研究者詳細情報
氏 名 米澤 朋 ふりがな よねざわ とも
英文名 YONEZAWA Tomo 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 農学(2007年03月)
E-mail
Homepage
学歴 2002年03月 東北大学農学部生物生産科学卒業
2004年03月 東北大学農学研究科応用生命科学修士課程修了
2007年03月 東北大学農学研究科資源生物科学博士課程修了
職歴 2004年04月~2007年03月 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2007年04月~2008年03月 ジェノダイブファーマ株式会社 職員(技術系)
2007年04月~2008年03月 東海大学医学部 分子生命科学 客員研究員
2007年04月~2008年03月 東京大学医科学研究所 細胞機能分野 客員研究員
2008年04月~2009年03月 東海大学医学部 伊勢原研究推進部実験動物センター 研究員
2009年04月~2011年03月 東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 研究員
2011年04月~2012年03月 独立行政法人国立成育医療研究センター 研究員
2011年11月~2012年06月 スクリプス研究所 研究員
2012年07月~2012年10月 東京医科歯科大学 助教
2012年11月~2014年08月 東京理科大学生命医科学研究所 実験動物学研究部門 助教
専門分野 応用ゲノム科学、基礎獣医学・基礎畜産学(実験動物学)
加入学会 日本免疫学会、日本分子生物学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Kurata R, Kumagai A, Cui X, Harada M, Nagai J, Yoshida Y, Ozaki KI, Tanaka Y, Yonezawa T.:Establishment of novel reporter cells stably maintaining transcription factor-driven human secreted alkaline phosphatase expression.(共著)¸Curr Pharm Biotechnol.¸¸2018年04月
2 Huang Y, Zhang XF, Gao G, Yonezawa T, Cui X.:3D bioprinting and the current applications in tissue engineering.(共著)¸Biotechnol J. ¸¸2017年08月
3 Akihiko Hasegawa, Tomo Yonezawa, Noboru Taniguchi, Koji Otabe, Yukio Akasaki, Tetsuya Matsukawa, Masahiko Saito, Masashi Neo, Lihua Y. Marmorstein,Martin K. Lotz:Role of Fibulin 3 in Aging-Related Joint Changes and Osteoarthritis Pathogenesis in Human and Mouse Knee Cartilage.(共著)¸Arthritis Rheumatol. ¸69巻3号576頁-585頁¸2016年10月
4 2. Mana Furuoka, Kei-ichi Ozaki, Daichi Sadatomi, Sayaka Mamiya, Tomo Yonezawa, Susumu Tanimura, Kohsuke Takeda.:TNF-α Induces Caspase-1 Activation Independently of Simultaneously Induced NLRP3 in 3T3-L1 Cells.(共著)¸Journal of Cellular Physiology¸231巻12号2761頁-2767頁¸2016年03月
5 Gao G, Schilling AF, Hubbell K, Yonezawa T, Truong D, Hong Y, Dai G, Cui X.:Improved properties of bone and cartilage tissue from 3D inkjet-bioprinted human mesenchymal stem cells by simultaneous deposition and photocrosslinking in PEG-GelMA.(共著)¸Biotechnol Lett.¸37巻11号2349頁-2355頁¸2015年11月
6 Murayama MA, Kakuta S, Inoue A, Umeda N, Yonezawa T, Maruhashi T, Tateishi K, Ishigame H, Yabe R, Ikeda S, Seno A, Chi HH, Hashiguchi Y, Kurata R, Tada T, Kubo S, Sato N, Liu Y, Hattori M, Saijo S, Matsushita M, Fujita T, Sumida T, Iwakura Y.:CTRP6 is an endogenous complement regulator that can effectively treat induced arthritis.(共著)¸Nat Commun.¸6巻8483号¸2015年09月
7 Riho Kurata, Xiaofeng Cui, Roh Sang-gun, Tomo Yonezawa:Supplementation of long-chain fatty acids with lactating mammary glands and beef cow has potential benefits(共著)¸Advances in Plants & Agriculture Research¸2巻5号00063頁¸2015年08月
8 Guifang Gao, Tomo Yonezawa, Guohao Dai and Xiaofeng Cui:Inkjet-bioprinted acrylated peptides and PEG hydrogel with human mesenchymal stem cells promote robust bone and cartilage formation with minimal print head clotting.(共著)¸Biotechnology journal¸¸2015年04月
9 米沢 朋、丸田 大貴、岩倉 洋一郎:膨大なデータを徹底整理する サイトカイン・増殖因子キーワード事典: プロラクチン(共著)¸羊土社¸2015年04月
10 米沢 朋、丸田 大貴、岩倉 洋一郎:膨大なデータを徹底整理する サイトカイン・増殖因子キーワード事典: 成長ホルモン(共著)¸羊土社¸2015年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 NR2F2 Regulates Chondrogenesis of Human Mesenchymal Stem Cells in Bioprinted Cartilage.  Biomedical Engineering Society (BMES) Annual Meeting 2016年10月
2 Pronuclear injection of circular plasmids expressing hCas9 and gRNA generates mutant mice in genes involved in immune responses.(ポスター) The 43rd Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology. 2014年12月
3 Pronuclear injection of circular plasmids expressing hCas9 and gRNA generates mutant mice in genes involved in immune responses.(ポスター) International Cytokine & Interferon Society (ICIS)-Cytokines Down Under in 2014: From Bench to Beyond, Melbourne 2014年10月
4 Transcriptomic analysis of miRNA in differentiation of T cell subsets.(ポスター) 第36回日本分子生物学会年会 2013年12月
5 TRIM39R, but not TRIM39B, regulates type I interferon response.(ポスター) 第36回日本分子生物学会年会 2013年12月
6 Functional analysis for microRNA involving in arthritis.(ポスター) 15th International Congress of Immunology 2013年08月
7 TRIM39, but not TRIM39B, regulates type I interferon response.(ポスター) 15th International Congress of Immunology 2013年08月
8 The novel complement regulator CTRP6 possess preventive and therapeutic effects against collagen-induced arthritis.(ポスター) 第41回日本免疫学会学術集会 2012年12月
9 Function and their target genes of miRNAs regulating rheumatoid arthritis(招待講演) Guest seminar, Research Institute for Biomedical Sciences, Tokyo University of Science 2012年10月
10 The novel complement regulator CTRP6 possess preventive and therapeutic effects against collagen-induced arthritis.(ポスター) The 15th Congress of Asia Pacific League of Associations for Rheumatology 2012年09月
教育情報
2017年度~継続中 硬組織疾患学特論B(骨・軟骨形成と疾患) (その他)
2017年度~継続中 先導医療教育研究特論(硬組織疾患基盤研究) (その他)
2016年度 大学院講義メディカルバイオ特論IV (  ¸週1コマ¸担当割合25.00%)
2015年度 生命科学入門(短期留学生プログラムNISP) (  ¸週1コマ¸担当割合6.70%)
その他(自己PR)