研究者詳細情報
氏 名 片山 健介 ふりがな かたやま けんすけ
英文名 KATAYAMA Kensuke 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2737 FAX 095-819-2737
職 名 准教授 学位・資格 学士(工学)(1999年03月)
博士(工学)(2004年03月)
修士(工学)(2001年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1999年03月 東京大学工学部都市工学科卒業
2001年03月 東京大学工学系研究科都市工学専攻修士課程修了
2004年03月 東京大学工学系研究科都市工学専攻博士課程修了
職歴 2004年04月~2005年04月 東京大学先端科学技術研究センター 特任助手
2005年05月~2007年03月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 助手
2007年04月~2012年11月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 助教
2011年01月~2011年03月 アムステルダム大学人文地理・計画・国際開発学科 客員研究員
2012年12月~2014年03月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 特任講師
2014年04月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 准教授
2014年07月~継続中 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 非常勤講師
2016年10月~2017年03月 長崎県立大学 非常勤講師
専門分野 都市計画・建築計画、交通工学・国土計画
加入学会 日本環境共生学会、日本計画行政学会(理事(広報企画))、日本建築学会(都市・地域構造再編小委員会)、日本都市計画学会
受賞歴 日本都市計画学会論文奨励賞(2005年05月)
日本計画行政学会奨励賞(2014年09月)
日本環境共生学会著述賞(2015年09月)
各種審議会・委員会等 長崎市開発審査会
長崎市建築審査会
長崎駅周辺エリアデザイン調整会議
雲仙市公共施設等総合管理計画推進委員会
長崎駅舎・駅前広場等デザイン検討会議
長崎市廃棄物処理施設専門委員会
諸外国の国土政策に関する研究会(国土交通省)
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 宮原弘成,片山健介:立地適正化計画と都市計画区域マスタープランの関係性に関する分析-拠点の地理的・機能的整合性に着目して-(共著)¸都市計画報告集¸17号382頁-387頁¸2019年02月
2 片山健介:アイルランドにおける「空間計画」概念に基づく国土計画の変容に関する考察~空間構造政策に着目して~¸計画行政¸42巻1号46頁-55頁¸2019年02月
3 都市史学会編:日本都市史・建築史事典(共著)¸丸善出版¸2018年11月
4 目野航平,片山健介:フィリピン・タクロバンにおける台風第30号被災後の再定住地移転プロセスとコミュニティ構築の関係に関する研究(共著)¸都市計画報告集¸17号158頁-164頁¸2018年08月
5 片山健介:都市計画の観点からみた「平成の大合併」¸計画行政¸41巻2号16頁-21頁¸2018年05月
6 片山健介:コンパクトシティ政策と広域連携施策の連携に関する基礎的分析-都市機能の連携・分担に着目して-¸都市計画報告集¸17巻58頁-63頁¸2018年05月
7 片山健介:新幹線開業に向けた長崎駅周辺整備とエリアデザイン¸都市計画¸67巻3号8頁¸2018年04月
8 片山健介:シンポジウム[概要]「環境政策行政の新たな展開-環境共生社会は構築できるか-」¸JAPA九州¸41号4頁-5頁¸2017年12月
9 梶秀樹,和泉潤,山本佳世子他:自然災害-減災・防災と復旧・復興への提言(共著)¸技報堂出版¸2017年09月
10 伊藤雅春,小林郁雄,澤田雅浩,野澤千絵,真野洋介,山本俊哉,他:都市計画とまちづくりがわかる本(第2版)(共著)¸彰国社¸2017年07月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 気象(豪雨)災害対策:教訓の継承と都市計画の役割-長崎大水害の事例から-(パネラー) 日本計画行政学会第41回全国大会ワークショップ「自然災害の減災・防災と復旧・復興への提言」 2018年09月
2 環境政策行政の新たな展開-環境共生社会は構築できるか-(シンポジスト) 日本計画行政学会九州支部第38回(長崎)大会 2017年06月
3 持続可能な都市圏の形成に向けたローカル・ベースの連携の課題と可能性(ポスター) 環境共生フォーラム 2015年02月
4 The characteristics of Japanese urban planning system in comparison with European countries(招待講演) International Workshop of Comparative Research on Urban Planning System in China, Japan and France 2014年10月
5 ヨーロッパの広域的な地域開発の取り組みと日本への示唆(招待講演) 日本政策投資銀行地域研究会 2012年12月
6 地域計画の視点からみた広域行政の役割と可能性(招待講演) 平成23年度広域行政圏事務局長会議 2012年02月
7 東京における集客型市街地の変容過程に関する考察 その9 中野の事例 日本建築学会大会関東支部研究発表会 2012年02月
8 多核型大都市圏における空間戦略と広域ガバナンス-オランダ・ランドシュタットと関西圏の比較考察- 日本計画行政学会第34回全国大会 2011年09月
9 東京における集客型市街地の変容過程に関する考察 その5 下北沢の事例 日本建築学会大会・学術講演会 2011年08月
10 英国(イングランド)の都市・地域計画制度(招待講演) 国土交通省「諸外国における分権・役割分担、広域調整の法体系と運用について」有識者懇話会 2010年02月
教育情報
2017年度~継続中 環境計画学応用特講III (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2017年度~継続中 学際基礎演習 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週4コマ¸担当割合33.33%)
2017年度~継続中 環境計画学基礎特講III (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2017年度~継続中 特別研究II (MC2年通年(MC3、4セメスター)¸担当割合100.00%)
2016年度 学際基礎演習II (MC1年前期(MC1セメスター)¸週2コマ¸担当割合33.33%)
2016年度~継続中 特別演習 (MC1年通年(MC1、2セメスター))
2016年度~継続中 特別研究I (MC1年通年(MC1、2セメスター))
2015年度~継続中 都市環境を考える (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2015年度 学際先進演習III (MC1年後期(MC2セメスター)¸週2コマ¸担当割合33.33%)
2015年度~継続中 地域計画論 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)