori Hagimori, and Shigeru Kawakami:Determining transgene expression characteristics using a suction device with multiple hole adjusting a left lateral lobe of the mouse liver(共著)¸Biological and Pharmaceutical Bulletin¸41巻6号944頁-950頁¸2018年03月
7 Koki Ogawa, Yuki Fuchigami, Masayori Hagimori, Shintaro Fumoto, Yusuke Miura, and Shigeru Kawakami:Efficient gene transfection of the brain with ultrasound irradiation in mice using stabilized bubble lipopolyplexes prepared by the surface charge regulation method(共著)¸International Journal of Nanomedicine¸13巻2309頁-2320頁¸2018年02月
8 Yusue Miura, Yuki Fuchigami, Masayori Hagimori, Hiroki Sato, Koki Ogawa, Chie Munaata, Mitsuhiro Wada, Kazuo Maruyama, and Shigeru Kawakami:Evaluation of the targeted delivery of 5-fluorouracil and ascorbic acid into the brain with ultrasound-responsive nanobubbles(共著)¸Journal of Drug Targeting¸¸2018年01月
9 Masayori Hagimori, Takashi Temma, Shinji Kudo, Kohei Sano, Naoya Kondo, Takahiro Mukai:Synthesis of radioiodinated probes targeted toward matrix metalloproteinase-12(共著)¸Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters¸28巻2号193頁-195頁¸2018年01月
10 萩森政頼, 水山奈央子, 小川昂輝, 川上茂, 向高弘, 佐治英郎:亜鉛検出用蛍光プローブの開発とその応用(共著)¸亜鉛栄養治療¸8巻1号12頁-18頁¸2017年11月
研究活動その他 2016年04月~継続中¸RSC Advances: reviewer panel
2018年04月~継続中¸日本亜鉛栄養治療研究会、世話人
2018年04月~継続中¸Journal of Oleo Science、Executive Editor
主な特許など
学会発表等の状況
1 大山奈津子、川口真帆、高比良慎、鶴丸雅子、萩森政頼、川上 茂: 輸尿管投与による腎臓へのin vivo遺伝子導入における外来遺伝子発現分布の評価 遺伝子・デリバリー研究会 第18回夏期セミナー 2018年07月
2 腹膜疾患時における腹腔内組織への遺伝子・siRNA送達の多色深部イメージング評価 遺伝子・デリバリー研究会 第18回夏期セミナー 2018年07月
3 リポソームの標的指向化を企図した高機能・高品質 (HFQ) 脂質の開発:相異なる物性を示すペプチドをリガンドとするHFQ脂質の設計・評価 遺伝子・デリバリー研究会 第18回夏期セミナー 2018年07月
4 Development of a multi-color deep imaging method for the evaluation of gene delivery system in the kidney(ポスター) 18th Symposium for Gene, Design and Delivery 2018年07月
5 Intraperitoneal gene transfection of HGF by nanobubbles with ultrasound irradiation suppresses peritoneal fibrosis(ポスター) 18th Symposium for Gene, Design and Delivery 2018年07月
6 Synthesis of a RGD modified high functionality and quality lipid for the preparation of RGD-grafted PEGylated liposomes in tumor targeting(ポスター) 18th Symposium for Gene, Design and Delivery 2018年07月
7 Synthesis of high functionality and quality mannose-grafted lipids and its application for macrophage-targeted liposomes(ポスター) 18th Symposium for Gene, Design and Delivery 2018年07月
8 腎臓における外来遺伝子発現・送達の多色深部イメージング 日本核酸医薬学会第4回年会 2018年07月
9 肝臓吸引圧法におけるマウス肝臓内遺伝子発現特性の解明とメカノセンサー分子に関する評価(ポスター) 第34回日本DDS学会学術集会 2018年06月
10 脳を標的とした超音波応答性DDSにおける脳内薬物移行の持続時間の評価(ポスター) 第34回日本DDS学会学術集会 2018年06月
教育情報
2018年度~継続中 医薬品評価学 (4年前期(7セメスター)¸週9コマ¸担当割合70.00%)
2018年度~継続中 医薬品情報学 (4年前期(7セメスター)¸週4コマ¸担当割合27.00%)
2016年度~継続中 実務実習(事前実習) (4年後期(8セメスター)¸担当割合50.00%)
2016年度~2017年度 医療統計学 (4年前期(7セメスター)¸担当割合70.00%)
2016年度~2017年度 医療過誤 (4年前期(7セメスター)¸担当割合25.00%)
2017年度~継続中 モジュールⅡ(高齢化社会と地域医療・薬とのかかわり) (1年後期(2セメスター)¸担当割合26.70%)
2016年度~継続中 科学英語 (4年通年(7、8セメスター))
2016年度~継続中 医療薬学特別実習 (6年通年(11、12セメスター))
2016年度~継続中 薬科学特別実習 (4年通年(7、8セメスター))
2016年度~継続中 実験計画法 (4年通年(7、8セメスター))
その他(自己PR)