研究者詳細情報
氏 名 工藤 哲洋 ふりがな くどう たかひろ
英文名 KUDOH Takahiro 生年月
所 属 教育学部 数理情報
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 博士(理学)(1994年03月)
理学修士(1991年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1989年03月 東北大学理学部天文及び地球物理学科第一卒業
1994年03月 東北大学理学研究科天文学博士課程修了
職歴 2005年03月~2007年03月 国立天文台 上級研究員
2007年04月~2015年03月 国立天文台 助教
専門分野 天文学
加入学会 日本天文学会、天文教育普及研究会、日本流体力学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
宇宙線パーカー不安定性の数値シミュレーション
分子雲コア形成の数値シミュレーション
これまでの研究テーマ 成層した分子雲における星間磁気乱流の力学
宇宙ジェットの数値シミュレーション
ブラックホール周囲の磁気降着円盤
主な著書・論文・作品等
1 Sayantan Auddy, Shantanu Basu, Takahiro Kudoh:The effect of magnetic fields and ambipolar diffusion on the column density probability distribution function in molecular clouds(共著)¸Monthly Notices of the Royal Astronomical Society¸474巻1号400頁-410頁¸2018年02月
2 Tomoyuki Hanawa, Takahiro Kudoh, Kohji Tomisaka:Fragmentation of a Filamentary Cloud Permeated by a Perpendicular Magnetic Field(共著)¸The Astrophysical Journal¸848巻1号id.2頁-¸2017年10月
3 Sayantan Auddy, Shantanu Basu, Takahiro Kudoh:A Magnetic Ribbon Model for Star-forming Filaments(共著)¸The Astrophysical Journal¸831巻1号46頁-¸2016年11月
4 Takahiro Kudoh, Shantanu Basu:Induced Core Formation Time in Subcritical Magnetic Clouds by Large-Scale Trans-Alfvenic Flows(共著)¸The Astrophysical Journal¸794巻2号id.127頁-¸2014年10月
5 Takahiro Kudoh, Shantanu Basu:Formation of Collapsing Cores in Subcritical Magnetic Clouds: Three-dimensional Magnetohydrodynamic Simulations with Ambipolar Diffusion(共著)¸The Astrophysical Journal¸728巻2号id.123頁-¸2011年02月
6 Takahiro Kudoh, Shantanu Basu:Three-dimensional Simulation of Magnetized Cloud Fragmentation Induced by Nonlinear Flows and Ambipolar Diffusion(共著)¸The Astrophysical Journal¸679巻2号L97頁-L100頁¸2008年06月
7 Takahiro Kudoh, Shantanu Basu, Youichi Ogata, Takashi Yabe:Three-dimensional simulations of molecular cloud fragmentation regulated by magnetic fields and ambipolar diffusion(共著)¸Monthly Notices of the Royal Astronomical Society¸380巻2号499頁-505頁¸2007年09月
8 Takahiro Kudoh, Shantanu Basu:A mushroom-shaped structure from the impact of a cloud with the Galactic disk(共著)¸Astronomy and Astrophysics¸423巻183頁-188頁¸2004年08月
9 Takahiro Kudoh, Shantanu Basu:Nonlinear Hydromagnetic Wave Support of a Stratified Molecular Cloud(共著)¸The Astrophysical Journal¸595巻2号842頁-857頁¸2003年10月
10 Takahiro Kudoh, Ryoji Matsumoto, Kazunari Shibata:Are Jets Ejected from Locally Magnetized Accretion Disks?(共著)¸Publications of the Astronomical Society of Japan¸54巻267頁-274頁¸2002年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 磁場に貫かれたフィラメント状分子雲の自己重力不安定(招待講演) 星形成と銀河構造における磁場の役割 2017年12月
2 磁場に貫かれたフィラメント状分子雲の自己重力不安定性:線形解析と数値シミュレーションとの比較(ポスター) 日本天文学会2017年秋季年会 2017年09月
3 星間現象の磁気流体数値計算(招待講演) 磁気流体プラズマで探る高エネルギー天体現象研究会 2017年08月
4 磁場に貫かれたフィラメント状分子雲の不安定性 日本天文学会秋季年会 2016年09月
5 MHD solar wind and astrophysical jets: theory and numerical studies(招待講演) Theoretical and observational approaches to the solar magnetic field: Achievements and remaining problems - conference in hornor of Prof. Takashi Sakurai's career - 2016年05月
6 磁場に貫かれたフィラメント状分子雲の自己重力不安定性(ポスター) 日本天文学会2016年春季年会 2016年03月
7 垂直な磁場に貫かれたフィラメント状分子雲のJeans不安定 日本天文学会春季年会 2017年03月
8 磁場に貫かれたフィラメント状分子雲の安定性 DTAシンポジウム 「星形成を軸に俯瞰する磁場の役割とその観測的検証」 2016年11月
9 磁場と乱流が強い分子雲における星形成時間の理論(招待講演) 星形成の諸階層 - 銀河から惑星まで - 2015年09月
10 磁場の強い分子雲におけるコア形成時間 天体MHD研究会 2015年08月
教育情報
2018年度~継続中 自然環境と科学技術の理解と授業実践課題 (MC2年後期(MC4セメスター))
2018年度 初年次セミナー(教育) (1年前期(1セメスター))
2017年度~継続中 現代の教養(自然の科学) (1年後期(2セメスター))
2016年度~継続中 天文学 (2年後期(4セメスター))
2016年度~継続中 生命と地球分野の教材研究 (MC1年後期(MC2セメスター))
2016年度~継続中 卒業論文[理科] (4年通年(7、8セメスター))
2015年度~継続中 中等理科教育b (3年後期(6セメスター))
2015年度~継続中 地学実験II (3年後期(6セメスター))
2015年度~継続中 地学概論 (1年後期(2セメスター))
2015年度~継続中 専門ゼミナール[理科] (1年後期(2セメスター))
その他(自己PR)