研究者詳細情報
氏 名 矢野 香 ふりがな やの かおり
英文名 YANO Kaori 生年月
所 属 地域教育総合支援センター 
TEL 095-819-2888 FAX 095-819-2073
職 名 准教授 学位・資格 博士(総合社会文化)(2017年03月)
修士(人間科学)(2011年03月)
学士(文学)(1996年03月)
中学校教諭1種免許(1996年03月)
高等学校教諭1種免許(1996年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1996年03月 活水女子大学文学部日本文学科卒業
2017年03月 日本大学総合社会情報研究科 人間科学専攻 博士課程修了
職歴 1996年04月~2013年03月 NHK日本放送協会 アナウンス
2014年04月~2016年03月 長崎大学 地域教育連携・支援センター 助教
2016年04月~2017年09月 長崎大学 地方創生推進本部 助教
2016年04月~2017年09月 長崎大学 地域教育連携・支援センター 助教(兼務)
2017年10月~継続中 長崎大学 地域教育総合支援センター 准教授
2017年10月~継続中 長崎大学 地方創生推進本部 准教授(兼務)
専門分野
加入学会 日本行動分析学会、日本社会心理学会、日本キャリアデザイン学会、日本キャリア教育学会、日本コミュニケーション学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 矢野 香:自己評価の介入によるプレゼンテーションスキル向上 : モニタリング訓練とモデリング訓練導入による他者評価との一致¸応用心理学研究¸44巻1号34頁-50頁¸2018年07月
2 矢野香:『その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている「人前で話す技法」』¸すばる舎¸2012年03月
3 矢野香:「話しの上手さ」に対する学生と社会人と人事担当者の判断要因の相違¸日本大学大学院総合社会情報研究科紀要¸16号197頁-207頁¸2015年11月
4 矢野香:【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法―NHK式7つのルール―¸ダイヤモンド社¸2014年07月
5 矢野 香:たった一言で人を動かす 最高の話し方¸KADOKAWA¸2017年11月
6 矢野香:大学生に対する内容明確化とバーバル・ノンバーバル訓練によるプレゼンテーションスキル評価の上昇¸日本大学大学院総合社会情報研究科紀要¸16号311頁-320頁¸2016年02月
7 矢野香:テーマの違いによるプレゼンテーションスキル訓練効果の相違¸長崎大学教育イノベーションセンター紀要¸0巻7号9頁-18頁¸2016年03月
8 矢野香:『「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書 』¸プレジデント社¸2015年09月
9 矢野香:教養科目と専門科目のプレゼンテーションにおける聞き手による評価要因の相違¸長崎大学教育イノベーションセンター紀要¸0巻7号19頁-24頁¸2016年03月
10 矢野香:プレゼンテーションスキル評価に及ぼすバーバルおよびノンバーバル訓練の訓練順の効果¸長崎大学教育イノベーションセンター紀要¸0巻6号11頁-20頁¸2015年03月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
教育情報
2016年度~継続中 キャリア入門 全5クラス (1年前期(1セメスター))
2018年度~継続中 自己表現法 (1年前期(1セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2017年度~継続中 プレゼンテーション力養成講座 (1年前期(1セメスター))
2015年度~継続中 変わりゆく社会を生きる1 社会とマスメディア (その他)
2018年度~継続中 キャリア実践 (1年前期(1セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 キャリア実践講義~自分の社会人スキルを試してみよう~ (1年前期(1セメスター))
2017年度~継続中 グローカルリーダー育成基礎講座~基盤となる力とその育成~ (1年前期(1セメスター))
2016年度~継続中 長崎地域学 (1年後期(2セメスター))
2016年度 コミュニケーション基礎講座Ⅰ(メディア・コミュニケーション基礎) (1年後期(2セメスター))
2015年度~2016年度 考えよう 自分のキャリアデザイン (その他)
その他(自己PR)