研究者詳細情報
氏 名 西 弘大 ふりがな にし こうだい
英文名 NISHI Kodai 生年月
所 属 原爆後障害医療研究所 原爆・ヒバクシャ医療部門
TEL 095-819-8524 FAX
職 名 助教 学位・資格 博士(保健学)(2014年03月)
放射線取扱主任者(第1~2種)(2015年07月)
診療放射線技師(2007年04月)
システムアドミニストレータ(上級・初級)(2006年05月)
E-mail
Homepage http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/drim/
学歴 2007年03月 金沢大学医学部卒業
2014年03月 金沢大学医学系研究科保健学専攻博士課程修了
職歴 2013年07月~2014年06月 金沢大学 助教
専門分野 放射線科学(放射性医薬品の体内動態)
加入学会 日本核医学会、日本分子イメージング学会、日本アイソトープ協会、日本放射線安全管理学会、日本心臓核医学会、日本放射線技術学会
受賞歴 第52回日本核医学会ポスター賞(2012年10月)
第14回日本放射線安全管理学会学術大会 優秀プレゼンテーション賞(2015年12月)
真菌症フォーラム 第23回学術集会 最優秀賞(2017年05月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
PET/SPECT/CTイメージングによる肺アスペルギルス症診断法の開発
90Y標識内用放射線治療薬剤の放射線障害メカニズム解析と被ばく低減のための分子設計
迅速フッ素化反応を用いた[18F]標識トリフルオロメチルチオ化合物の合成法の開発
技術指導分野 小動物PET/SPECT/CTの利用方法について、実験プロトコルの立案から画像解析まで幅広くサポートします。
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 西 弘大、松田尚樹、三浦美和、林田りか、山内基弘、平川美弥子、高尾秀明、工藤 崇:小動物分子イメージングの放射線施設への導入効果(共著)¸日本放射線安全管理学会誌¸15巻1号¸2016年06月
2 Nishi K, Mizutani A, Shikano N, Fujita K, Kobayashi M, Ono M, Nishii R, Sasaki Y, Kinuya S, Kawai K:In vivo radioactive metabolite analysis for individualized medicine: A basic study of a new method of CYP activity assay using 123I-IMP(共著)¸Nuclear medicine and biology¸42巻2号171頁-176頁¸2015年02月
3 Nishi K, Kobayashi M, Nishii R, Shikano N, Takamura N, Kuga N, Yamasaki K, Nagamachi S, Tamura S, Otagiri M, Kawai K:Pharmacokinetic alteration of (99m)Tc-MAG3 using serum protein binding displacement method.(共著)¸Nuclear medicine and biology¸40巻3号366頁-370頁¸2013年04月
4 Wen JZ, Kobayashi M, Yamada K, Nishi K, Takahashi K, Mizutani A, Nishii R, Flores LG 2nd, Shikano N, Kunishima M, Kawai K:Development of radioiodine-labeled acetaminophen for specific, high-contrast imaging of malignant melanoma(共著)¸Nuclear Medicine and Biology¸59巻16頁-21頁¸2018年04月
5 Mizuta S, Otaki H, Kitagawa A, Kitamura K, Morii Y, Ishihara J, Nishi K, Hashimoto R, Usui T, Chiba K:Ionic Liquid-Mediated Hydrofluorination of o-Azaxylylenes Derived from 3-Bromooxindoles(共著)¸Organic Letter¸19巻10号2572頁-2575頁¸2017年04月
6 Luo L, Tang J, Nishi K, Yan C, Dinh PU, Cores J, Kudo T, Zhang J, Li TS, Cheng K.:Fabrication of Synthetic Mesenchymal Stem Cells for the Treatment of Acute Myocardial Infarction in Mice.(共著)¸Circulation Research¸120巻11号1768頁-1775頁¸2017年04月
7 Fuchigami T, Ono H, Oyadomari K, Iwatake M, Hayasaka D, Akbari M, Yui K, Nishi K, Kudo T, Yoshida S, Haratake M, Nakayama M:Development of a 68Ge/68Ga generator system using polysaccharide polymers and its application in PET imaging of tropical infectious diseases(共著)¸ACS Omega¸2巻4号1400頁-1407頁¸2017年04月
8 Kobayashi M, Mizutani A, Nishi K, Nakajima S, Shikano N, Nishii R, Fukuchi K, Kawai K:Difference in accumulation and the transport mechanism of L- and D-methionine in high- and low-grade human glioma cells(共著)¸Nuclear Medicine and Biology¸14巻44号78頁-82頁¸2017年01月
9 Lan Luo, Kodai Nishi, Yoshishige Urata, Chen Yan, Al Shaimaa Hasan, Shinji Goto, Takashi Kudo, Zhao-Lan Li, Tao-Sheng Li:Ionizing radiation impairs endogenous regeneration of infarcted heart: an in vivo 18F-FDG PET/CT and 99mTc-tetrofosmin SPECT/CT study in mice(共著)¸Radiation Research¸187巻1号89頁-97頁¸2016年12月
10 Mizuta S, Otaki H, Kitamura K, Nishi K, Watanabe K, Makau JN, Hashimoto R, Usui T, Chiba K:3,3-Dibromo-2-trifluoromethyl Acrylic Acid Ethyl Ester: A Versatile Platform for the Stereoselective Preparation of Functionalized- α-Trifluoromethyl α,β-Unsaturated Lactones and Trifluoromethyl Pyrazolinones(共著)¸Organic Chemistory Fronteer¸3巻1号1661頁-1667頁¸2016年11月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 99mTc-tetrofosminの肝集積機序と輸送阻害効果(ポスター) 第57回日本核医学会学術総会 2017年10月
2 小動物用SPECTを用いた矯正力による歯槽骨の骨代謝変化の経過観察(ポスター) 第57回日本核医学会学術総会 2017年10月
3 小動物分子イメージングの新領域への展開と応用 日本放射線安全管理学会 第16回学術大会 2017年06月
4 肺血流SPECTによる肺アスペルギルス症の新規診断法の開発(ポスター) 真菌症フォーラム 第23回学術集会 2017年05月
5 99mTc-tetrofosminの肝集積メカニズムと肝集積阻害効果の検証(ポスター) 第12回日本分子イメージング学会 2017年05月
6 矯正力による歯の移動時のSPECTを用いた分子イメージング(ポスター) 第12回九州矯正歯科学会学術大会 2017年03月
7 Dynamic Imaging によるIPAモデルマウスにおける肺血流動態解析 第56回日本核医学会学術総会 2016年11月
8 脳腫瘍細胞におけるD-methionineの集積生と集積機序の検討 第56回日本核医学会学術総会 2016年11月
9 小動物PET装置の性能評価、最適化、画像解析(特別講演) 第56回日本核医学会学術総会 2016年11月
10 Radiation-induced damages on cardiac stem cells and myocardial regeneration may indirectly indicate future cardiovascular disease risks 第59回日本放射線影響学会 2016年10月
教育情報
2017年度 H29年度 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター))
2017年度 H29年度 環境因子系 (2年後期(4セメスター))
2017年度 衛生薬学実習 (3年前期(5セメスター))
2017年度 H29年度 環境因子系 (3年前期(5セメスター))
2016年度 大学院セミナー:長崎発!小動物分子イメージングの最前線(第2回) (その他)
2016年度 H28年度 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター))
2016年度 衛生薬学実習 (3年前期(5セメスター))
2016年度 H28年度 環境因子系 (  )
2015年度 大学院セミナー:長崎発!小動物分子イメージングの最前線 (その他)
2015年度 H27年度 リサーチセミナー (  )
その他(自己PR)