研究者詳細情報
氏 名 竹下 貴之 ふりがな たけした たかゆき
英文名 TAKESHITA Takayuki 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2738 FAX 095-819-2738
職 名 准教授 学位・資格 学士(工学)(1996年03月)
修士(工学)(1998年03月)
博士(科学)(2004年03月)
TOEICスコア840(1996年01月)
第二種情報処理技術者(1996年06月)
E-mail
Homepage
学歴 1996年03月 東京大学工学部電気工学科卒業
1998年03月 東京大学工学系研究科電気工学専攻修士課程修了
2004年03月 東京大学新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻博士課程修了
職歴 1998年04月~1999年04月 科学技術庁 職員(事務系)
1999年04月~2001年03月 科学技術政策研究所 職員(事務系)
1999年12月~2003年01月 科学技術政策研究所 研究員
2004年04月~2007年03月 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 助手
2007年04月~2008年08月 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 助教
2008年09月~2009年11月 立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構 研究員
2009年12月~2014年03月 東京大学 サステイナビリティ学連携研究機構 講師
2014年04月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 准教授
専門分野 エネルギー学、システム工学、原子力学
加入学会 エネルギー・資源学会、環境経済・政策学会
受賞歴 21世紀COEプログラム 優秀論文発表賞(2004年03月)
エネルギー・資源学会 第14回茅奨励賞(2010年06月)
環境経済・政策学会 2011年度奨励賞(2011年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野 エネルギーのベストミックスの具体像に関する提言
エネルギーシステムのモデリング

社会問題解決のための数理計画モデルの応用
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
モデル分析と実証分析による九州の理想的なエネルギー・社会経済・都市戦略の導出
海洋エネルギー発電技術のポテンシャル及び競争力に関する検討
非在来型石油・天然ガスが世界のエネルギー需給に与える影響に関する検討
厳しい気候変動制約下における世界地域別CO2回収・貯留シナリオの作成
再生可能エネルギー電源の競争力に関する検討
コベネフィットを考慮した最適なCO2排出削減タイミングに関する研究
外部性を考慮した自動車部門における費用効果的な技術・燃料選択に関する検討
厳しい気候変動制約下において原子力導入が停滞した場合のエネルギー戦略に関する検討
運輸部門の低炭素化のための環境経済政策に関する検討
運輸部門のエネルギー戦略に関する検討
厳しい気候変動制約下における電力と水素の費用効果的な供給・利用戦略に関する検討
これまでの研究テーマ 微細藻類起源のバイオ燃料のポテンシャル及び競争力に関する検討
発展途上アジア地域におけるバイオエネルギー最適導入戦略に関する検討
厳しい気候変動制約下におけるバイオエネルギー変換・CO2回収貯留の可能性に関する検討
費用効果的な世界地域間エネルギー輸送の具体像に関する検討
石炭が今世紀の世界エネルギーシステムにおいて果たし得る役割に関する検討
FT合成燃料が今世紀の世界エネルギーシステムにおいて果たし得る役割に関する検討
不確実状況下における我が国の長期核燃料サイクル戦略に関する検討
中国東北地方の発電部門におけるSOx, CO2排出削減対策技術の評価
短期多部門計量モデルを用いた我が国の政府投資の経済効果に関する実証分析
主な著書・論文・作品等
1 Takayuki Takeshita:A Preliminary Assessment of the Competitiveness of Ocean Thermal Energy Conversion Technologies¸Advanced Materials Research¸827巻195頁-202頁¸2014年01月
2 Takayuki Takeshita:A Preliminary Assessment of the Competitiveness of Wave Energy Technologies: A Regionally Detailed Analysis¸Applied Mechanics and Materials¸431巻356頁-364頁¸2013年10月
3 Takayuki Takeshita:Assessing the Co-Benefits of CO2 Mitigation on Air Pollutants Emissions from Road Vehicles¸Applied Energy¸97巻225頁-237頁¸2012年09月
4 Takayuki Takeshita:Competitiveness, Role, and Impact of Microalgal Biodiesel in the Global Energy Future¸Applied Energy¸88巻10号3481頁-3491頁¸2011年10月
5 Takayuki Takeshita:Global Scenarios of Air Pollutant Emissions from Road Transport through to 2050¸International Journal of Environmental Research and Public Health¸8巻7号3032頁-3062頁¸2011年07月
6 Takayuki Takeshita:A Strategy for Introducing Modern Bioenergy into Developing Asia to Avoid Dangerous Climate Change¸Applied Energy¸86巻S1号222頁-232頁¸2009年11月
7 Takayuki Takeshita, Kenji Yamaji:Important Roles of Fischer-Tropsch Synfuels in the Global Energy Future(共著)¸Energy Policy¸36巻8号2791頁-2802頁¸2008年08月
8 Takayuki Takeshita, Kenji Yamaji:Potential Contribution of Coal to the Future Global Energy System(共著)¸Environmental Economics and Policy Studies¸8巻1号55頁-88頁¸2006年10月
9 Takayuki Takeshita, Kenji Yamaji, Yasumasa Fujii:Prospects for Interregional Energy Transportation in a CO2-Constrained World(共著)¸Environmental Economics and Policy Studies¸7巻3号285頁-314頁¸2006年06月
10 Takayuki Takeshita, Kenji Yamaji:Assessment of Electric Power Options for Reducing SOx and CO2 Emissions in Northeastern China(共著)¸Environmental Economics and Policy Studies¸5巻1号63頁-103頁¸2002年10月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Assessing the Competitiveness of Wave Energy Technologies: A Regionally Detailed Analysis International Energy Workshop 2014 2014年06月
2 Global Energy Strategy for Meeting the 2 ˚C Target under a Low Nuclear Growth Scenario 4th International Conference on Applied Energy 2012年07月
3 Assessing the Effects of Internalizing Externalities on the Road Transport Sector International Energy Workshop 2012 2012年06月
4 Potential Contribution of Microalgal Biofuels to Long-Term Final Energy Mix in a Carbon-Constrained World International Energy Workshop 2011 2011年07月
5 Assessing the Co-Benefits of CO2 Mitigation on Local Air Pollutants Emissions from Road Vehicles 3rd International Conference on Applied Energy 2011年05月
6 Cost-Optimal Technology and Fuel Choices in the Transport Sector in Achieving a Stringent CO2 Stabilization Target International Energy Workshop 2010 2010年06月
7 Exploring the Cost-Effective Strategy for Introducing Hydrogen by Considering Hydrogen Supply Infrastructure in Detail International Energy Workshop 2009 2009年06月
8 Potential for Bioenergy with CO2 Capture and Sequestration under CO2 Constraints International Energy Workshop 2007 2007年06月
9 Important Roles of Fischer-Tropsch Synfuels in the Future Global Energy System International Energy Workshop 2006 2006年06月
10 Difference in Optimal Strategies between Transportation Modes under the CO2 Stabilization Target of 550 ppm International Energy Workshop 2005 2005年07月
教育情報
2017年度~継続中 物理学概論 (2年後期(4セメスター)¸担当割合20.00%)
2017年度~継続中 環境技術学特講 (MC1年前期(MC1セメスター)¸担当割合25.00%)
2017年度~継続中 理科基礎実験 (2年前期(3セメスター)¸担当割合5.60%)
2016年度~継続中 環境技術演習A (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2016年度~継続中 地球環境・環境技術基礎実験 (2年後期(4セメスター)¸週6コマ)
2016年度~継続中 環境技術演習B (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2016年度~継続中 環境技術実験 (3年前期(5セメスター)¸週6コマ)
2016年度~継続中 エネルギー資源学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
2015年度~2016年度 学際基礎演習I (MC1年前期(MC1セメスター)¸担当割合33.00%)
2015年度 学際基礎演習II (MC1年前期(MC1セメスター)¸担当割合33.00%)
その他(自己PR)