研究者詳細情報
氏 名 木村 直樹 ふりがな きむら なおき
英文名 KIMURA Naoki 生年月
所 属 多文化社会学部 
TEL 095-819-2914 FAX
職 名 教授 学位・資格 学士(文学)(1995年03月)
修士(文学)(1998年03月)
博士(文学)(2010年03月)
中学校教諭1種免許(1995年03月)
高等学校教諭1種免許(1995年03月)
学芸員(1995年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1995年03月 東京大学文学部第二類卒業
2000年03月 東京大学人文社会系研究科日本学(日本史学)博士課程中退
職歴 2000年04月~2013年03月 東京大学史料編纂所 助教
専門分野 日本史、図書館情報学・人文社会情報学、史学一般
加入学会 日本歴史学会、史学会、歴史学研究会
受賞歴
各種審議会・委員会等 長崎学ネットワーク会議(理事)
長崎市出島史跡整備審議会(審議会委員)
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 長崎大学多文化社会学部編,木村直樹責任編集:大学的長崎ガイド¸昭和堂¸2018年04月
2 木村直樹,牧原成征編:17世紀日本の秩序形成(編著)¸吉川弘文館¸2018年03月
3 木村直樹:長崎聞役成立以前の商人¸桜文論叢¸96巻85頁-100頁¸2018年02月
4 木村直樹:長崎支配をめぐる長崎奉行と老中・勘定奉行との関係ー天明3年御用留を事例に¸長崎市長崎学研究所紀要『長崎学』¸1号11頁-22頁¸2017年03月
5 木村直樹:近世長崎研究の現在¸歴史評論¸799号26頁-36頁¸2016年11月
6 木村直樹:長崎奉行の歴史 苦悩する官僚エリート¸角川書店¸2016年07月
7 木村直樹:「華夷変態」から蘭学へ―蘭学受容の歴史的前提¸適塾¸48巻40頁-51頁¸2015年12月
8 木村直樹:島原の乱と軍事動員数¸長崎歴史文化博物館研究紀要¸9号¸2015年03月
9 藤井讓治ほか8名:岩波講座日本歴史第11巻近世2¸岩波書店¸2014年05月
10 歴史学研究会編:世界史史料第12巻 21世紀の世界へ・日本と世界16世紀以後¸岩波書店¸2013年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 近世日本における西欧文化との交流と通訳・翻訳 -スペイン通詞不在期におけるオランダ通詞の視点から-(招待講演) 日本スペイン外交関係樹立150周年記念シンポジウム「変わりゆく世界におけるスペインと日本」 2018年10月
2 長崎県における地域デジタルアーカイブの可能性と課題(招待講演) 第111回 人文科学とコンピュータ研究会発表会 2016年07月
教育情報
その他(自己PR)