研究者詳細情報
氏 名 高巣 裕之 ふりがな たかす ひろゆき
英文名 TAKASU Hiroyuki 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2752 FAX 095-819-2752
職 名 助教 学位・資格 博士(理学)(2013年05月)
E-mail
Homepage
学歴 2007年03月 熊本県立大学環境共生学部卒業
2010年03月 愛媛大学農学研究科修士課程修了
2013年05月 京都大学理学研究科博士課程修了
職歴 2011年04月~2013年03月 京都大学理学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2
2013年06月~2015年03月 東京大学大気海洋研究所 研究員
2015年04月~2015年10月 東京大学大気海洋研究所 日本学術振興会特別研究員PD
専門分野 生態・環境、環境動態解析、水産学一般
加入学会 日本海洋学会、日本陸水学会(英文誌編集委員)、水環境学会、日本地球惑星科学連合、日本生態学会
受賞歴 日本陸水学会論文賞(2015年09月)
エスペック地球環境研究奨励賞(2015年08月)
日本陸水学会第76回松江大会 ポスター発表優秀賞(2011年09月)
International Symposium on Advanced Studies by Young Scientists on Environmental Pollution and Ecotoxicology, Best poster presentation award(2011年08月)
日本陸水学会第75回弘前大会 ポスター発表優秀賞(2010年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
文科省 東北マリンサイエンス拠点形成事業 課題2テーマ3「震災に伴う沿岸域の物質循環プロセスの変化に関する研究」
COMPAS 有明海地域共同観測プロジェクト
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Takasu H, Komorita T, Okano T, Kuwahara M, Hoshimoto K:Influence of water discharged from a reservoir on reclaimed land into Isahaya Bay (Kyushu, Japan) on the regeneration of NH4+ in the water column(共著)¸Journal of Oceanography¸¸2018年12月
2 Takasu H, Nakano S:Growth and mortality rates of prokaryotes in the hypolimnion of a deep freshwater lake (Lake Biwa, Japan)(共著)¸Inland Waters¸7巻2号164頁-170頁¸2017年05月
3 Takasu H, Nagata T:High proline content of bacteria-sized particles in the western North Pacific and Its potential as a new biogeochemical Indicator of organic matter diagenesis(共著)¸Frontiers in Marine Science: Marine Biogeochemistry¸2巻110号¸2015年12月
4 Takasu H, Ushio M, LeClair J, Nakano S:High contribution of Synechococcus to phytoplankton biomass in the aphotic hypolimnion in a deep freshwater lake (Lake Biwa, Japan)(共著)¸Aquatic Microbial Ecology¸75巻69頁-79頁¸2015年05月
5 福田秀樹, 楊 燕輝, 高巣裕之, 西部裕一郎, 立花愛子, 津田 敦, 永田 俊:2011 年東北地方太平洋沖地震以降5年間の三陸沿岸大槌湾における栄養塩環境の変化(共著)¸沿岸海洋研究¸¸2016年11月
6 Fukuda H, Katayama R, Yang Y, Takasu H, Nishibe Y, Tsuda A, Nagata T:Nutrient status of Otsuchi Bay (northeastern Japan) following the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake(共著)¸Journal of Oceanography¸¸2016年01月
7 Ushio M, Yamasaki E, Takasu H, Nagano AJ, Fujinaga S, Honjo MN, Ikemoto M, Sakai S, Kudoh H:Microbial communities on flower surfaces as signatures of pollinator visitation(共著)¸Scientific Reports¸5巻8695号¸2015年03月
8 Ushio M, Makoto K, Klaminder J, Takasu H, Nakano S:High-throughput sequencing shows inconsistent results with a microscope-based analysis of the soil prokaryotic community(共著)¸Soil Biology & Biochemistry¸76巻53頁-56頁¸2014年05月
9 Takasu H, Kunihiro T, Nakano S:Protistan grazing and viral lysis losses of bacterial carbon production in a large mesotrophic lake (Lake Biwa)(共著)¸Limnology¸15巻257頁-270頁¸2014年04月
10 Takasu H, Kunihiro T, Nakano S:Estimation of carbon biomass and community structure of planktonic bacteria in Lake Biwa using respiratory quinone analysis(共著)¸Limnology¸14巻247頁-256頁¸2013年02月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 大村湾におけるアカクラゲ (Chrysaora pacifica) 由来DNAの動態 第48回 長崎県生物学会 2019年01月
2 諫早湾における調整池高濁度排水による有機物負荷が水柱の アンモニア態窒素再生産速度に及ぼす影響 日本海洋学会 2018年09月
3 三陸沖における水塊の起源と原生生物の分布特性 日本海洋学会 2018年09月
4 Feel good in hypoxia? – From microbes to whales, diverse life forms subsist on the “dead zone” in an enclosed bay (Omura Bay, Nagasaki) – The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations” 2017年09月
5 東日本大震災以降6年間の三陸沿岸大槌湾および主要流入河川における栄養塩環境の変化 日本地球惑星科学連合 2017年05月
6 琵琶湖の底にある、ちょっと変わった微生物ループ 日本生態学会第65回全国大会 2018年03月
7 琵琶湖深水層における生物地球化学プロセス(ポスター) 日本生態学会 2017年03月
8 Microbial and biogeochemical processes in the hypolimnion of Lake Biwa 日本陸水学会 第81回大会 2016年11月
9 三陸沖の水塊の起源と溶存態・懸濁態成分の分布特性(招待講演) 日本海洋学会 2016年09月
10 水圏環境における有機物ー微生物連鎖系の相互作用プロセス(シンポジスト) 第63回 日本生態学会 2016年03月
教育情報
2018年度~継続中 環境細胞生物学 (2年後期(4セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2016年度~継続中 環境化学I (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合50.00%)
2016年度~継続中 自然環境保全学 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2017年度~継続中 人間活動と環境影響 II (1年後期(2セメスター)¸担当割合31.00%)
2017年度~継続中 生物学概論 (2年前期(3セメスター)¸担当割合13.00%)
2017年度~継続中 生物多様性学基礎特講I (MC1年後期(MC2セメスター)¸週8コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 大気環境概論 (1年後期(2セメスター)¸担当割合6.60%)
2017年度~継続中 生物多様性学特講 (MC1年前期(MC1セメスター)¸担当割合25.00%)
2017年度 東シナ海の自然誌 I (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合7.00%)
2016年度~継続中 生物多様性演習B (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)