研究者詳細情報
氏 名 山口 真弘 ふりがな やまぐち まさひろ
英文名 YAMAGUCHI Masahiro 生年月 1979-12
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2744 FAX 095-819-2744
職 名 助教 学位・資格 理学士(2002年03月)
理学修士(2004年03月)
博士(農学)(2008年03月)
E-mail
Homepage
学歴 2002年03月 富山大学理学部生物圏環境科学科卒業
2004年03月 富山大学大学院理工学研究科生物圏環境科学専攻修士課程修了
2008年03月 東京農工大学大学院連合農学研究科資源・環境学専攻博士課程修了
職歴 2008年04月~2009年03月 東京農工大学大学院連合農学研究科 博士特別研究生
2009年04月~2014年03月 東京農工大学農学府・農学部 研究員
専門分野 環境影響評価・環境政策(植物に対する大気汚染物質の影響評価)、植物生理・分子
加入学会 大気環境学会、日本エアロゾル学会、日本森林学会、日本農業気象学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Masahiro Yamaguchi, Sayaka Tsuji, Kasumi Ogata, Hayato Ide, Taketomo Matsushita, and Naoto Murao:Deposition of long-range transported particulate matter on the needle surfaces of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa) grown in Nagasaki located in the western region of Japan (in press)(共著)¸Journal of Agricultural Meteorology¸¸2019年01月
2 中島 健太郎, 西 祐理子, 川田 彩香, 山口 真弘:オープントップチャンバー法を用いたハツカダイコンの生長に対する オゾンの影響を指標とした長崎の大気環境評価 (in press)(共著)¸大気環境学会誌¸53巻5号186頁-193頁¸2018年09月
3 Masahiro Yamaguchi, Yuriko Nishi, Sayaka Kawada and Kentaro Nakashima:Tropospheric ozone reduces resistance of Japonica rice (Oryza sativa L., cv. Koshihikari) to lodging(共著)¸Journal of Agricultural Meteorology¸74巻3号97頁-101頁¸2018年07月
4 Akira Motai, Yuichiro Terada, Ayumi Kobayashi, Daiki Saito, Hirofumi Shimada, Masahiro Yamaguchi and Takeshi Izuta:Combined effects of irrigation amount and nitrogen load on growth and needle biochemical traits of Cryptomeria japonica seedlings(共著)¸Trees Structure and Function¸31巻1317頁-1333頁¸2017年08月
5 Masahiro Yamaguchi, Takeshi Izuta:Effects of aerosol particles on plants. In "Air Pollution Impacts on Plants in East Asia"(共著)¸Springer Japan¸2017年02月
6 Masahiro Yamaguchi, Takeshi Izuta:Effects of black carbon and ammonium sulfate particles on plants. In "Air Pollution Impacts on Plants in East Asia"(共著)¸Springer Japan¸2017年02月
7 渡辺 誠, 山口真弘, 伊豆田 猛:大気環境と植物 -第4講 樹木に対するオゾンの影響-(共著)¸大気環境学会誌¸51巻6号A67頁-A75頁¸2016年10月
8 山口真弘, 伊豆田 猛:環境ストレスと樹林地管理 - 樹木に対する微小粒子状物質 (PM2.5) の影響 -(共著)¸樹木医学研究¸20巻4号211頁-214頁¸2016年10月
9 Nakaba, S., Yamane, K., Fukahori, M., Nugroho, W. D., Yamaguchi, M., Kuroda, K., Sano, Y., Lenggoro, I. W., Izuta, T. and Funada, R.:Effect of epicuticular wax crystals on the localization of artificially deposited sub-micron carbon-based aerosols on needles of Cryptomeria japonica(共著)¸Journal of Plant Research¸129巻873頁-881頁¸2016年09月
10 Rashied Tetteh, Masahiro Yamaguchi and Takeshi Izuta:Effect of ambient levels of ozone on photosynthetic components and radical scavenging system in leaves of African cowpea varieties(共著)¸African Crop Science Journal¸24巻2号127頁-142頁¸2016年06月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 長崎県の主要針葉樹ヒノキの葉に沈着した粒子状物質の量と金属組成の継時的変化 第59回大気環境学会年会 2018年09月
2 長崎県におけるインゲンマメを用いたオゾンの植物影響モニタリングの適用可能性 第59回大気環境学会年会 2018年09月
3 長崎における大気汚染の植物影響評価(招待講演) 第59回大気環境学会年会 2018年09月
4 Experimental study on the effects of black carbon and ammonium sulfate particles on growth and net photosynthetic rate of four Japanese forest tree species IUFRO Tokyo 2017 2017年10月
5 Tropospheric ozone increases susceptibility of Japonica rice (Oryza sativa L., cv. Koshihikari) to lodging(ポスター) 3rd Asian Air Pollution Workshop 2017年10月
6 Preliminary experiment on biomonitoring of ozone impacts on vegetation in northern Kyushu area of Japan using snap bean (Phaseolus vulgaris L.)(ポスター) 3rd Asian Air Pollution Workshop 2017年10月
7 長崎で栽培されるイネの主要品種ヒノヒカリの収量と品質に対する気温上昇の影響 第58回大気環境学会年会 2017年09月
8 Experimental study on the effects of black carbon and ammonium sulfate particles on growth and net photosynthetic rate of four Japanese forest tree species The 3rd International Conference on Environmental Pollution and Health 2017年05月
9 ハツカダイコンの成長を指標としたオープントップチャンバー法による長崎の大気環境評価 第57回大気環境学会年会 2016年09月
10 九州で早期栽培されるイネ (コシヒカリ) の成長と倒伏耐性に及ぼすオゾンの影響 第57回大気環境学会年会 2016年09月
教育情報
2017年度~継続中 生体影響学基礎特講I (MC1年後期(MC2セメスター)¸週8コマ¸担当割合100.00%)
2017年度~継続中 生体影響学特講 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週4コマ¸担当割合25.00%)
2016年度~継続中 植物機能学 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2015年度 Introduction to Environmental Policy, Science and Technology in Japan (1年後期(2セメスター)¸担当割合6.25%)
2015年度~継続中 生物多様性・生体影響基礎実験 (2年後期(4セメスター)¸週3コマ¸担当割合8.33%)
2015年度~継続中 環境化学Ⅰ (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合50.00%)
2015年度~継続中 生体影響実験 (3年前期(5セメスター)¸週6コマ¸担当割合14.29%)
2014年度~継続中 大気環境概論 (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.33%)
その他(自己PR) 研究紹介ファイル(長崎大学環境科学部ホームページ)
http://www.env.nagasaki-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2014/03/edu_yamaguchi2.pdf