研究者詳細情報
氏 名 作田 絵里 ふりがな さくだ えり
英文名 SAKUDA Eri 生年月
所 属 工学研究科 物質科学部門
TEL 095-819-2607 FAX 095-819-2607
職 名 准教授 学位・資格 博士(理学)(2008年03月)
危険物取扱者(甲種)
E-mail
Homepage
学歴 2003年03月 北海道大学理学部化学科卒業
2005年03月 北海道大学理学研究科化学専攻修士課程修了
2008年03月 北海道大学理学研究科化学専攻博士課程修了
職歴 2007年04月~2008年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 学生
2008年04月~2009年03月 日本学術振興会 特別研究員(PD) 学生
2009年04月~2010年01月 北海道大学大学院 理学研究院 GCOE博士研究員 研究員
2010年02月~2012年03月 北海道大学大学院 理学研究院 化学部門 特任助教
2012年04月~2014年12月 北海道大学大学院 理学研究院 化学部門 助教
2015年01月~継続中 長崎大学 工学研究科 物質科学部門  准教授
専門分野 無機化学、機能物質化学
加入学会 日本化学会、日本分析化学会、光化学協会、複合系の光機能研究会(事務局)
受賞歴 第2回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」(物質科学部門)(2007年07月)
日本化学会第87春季年会 学生講演賞(2007年03月)
北海道大学 大塚賞(2008年03月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 作田 絵里:典型元素を利用した分子内電荷分離状態の創出¸光化学¸48巻1号17頁-23頁¸2017年05月
2 M. Ueda, S. Horiuchi, E. Sakuda, Y. Nakao, Y. Arikawa and K. Umakoshi:Reversible Formation and Cleavage of Pt→Ag Dative Bonds in a Pre-organized Cavity of Luminescent Heteropolynuclear Platinum(II) Complex(共著)¸Chemical Communications¸53巻6405頁-6408頁¸2017年05月
3 T. R. Schulte, J. J. Holstein, L. Krause, R. Michel, D. Stalke, E. Sakuda, K. Umakoshi, G. Longhi, S. Abbate and G. H. Clever:Chiral-at-Metal Phosphorescent Square-Planar Pt(II) Complexes from an Achiral Organometallic Ligand(共著)¸Journal of the American Chemical Society¸139巻6863頁-6866頁¸2017年05月
4 S. Horiuchi, H. Tanaka, E. Sakuda, Y. Arikawa, and K. Umakoshi:Encapsulation and Enhanced Luminescence Properties of Ir(III) Complexes within a Hexameric Self-Assembled Capsule(共著)¸Chem.–Eur. J.,¸22巻49号17533頁-17537頁¸2016年12月
5 M. A. Mikhailov, K. A. Brylev, P. A. Abramov, E. Sakuda, S. Akagi, A. Ito, N. Kitamura, and M. N. Sokolov,:Synthetic Tuning of Redox, Spectroscopic, and Photophysical Properties of {Mo6I8}4+ Core Cluster Complexes by Terminal Carboxylate Ligands (共著)¸Inorganic Chemistry¸55巻17号8437頁-8445頁¸2016年08月
6 K. Shimada, A. Kobayashi, Y. Ono, H. Ohara, T. Hasegawa, T. Taketsugu, E. Sakuda, S. Akagi, N. Kitamura, and M. Kato:Core-Structure-Dependent Luminescence of Thiolato-Bridged Copper(I) Cluster Complexes(共著)¸J. Phys. Chem. C,¸120巻29号16002頁-16011頁¸2016年04月
7 K. Nishihara, M. Ueda, A. Higashitani, Y. Nakao, Y. Arikawa, S. Horiuchi, E. Sakuda and K. Umakoshi:Different structural preference of Ag(I) and Au(I) in neutral and cationic luminescent heteropolynuclear platinum(II) complexes: Z (U)-shaped Pt2M2 type vs. trinuclear Pt2M2 type(共著)¸Dalton Transactions¸45巻4978頁-4982頁¸2016年03月
8 E. Sakuda, C. Matsumoto, Y. Ando, A. Ito, K. Mochida, A. Nakagawa, N. Kitamura:Dual Emissions from Ruthenium(II) Complexes Having 4-Arylethynyl-1,10- phenanthroline at Low Temperature(共著)¸Inorganic Chemistry¸54巻7号3245頁-3252頁¸2015年04月
9 A. Ito, K. Kawanishi, E. Sakuda and N. Kitamura:Synthetic Control of Spectroscopic and Photophysical Properties of Triarylborane Derivatives Having Peripheral Electron-Donating Groups(共著)¸Chemistry - A European Journal¸20巻14号3940頁-3953頁¸2014年04月
10 A. Ito, Y. Kang, S. Saito, E. Sakuda and N. Kitamura :Photophysical and Photoredox Characteristics of a Novel Tricarbonyl Rhenium(I) Complex Having an Arylborane-appended Aromatic Diimine Ligand(共著)¸Inorganic Chemistry¸51巻14号7722頁-7732頁¸2012年06月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 アリールホウ素を有する遷移金属錯体を利用した二酸化炭素光還元反応(招待講演) 2017年度 SPACC年会 2017年08月
2 典型元素を利用して光機能性材料を創る~発光性材料から触媒反応まで~(招待講演) 第33回緑陰セミナー 2017年07月
教育情報
2018年度 光化学特論 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
2018年度 機器分析学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2015年度~継続中 技術英語I (1年後期(2セメスター))
2015年度~継続中 分析化学II (3年前期(5セメスター))
その他(自己PR)