研究者詳細情報
氏 名 折田 真紀子 ふりがな おりた まきこ
英文名 ORITA Makiko 生年月
所 属 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門
TEL 095-819-7171 FAX 095-819-7172
職 名 助教 学位・資格 修士(看護)(2013年03月)
学士(看護)(2010年03月)
博士(医学)(2016年03月)
保健婦・保健士(2010年05月)
看護婦・看護士(2010年05月)
E-mail
Homepage
学歴 2010年03月 長崎大学医学部保健学科卒業
2013年03月 長崎大学保健学研究科修士課程修了
2016年03月 長崎大学医学系研究科博士課程修了
職歴 2013年06月~2013年08月 長崎大学 原爆後障害医療研究所 社会医学部門 研究員(兼務)
2013年09月~2014年03月 長崎大学 原爆後障害医療研究所 社会医学部門 研究員(兼務)
2014年05月~2016年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 保健学専攻 助教
2016年04月~継続中 長崎大学 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門 助教
専門分野 放射線・化学物質影響科学(若手研究B)
加入学会 日本公衆衛生看護学会、日本看護科学学会、日本衛生学会、日本放射線看護学会
受賞歴 若手優秀演題賞(2014年05月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
福島県における環境放射能と個人被ばく線量の評価
心拍変動モニタリングを用いた看護介入の有用性の評価
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yamaguchi T, Orita M, Urata H, Shinkawa T, Taira Y, Takamura N.:Factors affecting public health nurses' satisfaction with the preparedness and response of disaster relief operations at nuclear emergencies.(共著)¸J Radiat Res¸59巻2号240頁-241頁¸2018年03月
2 Orita M, Kimura Y, Taira Y, Fukuda T, Takahashi J, Gutevych O, Chornyi S, Kudo T, Yamashita S, Takamura N.:Activities concentration of radiocesium in wild mushroom collected in Ukraine 30 years after the Chernobyl power plant accident.(共著)¸Peer J¸6巻-e4222頁¸2018年01月
3 Orita M, Nakashima K, Taira Y, Fukuda T, Fukushima Y, Kudo T, Endo Y, Yamashita S, Takamura N.:Radiocesium concentrations in wild mushrooms after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station: Follow-up study in Kawauchi village.(共著)¸Scientific Reports¸7巻1号-6744頁¸2017年07月
4 Orita M, Fukushima Y, Yamashita S, Takamura N:The Need for Forest Decontamination: For the Recovery of Fukushima.(共著)¸Radiat Prot Dosimetry¸175巻2号295頁-296頁¸2017年06月
5 Yoshida K1,2, Orita M3, Goto A, Kumagai A, Yasui K, Ohtsuru A, Hayashida N, Kudo T, Yamashita S, Takamura N.:Radiation-related anxiety among public health nurses in the Fukushima Prefecture after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station: a cross-sectional study.(共著)¸BMJ Open¸6巻10号-e013564頁¸2016年10月
6 Takamura N, Taira Y, Yoshida K, Nakashima-Hashiguchi K, Orita M, Yamashita S.:Communicating Radiation Risk to the Population of Fukushima.(共著)¸Radiat Prot Dosimetry. ¸171巻1号23頁-26頁¸2016年09月
7 Takamura N, Orita M, Saenko V, Yamashita S, Nagataki S, Demidchik Y.:Radiation and risk of thyroid cancer: Fukushima and Chernobyl.(共著)¸Lancet Diabetes Endocrinol¸4巻8号-647頁¸2016年08月
8 Takeda S, Orita M, Fukushima Y, Kudo T, Takamura N.:Determinants of intention to leave among non-medical employees after a nuclear disaster: a cross-sectional study.(共著)¸Plos One¸6巻e011930号¸2016年07月
9 Takamura N, Orita M, Yamashita S, Chhem R.:After Fukushima: collaboration model.¸Science¸0巻0号0頁-¸2016年07月
10 Orita M, Nakashima K, Hayashida N, Endo Y, Yamashita S, Takamura N.:Concentrations of Radiocesium in Local Foods Collected in Kawauchi Village after the Accident at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station.(共著)¸Scientific Reports¸6巻28470号¸2016年06月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 The Radiological Risk Communication and Perceptions Workshop at The Canadian Nuclear Safety Commission.(招待講演) The Radiological Risk Communication and Perceptions Workshop at The Canadian Nuclear Safety Commission. 2016年11月
2 日本災害看護学会(招待講演) 日本災害看護学会 2016年08月
3 未来医学研究会(招待講演) 未来医学研究会 2016年05月
4 Shamisen Workshop in Fukushima(招待講演) Shamisen Workshop in Fukushima 2016年03月
5 日本原子力学会シンポジウム(招待講演) 日本原子力学会シンポジウム 2016年02月
6 Comprehensive countermeasures for the return of residents of Kawauchi village after the accident at Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. 15th International Congress of Radiation Research 2015年05月
7 Action in Nagasaki University / Kawauchi Village Base 7th Asian Regional Conference OECD-NEA 2015年01月
8 放射線防護・被ばくケアの立場から 長崎大学・川内村復興推進拠点における活動(シンポジスト) 第3回日本放射線看護学会学術会議 2014年09月
9 長崎大学・川内村復興推進拠点における活動(招待講演) 日本記者クラブ記者クラブ研修会 2014年08月
10 Challenge of Nagasaki University in Kawauchi Village Technical meeting on enhancing radiation medicine education IAEA-FMU 2014年07月
教育情報
2016年度~継続中 放射線看護学 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週3コマ¸担当割合20.00%)
2015年度 リサーチセミナー (3年後期(6セメスター))
その他(自己PR)